交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|旅館で愛し合った時に注意すべきことは?

旅館で愛し合った時に注意すべきことは?

  旅館で交際相手と愛し合ったことはありますか?高級な宿に泊まるというのは、普段では味わえないような非日常を体験することができるので、交際クラブ・デートクラブで出会ったパパ活相手と一緒にいる時間が、刺激的なものになっていきやすいのです。
しかし、ルールを守らないと赤っ恥をかいてしまうかもしれませんので、今回は旅館の中でカップル同士の気持ちが盛り上がった時に、どのような事に気を付けてセックスを行なっていけばいいのか、ということについて紹介していきます。

・旅館側も宿泊客が愛し合うことは想定済み
・旅館で性行為をする時の注意点
・汚してしまったら仲居さんにどう伝えればいいのか 

旅館側も宿泊客が愛し合うことは想定済み

額をあてがう男女

 ラブホテルと違って、観光地などにある高級旅館は、パートナー同士が愛し合うことを目的として宿泊する施設ではないので「そういうことをして大丈夫かな?」と思ってしまうかもしれません。
ただ、旅館側としてはカップルや若い夫婦が泊まる場合、そういうことがあるものとしてサービスを行いますので「旅館では絶対にしてはならない」というわけではないのですね。
そもそも、そういうことに関係なく、シーツやカバー、アメニティグッズなどの交換、部屋の定期的な清掃は業務になっていますので、スタッフが愛し合った痕跡に気付いたとしても、それは想定内のことなのです。
しかし「それじゃあ、別におとなしくしている必要がないのかな?」というわけではありません。
あまりにも二人の情熱が盛り上がってしまって、ハメを外しすぎてしまうと大変なことになってしまうので、パートナーとの旅行を素敵な思いにするために、マナーをしっかりと守ることが大切ですね。 

旅館で性行為をする時の注意点

見つめあう二人

 旅館での交わりはNG行為ではないことを説明しましたが、最低限のマナーを守ることは大切ですので、そのためのポイントを紹介していきます。

・客室や布団を汚さないように注意
 ラブホテルはスタッフの人も「汚れているのが当たり前、それを掃除するのが仕事」という認識ですが、旅館はそれ目的で運営されてはいないので、なるべく血や体液で汚さないように気をつける必要がありますよね。
しかしながら、行為中に盛り上がってくると、絶対に汚さないようにするという事に気を使うことは不可能になりますから、予めバスタオルなどを持参して、布団に敷くなどしておけば、気にすることなく二人の世界を満喫することができるでしょう。
ですから、旅行に行くときはバッグにあらかじめ、汚れても良いバスタオルと、それを収納するゴミ袋などを入れておいてください。

・声や音に気をつけよう
 旅館に宿泊する時に気になることといえば、やはり音漏れでしょう、それぞれの部屋がとても離れていて、他の宿泊客と顔を合わせることがないような旅館だったら良いのですが、普通の宿は壁が薄いので、色々な音が漏れてしまう可能性があります。
さすがにそれはマナー違反ですので、いつもよりも声の大きさを抑える必要がありますね。

・コンドームなどをゴミ箱に直接捨てるのはやめておこう
 避妊具などのコンドームや、ローションや体液を拭いたティッシュなどをそのままゴミ箱に捨てるのはやめておきましょう。
できれば、ゴミ袋などをあらかじめ用意しておいて、持ち帰るのが一番いいと思いますが、余裕がなかった場合は、裸のまま捨てるのではなく、清掃される人のために何かに包んでから捨ててください。

・温泉は公共の場なのでNG
  露天風呂や大浴場などの公共の場所で交わるということは、他の人の迷惑になってしまうのでやめておいた方がいいでしょうね。
旅館は自分たちだけの空間ではなくて、他のお客さんも利用しているわけですから、冷静に判断して「この場所ではやめておこう」とブレーキペダルを踏んでください。
ここで止まらないと、大きなトラブルに発展してしまい、パートナーとの思い出に傷がついてしまうので注意が必要です。
また、個室の温泉については愛し合った後の汚れを自分たちで綺麗にできるのであれば、自己責任で判断すればいいとは思いますが、後で使う人のことを考えるとあまりお勧めはしません。 

汚してしまったら仲居さんにどう伝えればいいのか

 交際クラブ・デートクラブのパパ活でカップルになった二人が、観光旅行で旅館に泊まった場合、たとえ気をつけていたとしても、何らかの理由で布団が汚れてしまうことが万が一あるかもしれません。
その時にどのようなことをすればいいのかと言うと、男性の方が女性に恥をかかせないように「本当に申し訳ないのですが、布団を汚してしまったので、クリーニング代を払わせてください」と従業員の人に伝えてください。
スタッフの人も、二人に何が起こったのかということを薄々わかってはいますが、気にせず対応してくれるはずですので、こちらの方もスマートに対処しましょう。
そういった気遣いをすることによって、二人の仲もさらに発展していくかもしれませんね。 

入会仮申込み・お問合せ

 TOP