交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|バツイチ子持ち女性と付き合う際の心構え

バツイチ子持ち女性と付き合う際の心構え

女性を口説く

 バツイチ女性を口説くのは容易なことではありません。 それは一度結婚で失敗しているからに他なりません。 信頼していた男性に裏切られてしまった人もいるでしょうし、酷く傷つけられたこともあるかもしれません。 少なからず心に傷を負っていますし、“バツイチ”に対して引け目を感じていたり、ネガティブになっていたりします。 男性不信に陥っている場合もありますし、二度と結婚で失敗したくない思いもあるので、バツイチ女性と付き合うことはできても、結婚となるとなかなか難しいのです。

女性にとって子供は大切な存在

 バツイチ女性の中には子供がいるケースも少なくありません。 ただでさえバツイチ女性を落とすのは難しいのに、子持ちとなればさらにハードルが上がります。 男性は好きになるのは子供の有無に関係なく女性です。 ただ、子持ちとなると単純に“女性を愛している”だけではいけません。 男性にとってはおまけ的に考えるかも知れませんが、女性にとって子供はとても大切な存在です。 バツイチ子持ち女性を落とすこと自体容易なことではありませんが、付き合う際にはいろいろと心構えが必要になります。 それがまさに子供のことです。 女性だけでなく子供のこともしっかり愛せないといけません。 もし「結婚したら、なんとかなる」と安易に考えているなら、子持ち女性との結婚はやめたほうがいいでしょう。

子持ち女性とのデート

 女性との仲を深めるためには、いろいろなところにデートに行って、徐々に自分のことをわかってもらうことが大切です。 これはバツイチ女性に対しても同じことです。 ですが、子持ちとなればそれも簡単にいきません。 女性にとってみれば、自分の生活は子供中心です。 子供と生きていくために働いて、休みは子供と一緒に過ごすのが普通です。 父親がいない寂しさを補うために、子供には楽しい思いをさせようと必死です。 つまり、そんな生活の中に赤の他人である男性が入り込む隙などほとんどないのです。 子供がいなければ泊まりで出掛けてもいいでしょうし、帰りが遅くなっても問題ありません。 ですが、子持ちでさらに子供が小さいとそうはいきません。 せいぜい保育所や学校に行っている間だけしか時間がないのです。 もしくは、デートは子供も一緒にということになるでしょう。 つまり、普通のカップルのようにはいかないのです。

女性と子供の関係性

 女性が実家に住んでいれば、子供を両親に預けて出かけることもできるでしょう。 ですが、それもそう頻繁にできるものではありません。 子供の面倒は両親がみているでしょうが、残された子供はどう思うでしょう。 頻繁に母親が出かけて、自分をほったらかしにされたら、それも子供にとってはつらいことです。 子供によっては両親の離婚が心の傷になっていることもあります。 そこで母親まで自分をほったらかしにしていると思うと、裏切られた気持ちになってしまいます。 女性によっては、好きな男性ができると子供を二の次にしてしまう人もいます。 実家にいればなおさらです。 しかも、バツイチ女性は離婚してからひとりで必死に子供を守っているわけです。 そんな時に優しい男性がでてきたら、心が安らげる時間を優先したくなってしまう気持ちも十分にわかります。 男性にとっては好きな女性と二人でいる時間が長くなるのでうれしいことですが、本当に女性のことを思うなら、しっかりと子供のことを考えてあげることが大切です。 女性によっては子供がいると男性が嫌がるかもと思っています。 そんな時に「○○ちゃんも一緒に連れてきなよ」と言ってあげましょう。

結婚後の事も視野に

結婚後

 普通のカップルのデートなら、ムードのあるレストランで食事をして、夜はホテルで一緒になんてこともできますが、女性がバツイチ子持ちならまず無理です。 デートコースは子供が喜ぶ遊園地や動物園、水族館などでしょう。 もし泊まりに行きたいなら子供もつれて温泉などであり、子供も含めて本当の家族旅行のように過ごさないといけなくなります。 もし心の中に「子供がいなければ…」なんて気持ちが少しでもあるなら、早いうちにバツイチ子持ち女性とのお付き合いは止めたほうがいいでしょう。 もし、結婚となればそれが当たり前なのですから、子供がいなければ、なんて考えているのであれば、結婚しても子供が邪魔に思ってしまうかも知れません。 バツイチ女性とお付き合いする場合には、結婚も意識しないといけないのですが、その際の心構えとしては、結婚後に起こりうるトラブルもある程度想定しておきましょう。
起こりうるトラブルとしては、連れ子に対して本当の親子として接することができるかという点です。 実際に本当の子供と思って接することができるかは非常に難しいことなのです。 しかも、自分ではそのつもりで接していても、女性から見ると「本当の父親じゃないから、そんなに酷く怒れるんだ」とか、逆に「本当の父親じゃないから、叱らないんだ」といわれることもあるのです。 そして、二人に間に子供ができると、さらに連れ子と新しい子供との接し方が難しくなってきます。 自分では同じように接していても、女性から見ると不公平にみえてしまうこともあるのです。 こういった子供に対しての接し方で喧嘩することがしばしば増えてしまいます。

まとめ

 とはいえ、バツイチ子持ち女性とお付き合いもしくは結婚するのは難しいのか、というとそうではありません。 むしろ子供がいるからこそ親密になれることもあります。 その子供が自分になついてくれるようだと、女性も「この人だったら、今度こそ幸せな家庭が作れるかも」と思うかもしれません。 ちょっと言い方は悪いかもしれませんが、バツイチ女性を落とすなら、まずは子どもから落とすといいかもしれません。 バツイチだからといって子どもがいるとは限りませんが、交際クラブで知り合う女性が既婚、離婚者であることはいくらでもあるでしょう。 交際クラブに限らないことですが、女性の気持ちを思いやることができない男性が、多少の経済的なアドバンテージがあろうとモテるはずはありませんよね。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP