交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|夫が妻に対して密かに思っている不満とは?

夫が妻に対して密かに思っている不満とは?

妻が夫にイラっとするシーンはよく語られるので、想像しやすいもの。
しかし反対に夫が妻に対していら立っていることって、一体どんなことなのでしょう?
世間の夫たちは、妻にどんな希望を持っているのでしょうか。
交際クラブ・デートクラブをご利用の方も、将来に向けての参考となさってはいかがでしょうか。

体系や容姿の劣化

スマホを眺める女性

結婚して長年立った夫婦に多いのは、妻の容姿が劣化したことに対する不満です。
女性は結婚して仕事をやめ、家庭に入る人もいます。
また妊娠や出産で体系が崩れることも珍しくはありません。
さらに、育児中は自分のことは後回しになるので、容姿の劣化が進む人もいます。
しかし、そうした事情があっても美しい人は美しいまま。
最近では、若くて可愛い奥さんやママが、テレビや雑誌などのメディアでも注目されています。
そうした努力を欠かさない人がいる一方、自分の容姿をあきらめてしまう妻たちも。
そういう周囲の奥さんと比較してしまうことも、また不満が大きくなる原因のようです。
夫の気持は当然、いつまでもきれいでかわいい奥さんのままでいてほしいのが本音なのでしょう。

愚痴が多い

妻の愚痴にうんざりしているという男性は非常に多いです。
仕事から帰ってきて一息つく間もなく愚痴を聞く相手にならなければいけない、という家庭も多いのではないでしょうか。
夫に愚痴を言える関係、というのは実際そんなに悪いことではなく、むしろいいことです。
家族の中に愚痴を聞いてもらえる人がいることは、いいことなのです。
しかし、愚痴を聞く相手にも都合があるということを忘れてはなりません。
例えば
「今日ちょっと嫌なことがあったんだけど、聞いてくれる?」
「用事が済んだらコーヒーを入れるから、話聞いて?」
こんな風に、しっかり前置きをしたり、時間を作ったり、工夫をすることが大事です。
こんな感じで、愚痴を聞くのだったらどうでしょうか。
いきなり愚痴が始まるよりも、楽な気持ちで愚痴に付き合えるのではないでしょうか。
自分の気持ちも大事かもしれませんが「聞く相手のこと」に目を向けることが大事です。

無駄遣いが多い

男性と女性では、お金をかけるポイントが大きく異なります。
男性は車やゴルフなどの趣味、飲み会などにお金をかける人が多いです。
反対に女性は、ファッションや美容、ランチ代などにお金をかけることが多いのでは。
そもそもかけるお金の対象が違うのに、お互いのお金の使い方に文句をつけるのはナンセンスです。
男性としては「また同じような洋服にお金を使っている」と思うかもしれません。
しかし女性からみても「また飲み代にお金を使って、もったいない」と思っているかもしれません。
そう、お金の使い方はそれぞれ自由でいいのです。
大事なのは、お互いが納得するお金の管理をしておくこと。
それに影響しない範囲(お小遣いの範囲)だったら、何に使っても文句を言わないことです。
自分が相手に思っていることを、そっくりそのまま相手も自分に対して感じているかもしれないのです。

夫婦の営みがなくなる・減る

夫婦生活に欠かせない、夜の生活。
女性は結婚すると、急激に夫に対して性欲がなくなると言うケースが多いです。
特に、妊娠や出産を機に一切セックスがなくなる夫婦も珍しくありません。
女性は出産すると母親の体になるので、夫を受け入れにくくなることもあります
しかし夫の要求を拒否するばかりでは、夫に浮気されても文句が言えなくなります。
いつまでも仲の良い夫婦でいるには、やはりたまに肌を重ねることも必要です。
いつまでも女性として見てもらうためにも、セックスに応じられるよう多少の努力はすべきなのではないでしょうか。

ご飯が美味しくない・ひとりで食べる

男性は、家庭の食事に安らぎを求めています。
疲れて帰宅して温かくておいしいご飯が用意されているだけでも、幸せだと感じる人もいます。
それがあまりにも手抜きだったり、美味しくなかったりすると、日々の不満が募ってくるようです。
料理の得意不得意や、好き嫌いもあるでしょう。
しかし美味しいご飯を作ることは、主婦の最も大事な仕事と言ってもいいでしょう。
不器用でも苦手でも、一生懸命作ることや、最低限のスキルを身に付けるように努力しましょう。
難しくて手の込んだ料理ばかり作る必要はありません。
ご飯とみそ汁と焼き魚でもいいので、心を込めて「美味しい状態で出す」ことだけで十分です。
買ってきたお惣菜でも、器に盛りつけておいしそうにみせるだけでもいいのです。
もっと言えば、一緒に楽しく会話しながら温かいご飯を食べるだけでも、じゅうぶんです。
「家で食べるとおいしいな」と思ってもらえる工夫をするようにしてみましょう。

さいごに

こちらを見る女性

いかがでしたか?
夫婦になると、お互いに些細なことで気持ちがすれ違い、不満ばかり目につきやすくなります。
しかしちょっとしたことを心がけ、努力してみると、相手もそれに応えてくれることがあるかもしれません。
いつまでも仲良く暮らしていけるよう、お互いに歩み寄る工夫をしていきましょう!

入会仮申込み・お問合せ