交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|大阪30代独身女性がパパ活を始めたその理由

大阪30代独身女性がパパ活を始めたその理由

 30代女性。 一般的に言えば、結婚をし幸せな家庭を築いていてもなんら不思議ではない年齢。 独身であっても、仕事をしていればある程度の立場を手にしている、そんな時期であるはずです。 しかし、それは一般的な話であり、その一般論からはみ出すいわば例外ももちろん存在しているのです。 その例外として存在している誰しもが、そうなりたくて例外になっている人はいないでしょう。 自分自身も交際クラブ・デートクラブでパパ活を始める前には、このなりたくてなっているのではない、という例外の日々を送っている一人でした。

世間の価値観への反発

キャリアウーマン系の女性

 世間一般の見方からすれば、女性の幸せとは「結婚して家庭に入る」といったものでしょう。 そして、その一般論に対抗する考え方が、仕事を生きがいといて成功するといったものかもしれません。 しかし、人それぞれ幸せの形は違い、その人にあった幸せがあって、その人が幸せと感じることが出来ているのであればそれで良いと、思いながら生活をしていたのが例外の頃の自分でした。 他人と同じ価値観でない、他人とは異なる幸せを見つけるなど、一般からズレていることに気が付きながらも、それが自分らしさと思い込み、個性であると自負していたのです。 ですが、その個性をこじらせすぎると人は孤独へと近づいていくのです。 周囲と協調することを拒み、一人を好む様になり、結果孤立し一人の世界に閉じこもる様になります。 私にとって幸いであったのが、孤独という辛さに気が付くことが早かったことでしょう。 それまで自分から距離をとって過ごしていた周囲に対して、溶け込む努力をするようになったのです。

同性と異性では距離の縮め方に違いが生じる

 同性であっても異性であっても、訳隔てなく距離をとってきた自分にとって、どちらも同時進行で距離を詰めることは困難とも思える行為でした。 もちろん、悩みを打ち明けられる友人など皆無です。 そんな中、やっと会話が出来る一人となったのが同僚の女性でありました。 かなり年下であり、社会的には新入社員的ポジション。 それに従来の自分であれば絶対に関わりを持つことの無い、オシャレをすることを生きがいにしているタイプの女性です。 仕事を共にする時間の多さから会話が生まれました。 物おじせず悪く表現すれば空気の読めない彼女のおかげで、会話とはこの様なものだと思いだすことができ、自分の悩みを話す仲になるまで時間はかかりませんでした。 しかし、異性に関しては思う様にいかず、話しかけることもままならずといった状態。 男性に対して恐怖心があった訳では無く、本当に手段や方法を忘れてしまった感じです。 そんな時に、パパ活を紹介してくれたのはもちろんその年下の同僚女性です。 彼女は、大阪にある高級会員制の交際クラブ・デートクラブでパパができたと説明してくれました。 リハビリだと思って登録して、パパに悩みを聞いてもらえばと勧めてきます。 交際クラブ・デートクラブのパパ活という存在自体を知らなかった私は、一からレクチャーを受けますが、一通りの説明を聞いた後であっても、何故彼女が勧めてくるのかを理解することが出来ません。 それどころか、絶対に自分には無理と思えてなりません。 その気持ちを察したかの様に、彼女は自分のパパに会わせてあげると、彼女がパパに会う瞬間に同行を求める提案をしてきます。 現実を打破するのに、一人では何もすることが出来ない私は、彼女の提案の乗ってみることにしました。

3人で過ごす不思議な時間。素敵な男性

三人の時間

 同僚の彼女に勧められるがまま服装を決めるなど、まさにされるがままに自分を着飾ります。 食事に同行させてもらえるとのことで、緊張をしながらも場違いな場所にドキドキし高揚感を感じます。 待ち合わせに登場した男性は、誰がどうみても素敵な男性であり、自分の世界とは縁の無い男性でした。 食事が始まり、緊張して固まっている私に、さりげなくスマートに会話をしてくれる男性に、こんなに気が使える男性が存在するのかと驚きました。 口を開けば愚痴や、セクハラまがいの言葉を発する会社の上司とは比べるまでもありません。 同僚の彼女もまるで別人の様な立ち振る舞いで、会社での自由きままな女性としてのイメージはそこには皆無で、誰からも愛される様な素敵な女性に見えました。 もちろん、私がその瞬間から彼女の様になれる訳は無く、言葉につまり無言の時が流れ、早くこの場を立ち去りたいとすら感じる時もあったのです。 しかし、私が話しやすい様に二人が気を使ってくれ、会社での出来事や、無趣味な私にピッタリの趣味を一緒に考えてくれたりと、人の優しさに触れることが出来ました。

自分の中に訪れた変化

 結論から言えば、交際クラブ・デートクラブのパパ活は、私に人並みの日常を過ごせる様になるキッカケを与えてくれました。 しかし、それは私自身だけの力では到底たどりつけるものではありませんでした。 本当のキカッケを与えてくれ、私の人生を立て直してくれた今では親友とも呼べる同僚の女性と、そのパパの協力があってのことであると強く実感しています。 私が立ち直れた様に、自分の何かを変えたい、変わりたいと思っている女性にパパ活をオススメしたいです。 人との温かい繋がりを実感し、なりたい自分に近づくことが出来るかもしれません。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP