交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|幸せなことなのに?出産後は離婚のリスクが高まる理由とは?

幸せなことなのに?出産後は離婚のリスクが高まる理由とは?

最近は、4組に1組が離婚するとまで言われていますが、そのリスクが高くなるのは、産後半年くらいにかけて多いようです。その背景には出産に伴う女性の変化が挙げられます。では具体的にどんな変化があるのでしょうか。妻の機嫌を損ねないようにする対策についても知っておきましょう。
交際クラブ・デートクラブをご利用の男性にも将来の参考になるかと思います。

産前産後で女性の体はどう変わる?

母親

妊娠中の女性の体は目に見えて変わっていきますよね。つわりがひと段落すると食欲も出てお腹がどんどんと大きくなっていきますし、出産に向けて睡眠が浅くなっていきます。これらはホルモンの分泌内容が変わることが原因となっていて、特に黄体ホルモンの1つプロゲステロンの分泌量が増えることから変化が著しくなっていきます。
プロゲステロンは妊娠を継続して母親としての体を作るのに必要なホルモンで、受精卵がよく育つように基礎体温を上げたり乳腺を発達させたり、胎盤を成長させたりと体の中でもいろいろな変化を引き起こします。

ですが、出産が終わると元の体に戻るためにプロゲステロンの分泌量はどんどんと減っていきます。もちろんそれに伴って体も変化していくのですが、期間的には約1~3か月ほどかかります。その間は、ホルモンバランスが不安定になってしまうので、体だけでなく心も不安定になってしまいます。
心をつかさどるのは自律神経ですが、ホルモンバランスが乱れている間は自律神経がくるってしまい精神面にも影響が出てしまうのです。
また、産後すぐは体調が不安定な中赤ちゃんのお世話をしなければならず、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまいがち。そのため、涙もろくなったり、落ち着きがなくなったり、人によってはヒステリーを起こしてしまうことだってあります。
女性自身もこんな状態を自分でコントロールできないため自己嫌悪に陥ったり余計にイライラしてしたりして家族にぶつかってしまうのです。
家族にあたるといっても一番言いやすい存在が夫ではないでしょうか。赤ちゃんのお世話でうまくいかないこと、睡眠不足が続いていることなど女性がたくさんのストレスや悩みにさらされているのに、男性は仕事一筋。そうなると妻は余計に孤立してしまい悪循環となってしまいます。そして、強迫観念にせまられて離婚を選んでしまうのです。

産後女性にとるべき態度とは?

では、産後すぐで落ち着かない女性とはどのように接したらいいのでしょうか。できることなら産後であっても昔のように仲良く過ごしたいですよね。

体の変化について理解しておく
産後の妻は元気そうに見えるのに家事や育児に手を抜いているように見えて夫からしても少しイライラしてしまいがちですよね。ですが、産後、元気に見える妻であってもホルモンバランスが変わるだけでなく体の中でさまざまな変化が起こっています。それらを理解しておくだけでも妻の行動に違和感を感じることが少なくなり、言い争いが減っていくでしょう。
例えば、出産時には強い力を使うので産後しばらくは筋肉痛がひどくなります。また、自然分娩をする方のほとんどが会陰切開をして傷跡を縫合します。この傷は約1か月は痛みが続くのでまともに座れません。また、抜け毛も増えますし、大きくなったお腹には妊娠線も出来てしまいます。母乳の出がよい人の場合は乳腺炎を起こして高熱を出すことも。これらは産後の変化のほんの一部ですが、女性にとっては目に見えてわかる体の変化だといえるのではないでしょうか。

だから、産後、妻が今までのように家事をしなくなったとしても問題視するのは厳禁です。しばらくは体がしんどいのだなと、優しい目で見てあげてくださいね。また、家事を手伝ってあげるのも喜ばれるでしょう。

心の変化について理解しておく
赤ちゃんは、生まれてすぐから3か月くらいは昼夜が分からないため時間を問わずに泣きだしてしまいがちです。そのため、日中に赤ちゃんのお世話をするだけでなく、夜泣き時のお世話をしなければならず慢性的に睡眠不足になってしまいます。また赤ちゃんが泣く原因は分からず苦労しがちです。そんな不安定な生活を続けているとどうしても精神的に落ち込むことも増えてきます。
ただ、育児に関する悩みは人にもカミングアウトしにくい内容です。特に真面目な人だと人に話すのに気が引けるということもあり、夫にも打ち明けないケースがあります。
こういう事態を見越して、妻が辛そうにしていたら、何か悩みはないかと聞いてあげるのもいいでしょう。夫として頼れる存在でいることが妻にとっての安心材料になりますよ。

おわりに

母親と子供

産後はホルモンバランスが不安定になるため夫婦間のもめ事も起こりやすく離婚のきっかけにもなりかねません。ですが、出産してもずっとラブラブな夫婦だっていらっしゃいます。
産後の妻の辛さを理解しておくこと、家事などの困りごとは率先して手伝ってあげること、精神的な不安も包み込んであげることなどを意識して、産後もよりよい夫婦関係を築いてくださいね。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP