交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|知っておけば損は無い!結婚後の生活で女性が不満に思うこと。

知っておけば損は無い!結婚後の生活で女性が不満に思うこと。

大好きな彼女と結婚して、幸せな甘い生活が訪れる。
男性であれば、一度は思い描く「幸せ」の形かもしれません。

しかし、「男性であること」と「女性であること」の認識を、「夢」や「理想」だけでいっぱいにしておくと、結婚の理想と現実のギャップに苦しむことになるかもしれません。

既婚男性、既婚女性に「現在の生活は幸せですか?」という質問をします。
すると、その回答は大半が「幸せ」と回答をします。
言い方や表現は、それぞれ異なりますが最終的、結果的には「幸せ」と回答する率が多いはずです。
では、同様に「現在の生活に不満はありませんか?」と質問の方向を変えて問うと回答はどの様に変化するでしょう。
驚くべきことに、かなりの高確率で、「不満がある」との回答を得られるはずです。

「理想的な幸せ」を描いて結婚をしたはずの二人が、「幸せ」であるのにも関わらず多くの「不満」を感じているのには、どの様な理由があるのでしょう。
また、出来ることならば大切な人にその様な思いをさせたくないと考えるのが普通でしょう。
大切な彼女に、将来「不満」を感じさせないためには、どのようなことに注意をしたらよいのでしょう。
既婚女性が不満に思うことを理解することでその予防が出来るかもしれません。
交際クラブ・デートクラブの男性会員の方も、ぜひ読んでみてください。

既婚女性が最も不満に感じること

母親

既婚女性が最も「不満」と感じることは、「生活リズムの変化と格差」です。
結婚後に、まず女性が不満に感じることは「妻とは」「女性とは」という、古来から続く女性に求められる役割から来るものでしょう。
この点に関しては、もはや現代にとっては当てはまらずに昔の考え方として受けとることを世の中の流れとして浸透させたほうが良いのかもしれません。
男性の中には、「料理は女性が作るもの」「家事は女性の仕事」と位置付ける人が多く存在しています。
しかし、その考え方は本当に現代に合っているでしょうか?
まず、女性は結婚後に、その部分を求められ不満に感じることもあるでしょう。
子供を授かる前には、夫婦共に働いていることが多いはずです。
しかしながら、料理をはじめとする「家事」をすることを当たり前の様に求められます。
この段階では「役割分担」や「立場」に差など存在しません。
ですから、一方的に女性がすることとして、強制されると不満に感じるのです。
むしろ、不満を感じて当たり前なのです。
それが最初のリズムの変化であり、次に訪れるのは「出産」によるリズム変化です。

出産・育児に関しての認識のズレ

「出産」を期に女性の生活リズムは一変します。
初めての出産であれば、身籠った時から出産まで様々な変化と不安にさらされることとなります。
出産後も、毎日毎日が変化していき新たな変化に対応することでイッパイイッパイな状況が当たり前なのです。
ですから、必ずパートナーの「手助け」が必要不可欠です。
男性は外で稼いでればよくて家では何もしないなんてことは、時代錯誤もいいところです。
男性は、少しでもパートナーにかかる負担を軽減させてあげる様に工夫することが最適です。
女性は「家の中でずっと働いている」という認識を持ちましょう。

女性は、普段から育児を任せられている責任感や、重圧と日々格闘しています。
初めての子供の育児に関しては、経験も無いため不安だらけなのです。
男性からしたら口を挟みたくなる瞬間や、間違いを指摘したくなることもあるかもしれません。
しかし、女性を責める様な形はとってはいけません。
育児に関してお互いの意見などの相違を感じた時は、落ち着いて話せる環境を作り穏やかに話せる時間を意識しましよう。

女性としての幸せ

結婚後には、「母」や「お母さん」としての存在になってしまうことが多く、「女性」として扱われる時間が減ることに対して「不満」を感じることがあります。
家庭内でも呼び名が「ママ」や「お母さん」に変化していき、それが当たり前になっていきます。
もちろん、それは当たり前の形であり幸せなことであると考えられますが、女性として不満を感じる意見がある以上は、男性として改善を試みるべきです。
二人の時は名前で呼ぶことや、二人で出かける時間を作るなど工夫できることは沢山あります。
日常の労いも兼ねて、食事に出かけるなども非常に効果的です。
結婚しても、母になっても、パートナーはあなたの彼女であることを忘れないことが大切です。

出来るだけ不満を感じない結婚生活のために

悩む女性

結婚後も変わらずに、「幸せ」を感じ愛し合える関係でいられることは誰しもの理想といえるでしょう。
しかし、残念ながら幸せばかりを感じながら過ごすことが出来ないのが結婚の現実なのかもしれません。
しかし、お互いの認識や思いやり1つで関係は劇的に変化するかもしれません。
お互いの一つが一つが、生活を形成していることを忘れずに、共有することが何よりも大切です。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP