交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|ハイクラス女性を口説くにはスマートに!そして自尊心をくすぐる!

ハイクラス女性を口説くにはスマートに!そして自尊心をくすぐる!

ハイクラス女性を口説くにはスマートに…そんなことできない…最初からあきらめてはいけません。一見近寄りがたい女性でも何かしらの突破口があるもの…。ハイクラス女性は自分に自信を持っています。それは、容姿であったり、キャリアであったり、家柄であったりすることでしょう。そこにつけ込む隙があるのです!それは、どういったことなのかこれから説明します。
交際クラブ・デートクラブに登録している男性は、ぜひ参考にして下さい。

まずは褒めちぎることから

買い物する女性

ハイクラスな女性は、見た目から分かることが多いのが特徴です。着ている衣装をブランド品で固め、知性や品性というものが、外見からもあふれ出ているのです。見ている側からすると「プライドが高そう…」と思うことでしょう。実際にハイクラスの女性は自尊心が高く、自分に自信を持っています。印象としては「とっつきづらい」という気持ちを持つことでしょう。そういった中からどうやってハイクラス女性をスマートに口説くのかが問題となってきます。そういった女性に対して、男性はどうしても「腫れ物に触る」ように接してしまいがちです。しかし、それでは何の進展もないのは間違いありません。それではどうしたらいいのか…。女性も自分をハイクラスな女性として自負している面があるのですから、心理的には「上に立っていたい」「なめられたくない」「負けたくない」と思っているものです。さらに、自尊心がありますから、誰かに指示をされるのは嫌な傾向が強く、さらに好意を持っている男性に対しても、自分からアプローチをすることはありません。ですから、自分からは絶対にデートには誘わないのです。そうなると、攻略方法として有効なのは、ハイクラス女性を褒めちぎることです。極端な例になるかもしれませんが、「忠実なしもべ」になりましょう。女性の言い分に対して、否定するようなことはせずに、まず肯定しその言い分がとても素晴らしいかのごとく褒めちぎるのです。ハイクラス女性は、そういった扱いに慣れているかもしれませんが、もちろん悪い気はしません。ですから、初対面からハイクラス女性に近づくには、ほめちぎることが大切です。誰も褒められて嫌な気持ちになる女性はいません。ハイクラスの女性は高飛車な扱いに慣れていないので、まずは下手に出ることが大切です。

臨機応変に対応してみる

寄り添う女性

褒めちぎることが第1段階だったのですが、次の段階に進むにはそれだけでは、いつまで経っても平行線です。それではどうしたらいいのか…。まずは臨機応変に対応することです。当然といえば当然なのですが、ハイクラス女性に近づいたことでいろいろな面を見ることができます。その中で大切なことは、注意深くハイクラス女性を観察することです。そうすることで完璧な人間というのはいませんから、見た目や恋愛観、仕事、さらには学歴といったところでどこかコンプレックスを感じている部分も見えてくるかもしれません。何よりも近づいたら多くの会話をすることです。そして、相手の長所は褒めること、そして大切なのはコンプレックスに感じていることを無視する、あるいは触れないということではなく、さりげなく話題に出すことです。それでいて相手がコンプレックスに感じていることを指摘することもしません。そうした普通に接することで、ハイクラス女性に「自分が気にするほど周囲は気にしていない…」ということに気づかせるのです。そうすると、ハイクラス女性は一緒にいることに心地よさを感じてくるでしょう。第2段階は、会話をすることあるいは仕草などで臨機応変に対応しなくてはいけないので、難しい対応となるのですが、ここががんばりどころです。

距離を少しずつ縮めていこう

第2段階を経るころには、ハイクラス女性のほうから歩み寄ってくる瞬間もあることでしょう。気を許している証拠ですが、そこでなれなれしい口ぶりは禁物です。最後の最後まで忠実なしもべを演じるほうがいいでしょう。脈有りサインというのは、こちらの話を深掘りして聞いてきたり、何度が「すごいね」と言ってきたりしたときです。これは、かなり気を許してきている状況といっていいでしょう。そして、「こんなお店知ってる?」と聞いてきたら、暗に誘っていると勘ぐっても良いくらいの状況です。そのお店を知っていても知らなくても「良さそうなお店だから今度一緒にいきましょう」くらいのことを言うといいかもしれません。断られて普通と思うと、誘いに乗ってくると嬉しいものです。但し、ハイクラス女性の気に入るお店ですから、かなりの高級レストランかもしれません。もちろん男性側が全て出すくらいのことをしなくてはいけないので、予算もしっかりと把握するようにしましょう。このくらいの状況になるとあと一押しと言ったところですし、段階を経てスマートに口説くことができているといっていいでしょう。もちろん安心は禁物で、決して高飛車な態度に出ることなく大切にエスコートしなくてはいけません。
交際クラブ・デートクラブに登録している男性は、本記事を参考に、ぜひハイクラスな女性と距離を縮めていってください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP