交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|実家暮らしだから門限を伝えてもイヤな顔をされない?

実家暮らしだから門限を伝えてもイヤな顔をされない?

ときどき実家暮らしの女性の中には、家族から門限を作られている人もいます。 大抵そのようなタイプは、親から過干渉されている場合が多いです。 そのため、彼氏がいても距離を取られたり、深い関係になりたいと思ってもなりにくかったりと、デメリットは計り知れません。 今回は門限を伝えても、嫌な顔をされない方法をご紹介します。

社会人になってからの門限は過保護!?

門限

学生時代はとっくに終わったのに、親が必要以上に干渉してきて門限を決められている女性は少なからずいます。 例えば夜道を女性がひとりで歩くのは特に危険だから、両親が心配するのも致し方ないという考え方もあることでしょう。 もしそのときに車やバス、電車ならそこまで気にしなくてもいいのかもしれませんが、親にとっては子どもはいつまでも子供のまま。 親にしてみれば、親元から離れられるのが怖いという一面もあるようです。

正直なところ実家暮らしの女性の門限って、すごくプライバシーを侵害されている行為だと思います。 親が離れた場所にいても監視されているような気がして、その瞬間を楽しめないと不満を訴える女性も少なからずいるでしょう。 親から過保護に育てられた女性の中には、甘やかされすぎて欲望のままやりたい放題の痛い社会人になる可能性があります。 一歩社会に出たら、家庭で守ってきた決まりは通用しないことも増えます。

たとえば気になっている男性に門限があると伝えれば、食事やそれ以降の予定が立てられなくなり、脈ナシに転じることが増えるんです。 残念な結果にならないように、門限があって彼氏ができないなら、親としっかり話し合って説得するか、自分ひとりで生活できそうなら一人暮らしをしてみることをおすすめします。 説得するときには、親が安心できるように約束を作りましょう。 そのおかげで徐々に門限の時間が遅くなる、もしくは門限がなくなることもあります。

嘘も方便!?デートする女性たちの作戦

実家暮らしの女性でも恋に落ちる権利や好きな男性とデートをする権利は当然ありますし、親はそこまで介入できません。 男性とデートしたいし嫌われたくないから、実際に彼氏とデートするために「友達と行く」と嘘をついて行った人もいるのだそう。 ですが結局家族にバレてしまい、「二度と行くな」ときつくお灸をすえられてしまった苦い経験談も見られます。 嘘をついている本人も苦しいし、社会人として悪い事をしてるのではないから、ウソをついてまで行っても楽しめないのは確かです。

一方その逆で潔く相談してみようという女性もいます。 彼氏がどれだけいい人か語りまくったら許してくれたということもあるので、門限で悩んでいるなら家族に相談してみてもいいのではないのでしょうか?  親はあなたがいつまでも子どものままではないというのは分かってくれていると思います。 だからこそ本気の思いを見せましょう。 そしてオープンに親に紹介して、公認の仲になってしまうという方法も有効です。 彼のことを信用してもらえれば、彼と過ごしている時だけは帰りが遅くなってもいいと許してもらえる可能性も十分にあります。 もしかしたら条件として、彼に家まで送ってもらうことなんて言われるかもしれませんが、この件は全然あなたにとって問題にはならないでしょう。 親が門限を設けている理由は先述した通り娘のことが心配だから。 彼のことを親が認めてくれれば、彼といるときに限ってはその心配も杞憂に終わります。 娘の彼氏は誰であっても認めないというようなタイプの親でなかったら、この作戦は意外と有効です。

門限を伝えて嫌な顔をされないために

好きな人に門限を伝えると、私ごと嫌われそうで怖いという女性も少なからずいらっしゃることでしょう。 確かに男性からすると門限は無い方が楽だし、色々と都合がいいというのも事実です。 でも親が厳しい家庭なら、それだけ「大事に育てられた娘」だというだけで、嫌われる要因は一ミリもありません。 その男性が本当にあなたの事が好きなら、門限という要因があるだけで面倒だとか、「こんな女の子と恋愛は無理」などとは思わないでしょう。 会える日が少ないなら少ないなりに会える日一日やその時間が、頻繁に会えるカップルよりもとても大切になって、より深い絆を構築できます。 つまりデートの密度が濃いということ。 もしかすると遠距離恋愛のカップルにも通ずるものがあるかもしれません。 好きな人なら毎日電話をして声を聞くとか、門限の時間内にスケジュールしたデートプランで楽しむとかでも構わないのです。 二人がいかに心身ともに充実できるかどうかが大切なことといえます。 それに遅い時間までのデートが、決して充実しているとは限りません。 あなたの事情をきちんと理解してくれる彼かどうかを見極めて付き合っていくことをおすすめします。

まとめ

実家暮らしの女性は、人知れず親に大切にされている存在であることには変わりありません。 そんな親を欺いてまで、好きな男性に嫌われたくないから門限を破ってデートを楽しむのは、多少の罪悪感が込み上げてくるはずです。 何事も自分の強い意志と希望を持って、しっかり話し合うことが重要なポイントといえるでしょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP

 
よく読まれている記事
  • 食事デート 2度目のデートへ繋がる初めてのデートプラン(男性編)
    カップルとして良い関係を築けるかどうかは初回のデートにかかっています。 特に交際クラブなど疑似恋愛を楽しむ場においては、デート1回きりで関係が終わってしまうケースも珍しくありません。 初回のデートでいかに彼女を満足…

  • 交際クラブの面接 交際クラブの面接へ!好印象に繋げる準備とポイントは
    高級で優良な出会いを提供する交際クラブの一番の難関は、プロフィール作成を兼ねた面接と言われています。 面接というといくら歳を取ったって緊張しますし、せっかくなら好印象を与えて面接を突破したいものです。 一方で面接の準備を前もってするときのポイントも…

  • リッツ・カールトン東京 おすすめ高級ホテルをご紹介。それぞれの見どころは
    交際クラブのデートでは、お食事からそれ以上の関係を含めて高級なホテルを知っておくことが重要になります。 女性が素敵だと思えるスポットを選ぶことができれば、初めてのデートでも成功すること間違いなしです。 そこで今回は…

  • おねだり いつもとは違う場所でデートしたい!どう伝えたらいい?(女性編)
    デート内容がいつも同じでつまらない。 でも彼にそれを伝えるのは気が引ける。 そのような悩みを抱えている方も多いでしょう。 そこで今回は、いつもと違う場所でデートしたい場合の伝え方を…