交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|関東と関西ではデートの負担額が男女で異なる?

関東と関西ではデートの負担額が男女で異なる?

あなたは、いつデートをしていますか?

仕事帰りはもちろん、休日にもデートするでしょうか。遠距離恋愛を除いてみれば、最低でも週に1~2回は会うという声が多そうですね。

好きだから一緒にいたいと思うのは当然の事ですが、ただ会うだけでは済まされないのがデートですよね?食事をするにも遊びに行くにもお金が掛かります。
学生の頃はお金に余裕があまりなくて、なるべく安く済むようにしていた時もあったと思います。

しかし社会人ともなれば、少し生活にも余裕が出てきてリッチなデートも楽しめるような時もあるでしょう。
住む地域によってデート代の負担額が違ったりもするのかご覧ください。

いつもデート代を支払っている交際クラブ・デートクラブに登録している男性はぜひ参考にしてください。

年収の高い都心部

食事する男女

社会人にとって一番重要な年収ですが…。様々な職種がありますが、やはり年収は都心部に努めている方は高い傾向にあります。それだけ企業や専門職が多くひしめき合っているので賃金が高くなるのは必然的なことなのでしょう。

年収が高ければ、デートに掛けられる費用も多めになりやすいのです。もっと美味しい物を食べに行きたいとか、リッチなディナーで特別な時間を過ごしたいなどです。もちろん、恋人に送るプレゼントもそれなりに上質な物を選ぶでしょう。

オシャレな装いの大人が行き交う街ですから、服装にも気を遣います。ハイセンスな人やお店の多さ故に、ファッションにも拘り持つようになるのは当然のことです。

特に女性はデートの度に毎回新しい洋服を買うことはなくても、フリーの時よりは購入する回数が増加すると思います。

デート代はズバリ地域ごとで偏りがある

年収に差が出ていることから分かるように、人の集まる場所には沢山のお店やデートスポットが揃っています。

レストランなどはもちろん格安店から高級店までありますが、学生の頃のようなもの凄い安いお店に行くのは社会人にもなると減少するでしょう。特にデートとなれば少しでもいい店に行きたいと考えるものです。

それ故に、デート代は地方と都心部では開きがあるようです。

関東と関西ではデート代に違いが

デートと言えば、男性が奢るのが当たり前という気がしますよね?しかしこの考え方、関西と関東では異なるようです。

関東方面では多くの男性が奢る傾向にあるそうです。しかし関西では、男だからなどという性別は関係ないようです。なので、関西方面ではデート代は割り勘としている方が多いのでしょう。

さすが値切りなどの交渉に強い関西の方は、どんな理由にせよ金銭面にはシビアな様子が伺えます。財布のヒモが緩いのは交際期間は良いかもしれませんが、今後もし結婚などを考える際には堅実な相手としてみれば、良い旦那さんにはなりえない予感がしそうです。

一方の関東方面の方は、まだまだ女性よりも男性が負担する割合が多いようです。自分は男だから少しカッコつけたいという気持ちもありそうです。また、デートとはそういうものだと思っている人もいる気がします。紳士的な対応で、女性をしっかりエスコートしてくれる雰囲気が強いです。

1回の平均デート代

話を聞く女性

社会人の1回のデート代は、8,000円前後といった金額のようです。会社帰りともなれば、軽く食事をしながらお酒を飲んだりという事が大半ですよね。

2人でこの金額なので、割り勘すると1人あたり4,000円前後となります。しかし、ここで多めに負担してくれるであろう関東方面の男性だと全額もしくは7~8割支払ってくれる場合もあるでしょう。

関西方面では、きちんと割り勘するでしょうから、男女で差はあまり出ない傾向になりそうです。中には、奢ってくれない男性なんてありえない!と思う女性もいるのではないでしょうか。しかし関西では割り勘が当たり前という考えが大半なので、何とも思ってない方は多いのです。

相手の人柄ではなく、金銭面だけを気にする女性は関東方面の奢ってくれる男性のほうが釣り合うかもしれないですね。 

年齢が上になるほどデートに掛ける金額は増加傾向にありますが、それだけ役職がついたり若い頃よりは年収が上がるので当然と言えば当然でしょう。

お金をあまりかけないデートも楽しむ

みんなそれぞれ働いていて収入があるとは言え、リッチな毎日が過ごせる人ばかりではありません。毎回のデートで高額な場所ばかり訪れるのではなく、家でまったりと過ごすお家デートも時には取り入れているのです。

お互いに仕事での疲れを癒すのにも適しているので、お金をかける時は掛けて掛けない時は一緒に料理をしたりとメリハリをつけているカップルも沢山いるのです。


多くの人で賑わう街では、オシャレなレストランなども多く行ってみたい誘惑に駆られ1回のデート代も多めになるでしょう。
地方になると、どうしても行けるお店も限られるので都会に比べると費用は抑えられそうです。

しかし問題はそれだけではなく、男女でデートに掛ける費用も変わってきます。男性だから奢る、男女関係ないから割り勘にする。この差は地域によって異なってくるのです。

交際クラブ・デートクラブを利用して出張などで関東や関西に行く人は、頭の片隅でも結構ですので、ぜひ覚えておきましょう

入会仮申込み・お問合せ

 TOP