交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|女性との会話にどう反応すればいいのか

女性との会話にどう反応すればいいのか

まともに向き合ってはいけない

 女性の話をちゃんと聞いてあげることは非常に大事だと思いますが、あまりにも真面目に聞きすぎると男からしたら全く意味がなくてつまらない話のオンパレードに、精神状態がおかしくなってしまうのではないでしょうか?

 ちゃんと話を聞こうと思っても”よくこんなつまらない無駄話を、ぐだぐだと長時間話せるものだな”とだんだんと怒りが湧いてきて、時間がたつと自分の脳が女性の会話の内容をシャットダウンしてしまうと思います。交際クラブ・デートクラブの男性会員の中にも、そう感じた人はいるのではないでしょうか。

・正確さを一番に考えて論理的に話してしまう

 女性との会話が好きになれない原因として、正確な情報を確実に届けなければならないという男の常識が働いてしまっている可能性があります。

 男は原始時代の狩猟生活の影響か、正確な情報を論理的に素早く相手に伝えなければならないという、強迫観念に似たような常識に自然と囚われていることがあります。

 相手に向かって一分の隙もない完璧な情報を届けないといけないと思うばかりに、女性との会話でも女性の何気ない質問に対して男らしい答えをしてしまいます。

 「食べ物は何が好きなの?」

 と女の子からどうでもいい質問をされると。

 「私はいつもカレーを食べているけどそれはカレーが好きというわけではなくて、憧れの有名人がカレーを食べていることを真似しているだけなんだ。 なので、カレーが好きとは言えない、何が好きかと言われると、ホットケーキにバターとはちみつをぬったものが好きだ。 それはなぜかと言うと、ホットケーキが一枚二枚三枚と乗っかっているところにナイフを入れてケーキのように食べることが好きだからだ」

 と相手から聞かれていないようなことまで正確さを求めるあまり余計なことをベラベラと話してしまいます。 女性からすると本当につまらない返事ですし、同じ男性でも聞きたくありません。特に富裕層の人はこういった傾向が強いように思うので、交際クラブ・デートクラブの男性会員も気をつけてください。

 上の話はつまらない返答を強調して紹介しましたが、正確さを求めるあまりこれよりはライトな感じですが、女性に対して一から十まで説明してしまうような返事をしていませんか?

・石田純一みたいに適当に返答する 

 芸能人の石田純一さんは女性との会話はキャッチボールではなくてこちらが”うんうんと”うなずくだけでいいみたいなことを話していて、彼が言うには女性に対しては”ウソー!? ホントー!? 信じられないなー!”と言っておけば間違いないそうです。

 つまり男の論理的思考を女性と話す場合はなくして、頭を空っぽにして素直な気持ちで女性に向き合うとうまくいくそうです。

 先ほどのように女性から”何が好きなの”と言われたら”え? 肉”とこのように何も考えずにパッと答えればそれが正解なのです。

男と女の違いを自覚して会話を行っていこう

食事をする男女
 男というのは原始時代に獲物を捕るために、正確な情報を素早く伝え合わなければ自分の命ばかりか妻や子供達の命も失ってしまう過酷な状況に生きていたために、いまだに脳がそうなっています。

 それに対して女性の方は正確な情報よりもお互いの感情を伝えあって、それを共有していくという共感の文化で昔から生き残ってきました。

 なので、仕事の場合でも男性同士の場合はとにかく正確な情報が必然的に求められていくわけです。 なのでもちろん男性とコミュニケーションをとる場合は正確で論理的な思考回路は大いに役立つスキルです。

・女性は情報の正確さをそれほど重要視しない

 もちろん女性だって情報の正確さは重要だと感じているでしょうが、男ほどこだわっているわけではありません。

 それよりも女性がこだわるところは感情の共有です。 男の方からしたら”何でそこまでどうでもいい話に共感しなければならないんだ”と思いますが、女性は”自分が思っていることを他の人に話してわかってもらえる”ということに幸せを感じる生き物なのです。

 なので、正確さや論理性は二の次で、とにかく女性が話していることを感情面で共感してあげればそれが女性とコミュニケーションが成立したことになります。交際クラブ・デートクラブの男性会員は、ぜひとも女性の感情を共有できるようになってください。

・男女でコミュニケーションのどこに喜びを感じるかが違う

 このように男と違ってコミュニケーションの正確さではなくて、女性にとってのコミュニケーションの喜びは感情の共有であることをしっかり意識して、これから女性と会話を行っていきましょう。

・恥ずかしいくらいのオーバーリアクション

 違和感があって恥ずかしく感じるかもしれませんが、女性との会話では少しオーバーなくらいのリアクションをとると会話が弾んで行くと思います。

 「えっ!? 本当に!? 嘘じゃないの!?」

 相手が何か言ってきたら恥ずかしいかもしれませんが、このように答えた方がこのリアクションが潤滑油になって、会話がスムーズに続いていきます。

・相手の感情を先回りして言ってあげる

 これは男性が失敗例としてよくやっていることを応用すれば簡単にできることだと思いますが、よく男性は女性の話を聞きながら”あー要するに~~ってことでしょう?”と結論から話してしまいがちになってしまいます。

 これを応用して女性の感情を先回りして本人が言う前に”じゃあその時は~~って思ったんじゃないの?”と言ってあげることができれば女性から”この人は私のことを理解してくれているんだ”と好感度アップ間違いなしです。

 なので、オーバーリアクションと感情を先回りしての指摘を、実際の女性とのコミュニケーションでも使っていきましょう、必ず女性との会話が盛り上がると思います。交際クラブ・デートクラブの男性会員も、ぜひこれらのテクニックを身につけて会話を盛り上げましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP