交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|元カノが気になってしまう男性へ

元カノが気になってしまう男性へ

いくつかのアンケート調査によれば、女性より男性の方が過去の恋人を引きずる傾向にあるそうです。交際クラブ・デートクラブに登録中の男性の中にも、元カノが気になって仕方ない人がいるのではないでしょうか。
いつまでも好き、忘れられない、というほどでなくても、何となく、時々気になってしまう、という男性は多いのではないでしょうか。
そういった男性が実際に取る行動には次のようなものがあるようです。

・元カノとの思い出の場所にひとりで行く
・元カノに連絡を取る
・元カノをインターネット検索、またはSNSをチェック

ヨリを戻そうと具体的に行動する、とまではいかないまでも、現在の恋人やお付き合いをしようというお相手に知れたら、あまりいい気持ちはしないものです。
それが分かるからこそ、図らずともコソコソした気持ちや行動になってしまいますよね。
そして今のお相手が元カレに対してこうした行動をしていることが分かったら、やはり嫌な気持になるでしょう。
女性には大変悲しいお知らせなのですが、上に挙げた3つくらいの行動、意外と多くの男性がしています。
これらの行動をきっぱりやめる、しなくていい心理状態になるにはどうすれば良いのでしょうか。

まず、時間が経つこと

SNSで元カノを探す男性

元カノとのお別れから時間が経つこともそうですが、最後に元カノをチェックしてから時間が経てば経つほど、記憶のどこかには残っていますが心からはほとんど消えていきます。
それと同時に年齢を重ねることで多少思い出すことはあっても行動に移さない理性が整ってきて自然としなくなります。
至極当たり前のことですが、いま無性に気になってしまっていても、どうせいずれ忘れるのです。
ですから、思い出すこと自体に罪悪感を持つ必要はありません。
だってそれだけ好きだった人なのですから完全に記憶から消す、思い出さない、なんて無理なことですよね。
ただし、何かしらの行動に移す、ということにブレーキをかける、ということだけ肝に銘じておけば、いずれ心から消えていくのです。
時間が経つことで必ず記憶から薄れていきますから、思い出すことに罪悪感を持たないこと。
その上で意識的に行動を自制することで気持ちが切り替えられるでしょう。

次に、今のお相手、恋人も同じ気持ちを持っている、ということ

腕を組むカップル

自身が元カノを思い出すことがあるように、恋人も元カレを思い出すことがあるのです。
中には連絡を取ったり、SNSをチェックしたり、もしかしたら会って食事くらいはしているかもしれません。
それを認識したとき、恋人に確認したくなるでしょうか、それとも嫉妬するでしょうか。
会っているなら「やめて欲しい」とお願いするでしょうか。
もしも「それを知ったとしても全く気にしない」という男性がいたら、きっとその男性は元カノを引きずることのない傾向の男性だと思います。

自分の恋人が元カレのことを少しでも気にしていると知って気持ちが落ち着かない理由はいくつかあります。
元カレと復縁したら、または浮気されたら、という不安。
隠し事をされている、されていたことに対する寂しさ、怒り。
彼女にとって、元カレと比較して自分の方が劣っているのではといった怖れ。
こうした感情が沸き起こる男性も少なくないでしょう。
もう分ると思いますが、元カノのことが気になって行動を起こす、ということは今のお相手にこうした感情を持たせてしまう可能性がある、ということなのです。
過去の恋人を思い出すことがあるのは仕方がない、と許しあう。
でも、それを行動に移すことはやめて欲しいな、という気持ちはお互い様だと思っておきましょう。

さて、すでに元カノのSNSをチェックすることが日常になってしまっている人、普段から元カノと連絡を取っている人はどうすればいいかといえば、案外単純です。
そういうの全然気にしないよ、という恋人とお付き合いするか、その行動をきっぱりとやめることです。
特に連絡を取り合っている人は急にやめるのが難しいかも知れません。
「もう連絡するのやめる」みたいに宣言する男性もいて、ともすれば誠実にも感じられますが、おすすめしません。
元カノにとってみれば別によりを戻そうとしていた訳でもないのに傷つきますし、全然誠実ではないからです。
それは元カノがよほどしつこく付きまとっているような場合のやめ方、緊急避難の場合です。
コツは、基本的にこちらからは送らないこと、熱心に返信しないこと、会う約束をしないこと、この3つ。
ほとんどの人は、自分から送らないと連絡がなく、連絡しても盛り上がらず、連絡の結果何も起こらない、という人とは自然と疎遠になっていきます。
これで完全に切れない関係というのは、旧友など、ごく自然な友人関係だけです。
そんな友人関係になっているのなら、ごくごくたまに連絡したとしても元カノとしてはもう吹っ切れていると言えるでしょう。

まとめ

元カノを思い出すのは時間が解決してくれるので罪悪感を持つ必要がなく、行動に移すその時に意識的にブレーキをかける。
今のお相手も元カレを思い出すことはあるのでそこには寛容に、行動に移されて嫌だな、という気持ちはお互い様と心得る。
元カノと連絡を取っている人は断ち切るよりも距離を置くことで自然と疎遠になる。
実際にこの状態にまでなれば、いつの間にか、もう意識しなくなり、行動にも移さなくなっています。

一度は好きでお付き合いしたお相手ですから、雑に扱うのは好ましくありませんし、ご縁を完全に切ってしまう必要もありません。
いつかどこかで偶然会ったとき、笑顔で挨拶ができるくらいの関係になれるのが理想ですよね。もし交際クラブ・デートクラブに登録中の男性の中で、元カノを引きずっている人がいれば、本記事を参考にしていただければ幸いです。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP