交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|なかなかプロポーズをしない男性の心理と女性の対処法

なかなかプロポーズをしない男性の心理と女性の対処法

結婚に憧れを持つ女性は、どの時代も相当数います。
結婚生活でなくて、ウェディングドレスを着たり、ハネムーンに行ったりと結婚するというイベントへの憧れも強いですね。
一生に一度ですから、どんな王子様が自分の目の前に現れて、自分をプリンセスのように扱ってくれるか、とまでは言いませんが、結婚に対して大きな夢を持っています。

そして、このイベントの中でも大きな意味を持つのが「プロポーズ」。
お年頃の30代40代女性は、交際が始まった男性に対して、一気にこの一大イベントを一緒に盛り上がれる相手なのではと、心の中でいろいろな思いが交錯します。

プロポーズはやはり、男性からしてもらいたいもの。
女性は男性との結婚を想像して幸せな気分になるのですが、なかなか男性がプロポーズしてこない、、、
もしかして、私が考えるほどこの交際を真面目に考えてないのかしら、もっと若い女性に目がいってしまっているのかしら、など、段々と不安な気持ちになってきます。
時間がどんどん経ち、子どもを産むことについても年齢が気になる、、、

このように、ある一定期間交際している、なのにプロポーズに至らない、その時の男性はどんな心理状態なのでしょう。
今回は、プロポーズをなかなかしない男性の心理についてお話ししていきます。また、ケース別に女性の対処法もご紹介します。
交際クラブ・デートクラブの会員の方もぜひお読みください。

プロポーズをしない男性の心理

結婚指輪

女性にとってだけでなく、男性にとっても、もちろん結婚は一大イベント。
軽々しく考えず真剣に考えるからこそ、この人と一生を共にと思い告白するプロポーズには重みが出ます。
男性の頭の中には、大好きな女性との結婚、そして結婚してからの生活について様々な思いが巡ります。
そうして、プロポーズに踏み切れないことになるケースもあるのです。

早速、具体的な心理についてみていきましょう。

家庭を持つことにちょっと自信がない
女性は結婚に憧れ、交際している男性と幸せに暮らすことを夢みています。
今はデートの終わりにそれぞれの家に戻るけれど、結婚したらいつも一緒にいられる、一緒にお料理して週末のブランチを楽しみたいなど、ポジティブな想像をします。
しかし、男性にとっては大好きな女性と暮らすということは、女性の人生が自分に託されるということ、とても大きな責任を持つということになります。
家庭を持つことを考えれば、子どもを持つことへの不安もあるでしょう。

世間で言われているように、子ども1人持ち、大学卒業まで行かせた場合にかかる費用は、平均総額約1,640万円と言われていますので、子どもにかかる経済的な心配が頭をよぎります。
女性自身だけでなく、女性の家族に対することも頭にあります。
様々なことが頭の中をよぎり、自分で大丈夫なのか?という考えが、プロポーズをして女性との家庭を持つことを邪魔するのです。

男性は女性のことを大事に考えていますので、自分達はとても仲がよい、相性がよいと感じているなら、女性から男性の心配を和らげてあげるような言動が必要です。
例えば、経済的なことであれば、結婚後も女性が働く意思があること、今の時代は男性だけが一家の大黒柱でなければならないと考えていない、など、女性から男性に伝えましょう。
普段の会話の中で、軽く言うと男性もスッとその女性の気持ちを受け入れることができるでしょう。

独身生活の自由を諦めきれない
独身であることは多くの自由を手にしているということになります。
それは、経済的なもの、そして時間の自由が最たるものでしょう。
仕事以外の時間は、すべて自分のもの。その時間を楽しいイベントに参加したり、デートにでかけたり、友達とスポーツ観戦にいったり。
そして、予定のない週末はランチタイムまでゆっくりベッドなんていう、自由な生活は独身ならではですね。

結婚したいとずっと思っていたのに、いざ結婚できそうになると、今までの独身の気楽さ・自由な生活を手放したくないと感じてしまうのです。
そして、プロポーズをした途端に、今までの自由な生活がすべて無くなると考えていて、好きな女性との生活と独身の気楽さを比べてしまっているのです。

女性からのアプローチとしては、男性だけでなく、女性も独身時代の自由を捨てるつもりはないことを伝えます。
そして、結婚しても基本は2人の生活であるとともに、お互いの今までやってきた趣味など尊重し合い、女性も男性もそれぞれの時間を持つことについて理解し合いたいと思っていると、男性に伝えます。
そのことで、男性の中にあった結婚=自由がない、というイメージを払拭することができます。
このような考えを持っているということを伝えることで、女性といってもそうやって考えているんだという事が分かり、そして結婚への躊躇の気持ちが吹き飛ぶでしょう。

逆プロポーズを待っている
男性の性格的に、なかなか清水の舞台から飛び降りることが難しい場合、プロポーズもなかなか難しくなります。
女性は結婚まで考えている男性ですから、彼の性格を理解し、プロポーズは男性がするものという固定観念を捨てることもアリでしょう。
自分からプロポーズする、または男性がプロポーズできると思えるような言動をして、男性の背中を教えてあげましょう。

男性と女性の気持ちに差がある場合

よそ見をする男性

ここまで、女性との結婚を考えているものの、一歩踏み出せない男性の状況を紹介しました。
これらは、男性と女性のお互いを愛しているという気持ちに差はありません。

ところが、男性にはそこまでの気持ちがない場合があります。
交際するには問題がないものの、結婚というと踏みとどまってしまう。
これは、普段の交際中に感情的な喧嘩が多かったり、自分達はこれからどうなるの?などというネガティブなことが多い2人の場合、
男性は女性との結婚生活に良いイメージを抱けないケースがあります。

女性は自分の普段の行動を振り返り、直したほうが良いところは直し、自分優先の考え方を正し男性のことを思いやることを優先します。
そのうちに男性が放したくない女性、そしてやはり結婚を決断することになるでしょう。

女性がいくら努力しても、男性に変化が見られない場合は、その気持ちをストレートにぶつけてみましょう。
そのときの男性の態度が不誠実であれば、プロポーズの見込みはないかもしれません。
結婚したい、という気持ちだけで男性のことを正確に見極められないということは絶対避けるべきです。
状況によっては、男性との別れがあるかもしれません。

男性のプロポーズを長々と待つことは避け、自分自身の見直し、そして本当に男性が自分のことをどう考えているか見極めてください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP