交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|「男性は放送作家にモテを学べ」

「男性は放送作家にモテを学べ」

テレビ番組制作においてアシスタントディレクター(AD)という名前とその仕事内容は、放送業界に縁のない方でも何となくご存知なのではないでしょうか。
未来のディレクターを目指しながらディレクターをサポートする、番組制作の縁の下の力持ち、といえば確かにそうなのですが、実のところその仕事は雑用を含めて多岐にわたり、心身共に重労働であることが知られています。ADの女性の中には、もしかすると日々の疲れをリフレッシュしたいことから交際クラブ・デートクラブに登録している人もいるのではないでしょうか。

ADのような恋愛

手をあげる女性
ADのような恋愛とは、女性との関係が上手くいくように、労を惜しまず尽くすタイプの男性です。旅行前の航空券や新幹線の予約はもちろん、記念日のレストランは口コミをチェックして手配、自分の部屋に招く時は手料理を振る舞い、彼女の家では食器を洗う、こんな感じです。最近は見かけることが少なくなりましたが、お出かけの際に女性のバッグを持ってあげる男性、という方までいる始末です。
レディファーストやデートをリードするという範疇を超えて東奔西走するその姿は、彼女を大切にするあまりちょっと働き過ぎている、恋愛の過重労働者、まさにAD男子と言えるでしょう。
そしてこういった傾向の男性は、好きな食べ物や自分がしたいことはあまりない、二の次ということがままあります。
ご本人の幸せがどこにあるのかはご本人の自由ですからそういった行動を否定する気は全くありません。しかし、モテ男子と(都合の)いい人は全く違うという事だけは確実です。

放送作家のような恋愛

放送作家は言わずと知れたモテ職で、今やトッププロデューサーとして活躍する秋元康氏も放送作家でしたし、高須光聖氏や鈴木おさむ氏など、多くのバラエティ番組で出演もされていますからよくご存知でしょう。まさに業界の花形と言って過言ではない制作スタッフです。もしかすると、交際クラブ・デートクラブの男性会員の中にも放送作家の仕事に就いている人がいるかもしれません。

放送作家の重要な仕事のひとつに、番組の企画があります。人気番組ともなればコーナーごと、数名の放送作家が企画に関わります。具体的に番組の企画をする、といってもただ会議で面白おかしく思い付きを話している訳ではありません。
この放送作家の仕事にこそ、モテ男子が参考にすべき姿があるのです。

リサーチ力

まず、放送作家にはリサーチ力が必要です。リサーチは大きく分けて2つ、情報のアンテナを広範囲に持つことと、面白いと思えることを掘り下げる取材の深さです。
すでにメディアに出ていることを企画にしても二番煎じになってしまいますから、まだあまり知られていないことの方が良く、その上ターゲットとなる年齢層や性別の方が面白いと思えることを広い範囲から見つけ出す優れたアンテナが必要です。
そして「これはイケるかも」と感じたことは自身が経験してでも深掘りして、視聴者が納得し、感心するようなところまで調べ上げます。むしろ、稀有な経験をしていることが武器になるのもこの職業です。

アンテナ

恋愛においてはまず、彼女の言葉をちゃんと聞いて、覚えておくことです。交際クラブ・デートクラブの男性会員にとっては当たり前化もしれませんが、これがアンテナになります。例えば何気ない会話の中で「そういえば新しい靴が欲しいんだよね」というひと言を元に、季節や流行、彼女の好み、靴のサイズまでリサーチしておくことで素敵なプレゼントに繋がるのです。
もしかしたら彼女はプレゼントされるより一緒に靴を買いに行く方が喜ぶかもしれません。単に「ああいうの欲しいな」というリクエストに、買ってきてプレゼントすることと、こういう発想でおもてなしするのと、その違いがお分かり頂けますでしょうか。

プレゼン力

それから放送作家は、企画書をまとめ、会議でプレゼンする力も問われます。折角の目新しいネタも、リサーチも、周囲のプロデューサーやディレクターが面白そう、それいいねと思わなければ番組制作は始まりさえしないのです。
皆さんは、彼女と旅行の計画を立てていて思いのほか盛り上がらず、気付けば彼女の行きたいところ、したいことばかりになってしまった経験はないでしょうか。
彼女にしてみれば何でも優先してくれて優しい彼氏、ではあるのですが、モテという点ではやはりAD男子の傾向と言えるでしょう。

良い恋愛のひとつにお互いの信頼関係があります。
信頼はその言葉の通り、頼って、頼られることが大切なのです。つまり、自分の主張はきちんとする、お願いを聞いてもらったら大いに感謝する、こうすることでお互いの信頼というのは深まっていくのです。
ただ主張の仕方、プレゼンが上手でないと衝突も起こりやすくなります。自分の主張を魅力的に説明する努力というのは仕事でも恋愛においても身を助けます。
自分が面白そうと感じたことがあれば、それを上手にプレゼンして、彼女にも面白そうと感じてもらう。そして素敵なデートや充実の旅行を二人で作っていくことが、単に彼女の好みに合わせる優しい彼氏より、もっと信頼関係を深めやすいのです。
交際クラブ・デートクラブの男性会員は、ビジネスで成功している人が多いと思いますので、プレゼン力も優れているのではないでしょうか。

まとめ

プレゼンしている男性
放送作家に学ぶべきことは多いのですが、彼らの「作品」は放送番組である限り使い捨てであることが多いこと。それを全く意に介さず、次々と企画を生み出す前向きな勇気こそ、モテたい男子が学ぶべきメンタリティではないでしょうか。

入会仮申込み・お問合せ