交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|おじさん構文に気をつけよう!その特徴と改善ポイント

おじさん構文に気をつけよう!その特徴と改善ポイント

マッチングアプリなどを使っていると、気になる女性とメッセージを交わすときが少からず訪れると思います。 そこで気をつけたいのが、所謂おじさん構文と呼ばれるメッセージのスタイルです。 まだ顔合わせしていない段階のメッセージのやり取りで好印象を与えるには、おじさん構文はマイナスポイントです。 そこで今回は、おじさん構文の特徴や改善ポイントをご紹介します。

メッセージでは逆効果!?おじさん構文とは

アプリでメッセージ

マッチングアプリを用いてマッチングを目指すには、まずはメッセージのやり取りを行なうことが一般的です。 そこで男性会員が陥りやすい壁のひとつに、メッセージのボリュームと内容があります。 メッセージのボリュームというのは文章の長さということ。 あまりにも長すぎるメッセージだと読む気が失せますし、返信もそれなりのボリュームで送る必要があるのかという義務感や威圧感を与えてしまうこともあります。 特に40から60代の男性が失敗しやすいメッセージの例として、女性に好かれたいために自分の情報を大量に開示しすぎることと絵文字の多用があります。 確かに自分の方から積極的に自己開示すると、相手との距離が掴みやすくなる可能性がありますが、一方で女性がウザがってしまうこともあるんです。 基本的にメッセージのやりとりは、顔合わせの約束を取り付けるためのもの。 なので、無理して長文で心を掴むような努力は必要ありません。 なるべく自己開示は最小限に抑えて、どうしても譲れないなら、女性が共感しやすい話題を簡潔に書きましょう。 また絵文字の使い方は、ひとつのメッセージにつき最大でも5つ未満が理想的です。 6つ以上の絵文字になると遊びだと思われて誠意が感じられないほか、文章が頭に入りにくいというデメリットがあります。 かつての『黒メール』という味気ないメッセージのイメージがあるからこそ、絵文字を多用して親しまれるようにしたい気持ちも分かりますが、あえて若い女性には誠意が感じられるシンプルなメッセージのスタイルのほうが届きやすいです。

本当は作らない自然体の自分が好かれる

自然体

メッセージのやり取りでも、あまりに美化した自分を作りすぎると後々疲れるかもしれません。 メッセージの書き出しに、やたらとカタカナの挨拶を使うおじさん構文を使う男性はミーティングや飲み会が大好きな外向的なタイプで、やたら若者とコミュニケーションを取りたがるマメな人が多いです。 普段のビジネス上でのメールなら、「お世話になっております」や「お疲れさまです」などを使えますが、マッチングアプリをはじめとするプライベートのメッセージとなれば、あまりに堅苦しいですよね。 そこで、つい書き出しにテンション高めな「ヤッホー☆」や「オハヨー!」「お疲れサマ!」というようなカタカナを用いてフランクさを演出してしまう男性も多いのだそうです。 実はこれは、おじさん構文の典型的パターンといえます。 この書き出しは、若年層のSNSなどで見られないため、残念ながらウザがられることは間違いないでしょう。 さらにおじさん構文では、メッセージがやたら長くて句読点が多すぎるという特徴があります。 これは昔の携帯電話であるガラケーのメールの影響です。 40から60代の男性は、ひとつの文章でまとめて言いたいことを長々と書く傾向があります。 そのため、どうしても句読点が多くなって、逆に読みづらいメッセージになっていることが多いです。 現在の10代から20代の女性がメッセージを送るときは、短い文章を細切れに送るスタイルです。 メッセージに句読点を使うことも少ないですね。 ですから、無理せずありのままの飾らない自分で、伝えたい要件を簡潔に書き記すことを心がけるとよいです。

がっつきすぎるのもNG!重要なのはTPO

いくらマッチングを期待しているからといって、急ぎ足のままメッセージで誘うとチャンスを逃すことになるかもしれません。 例えば会社の部下や仕事で少し面識があるくらいの女性に対して、いきなり近況報告することはまずないと思います。 ましてや「今度一緒にお食事でもどう?」という文面は、明らかに下心丸出しと伝わるので女性からは確実に気持ち悪いと思われるでしょう。 マッチングアプリを使っていても、下手するとメッセージのやり取りだけでセクハラ認定されるかもしれません。

おじさん構文を使ったありがちな例文としては、「今日、渋谷で雰囲気の良いワインバルを見つけました!〇△□ちゃんもワイン好きだよね。今度一緒にどうカナ?ナンチャッテ♪」といった具合です。 このような文章は確かに、男性でも随分攻めたタイプといえます。それに、いきなりこのようなメッセージが送られた女性は気持ちが悪いと引いてしまうことでしょう。 仕事でもプライベートでもメッセージのやり取りは、相手の立場に立ってTPOを踏まえることが大切です。 自分本位の圧を与えるメッセージで物事を進めようとすると、自己中な痛い人と認識されてしまいます。

たとえマッチングアプリでのやりとりと言えど、おじさん構文を送っただけでマッチングに失敗する可能性が高くなります。 基本的に今の若い女性は短い文章で分かりやすいメッセージを好みます。 無駄話をけずって、下心があっても謙虚な姿勢を忘れないようにすることが好印象を与える重要なポイントになります。

まとめ

ついついメッセージで用いているかもしれないおじさん構文。 いくら相手のことを大切に思っていても、おじさん構文を使えば思いが全く伝わらない可能性が高くなります。 ぜひメッセージのやりとりでは、簡潔な短い文章で思いを伝えることを心がけましょう。 そうすることで、チャンスを掴みやすくなり恋愛の成功率も上昇するはずです。

author:中村葵

入会仮申込み・お問合せ

 TOP

 
よく読まれている記事
  • 交際クラブの面接 交際クラブの面接へ!好印象に繋げる準備とポイントは
    高級で優良な出会いを提供する交際クラブの一番の難関は、プロフィール作成を兼ねた面接と言われています。 面接というといくら歳を取ったって緊張しますし、せっかくなら好印象を与えて面接を突破したいものです。 一方で面接の準備を前もってするときのポイントも…

  • 万博記念公園 関西で大人なデートをするなら!季節別おすすめプラン4選
    大人になってからのデートスポットって、どこに行けば良いか迷いますよね。 恋人と素敵な時間を過ごせるかどうかは、どこのデートスポットに行けば良いかに左右されると言っても過言ではありません。 今回は社会人が関西でデートをするならどんなプランが良いのか…

  • 京都嵐山 秋に行きたい!美しい関西のデートスポット
    行楽の秋といえば、木々が色とりどりに染められる紅葉が定番のポイントになります。 観光地としてあまりにも有名な嵐山は、紅葉が美しいデートスポットにぴったりな場所です。 嵐山の紅葉名所の一つである「二尊院」はモミジ…

  • 名古屋駅 名古屋の個室のあるカフェ4選
    名古屋で彼女とのデートを楽しむ秘訣はカフェを挟むことです。 デートを楽しく過ごすためには途中休憩も大切。 デートは楽しい時間ですが、長時間歩いていると足が疲れたり、小腹が減ったりすることもあるからです。 しかしデートの合間に…

  • ハウステンボス 夏のハウステンボスも魅力的!夜まで楽しめるポイント
    長崎県にあるハウステンボスは、花の都として有名なスポットです。 例えば春にはチューリップが美しく咲き誇り、青空とのコラボレーションが圧巻の景観を作り出しています。 もちろん、夏のハウステンボスも見どころたくさん…