交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|会話の苦手な男性が女性と親しく話すテクニック

会話の苦手な男性が女性と親しく話すテクニック

 交際クラブ・デートクラブに登録している男性の中にも、口下手で異性と話すのが苦手な人もいるでしょう。 それでも女性と仲良くしたい場合、ちょっとしたテクニックを身につけるだけで、気軽に女性と話せるようになります。 最初は相手の話をよく聞き、質問をしてみる方法が効果的です。 面接のときのように、事前に回答や話す内容をある程度決めておく方法もよいでしょう。 後は上手に話そうと思わず、親しい人と話す感じで会話を進めていけばよいのです。

質問上手・聞き上手になる

聞き上手な彼

 男性同士ならうまく話せるけれど、女性が相手だとうまく話せなくなってしまう、もしくは会話そのものが苦手という人もいます。 でも女性と親しくなりたいと思ったら、質問上手や聞き上手になることが効果的です。 自分から話すのが苦手なら、相手に話してもらえばよいのです。 話してもらいたいとは言っても、何もしなければ会話は生まれませんので、こちらから質問をするのがよいでしょう。 よほど変な質問や、相手を怒らせる質問をしなければ、しっかりとした返答がもらえます。 ここで重要なのは、相手が興味を持っていて、途中で会話が途切れない質問をすることです。 初対面では相手の女性が何に興味を持っていて、どのような会話が好きなのかわかりません。 いきなり話しかけて、相手を不快にさせては意味がないので、まずは聞き上手に徹するのです。 周りの人がどのような話をしているのかじっくり観察し、ある程度相手の特徴がわかってから話しかけてみましょう。 いきなり質問をするよりも、「前に何々について話をしていましたけれど、興味があるのですか」などと、自然な感じで問いかけるのが基本です。 向こうから質問をしてくることもあるので、その際にも相手が不快な気持ちにならないように、オブラートに包んだ会話をしましょう。 女性は自分の話をきちんと聞いてくれる人が好きな傾向にあるので、内容に合わせて表情を変える、うなずくなどの動作を加えると、より内容を膨らませることができます。

最初から何を話すか決めておく

 会話が苦手な人は、何を話せばよいのかわかっていない場合が多いでしょう。 あまり話をしない人は、即座に頭の中を整理して話すのが不得意なので、たとえ会話をしても続かないことが多いのです。 そこで簡単にできる対策として、あらかじめ会話の内容をある程度決めておくとよいでしょう。 まずはバリエーションですが、最初からたくさん用意しておくと頭がこんがらがってしまうので、5つぐらいに絞り込んでおくのが効果的です。 女性でも嫌がられない内容としては、趣味や出身地について、最近の出来事やペットの話が無難でしょう。 その中でも出身地に関する話題は、初対面の人と話す場合には効果的です。 ただし、いきなり「出身地はどこですか」と聞くよりも、「私は東京出身なのですが、何々さんの出身地はどこですか」という感じで、まずは自分の情報を相手に伝えた方が返答しやすいでしょう。 これは出身地に関する会話だけではなく、趣味や飼っているペットに関する話題でも有効的です。 出身地について話している場合、自分と同じ出身地であればスムーズに会話をしやすいですが、現在は交通の便がよいので、他県の出身者と一緒に仕事をする機会も多いでしょう。 何も情報がないままでは、すぐに会話が途切れてしまうので、ある程度自分でも情報収集をしておくべきです。 どのような見どころがあるのか、有名な観光地や特産品についてなどの情報は、インターネットが気軽に使用できる現在ならば、簡単に調べることができます。 このように事前に準備をしておくだけでも、話が弾みやすくなるでしょう。 交際クラブ・デートクラブに登録されている男性の場合、出張で様々な場所に行く事も多いかもしれないですね。

無理をして上手に話そうとしない

考え中

 交際クラブ・デートクラブでは、お互いに初対面のため何としても女性と親しくなりたいという気持ちが強いと、上手に話さなくてはいけないという気持ちも同時に強くなります。 そうするとプレッシャーを感じてしまい、余計にうまく話せなくなるでしょう。 重要なのはうまく話すことではなく、一生懸命話すことです。 スポーツでもそうですが、特に日本人の場合には、結果よりも一生懸命行ったかが評価されますし、頑張る人の方がよく見られることも多いのです。 先ほど触れたようにある程度会話の内容を決めたら、後は思い切って話すだけでよいでしょう。 絶対に嫌われたくないという思いが強いと緊張するので、嫌われても仕方がないという少し投げやりな気持ちがちょうどよいのです。 もちろん明らかに嫌われてしまうような、投げやりな会話をしてはいけません。 相手が先輩や上司であれば、男の上司や先輩と同じように、最初は敬語で話せばよいですし、同僚や後輩、部下であれば、友人と話すような感じでよいでしょう。 ただし、明らかに相手から嫌われるような内容は避けるべきです。 例えば下ネタを連呼する、他人の悪口を言うなどです。飼っているペットについて話す場合も、犬や猫であればあまり嫌いな人はいませんが、虫や爬虫類、両生類などは苦手な女性が多いので、できれば避けるべきでしょう。 女性の方からペットについて聞かれたら、「僕は虫を飼っているけれど、女性は苦手な人が多いよね」という柔らかい感じで話すと嫌われにくくなります。

まとめ

 いかがでしたか?  「不器用ですから」と言って黙っていても許されるのは高倉健さんだけです。 話下手でも工夫次第で女性と楽しく話せるようになれるのです。 ここで挙げたようなテクニックを駆使して、素敵なデートを楽しまれてはいかがでしょうか。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP