交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|共感力はモテる大人の必修科目

共感力はモテる大人の必修科目

モテたいと考える男性にとって、秀逸な恋愛マニュアルがあったら何より心強いことでしょう。
そういった思いはずっと昔からあり、歴史に残る文学作品から学術的な書籍、芸能ゴシップ誌に至るまで、現代においても試行錯誤が重ねられ、私たちに恋愛知識を提供してきました。
時代によっても、恋愛の形やシチュエーションによっても正解が異なりますから、諸説紛々、どれも正解とも言えますし、どれも理想論的、または空論だとも言えます。
または一瞬にして世界中に情報が駆け巡る現代においては、どれも古い理論、なのかも知れません。
結局のところ、自分自身が正しいと思う説を好みで選んで信じるしかないのが現実でしょう。

会話をする男女

しかしその一方で、いつの時代も変わらない恋愛の原則というものも存在します。
そのひとつに「共感力」というものがあるのをご存知でしょうか。
共感力とは、人の気持ちに寄り添うことができる能力のことで、もちろん恋愛以外にも、円滑で豊かな人間関係を築く上で大切な要素です。
共感力について知っておくことは、その能力を伸ばし、自分のものにするために役立つでしょう。
また、身につけていれば、時代もシチュエーションも超えて、高い恋愛スキルの獲得にもつながるはずです。交際クラブ・デートクラブでも役立てられそうですね。
共感力をはじめとした高いコミュニケーションを身につけることは、いくつもの恋愛マニュアルを読破する以上に価値のあることなのです。

第一に、共感力のある人は他人に対する好奇心が旺盛です。
これは何も空気を読まずにプライベートな質問をガツガツとするようなこととは違います。
よく観察し、よく聴き取り、他人に対するアンテナの感度が高いという特徴があります。
単なる質問魔は情報に興味があるのであって、人そのもの、お相手そのものに興味があることとは根本的に違うのです。

第二に、共感力のある人は、他人から受け取ったものを自分に置き換えて表現しようとするクリエイティビティに満ちています。
この人はこういう性格、または〇〇タイプ、といったような格付けやタイプ分けをするのではなく、自分だったら、と考え、自分の言葉や態度に変えることができます。
ですから必然的に、人以外のこと、様々な物や体験にも好奇心が旺盛になりがちです。

第三に、共感力を持つ人は察することが上手です。
言い換えると、行間を読む、空気を読む、といったことが得意なのです。
諸説ありますが、空気や雰囲気を読むという行為は、無意識の観察力が働いています。
実は誰にでも、ちょっとした表情の変化、口調や仕草は聞こえてはいるし、見えてはいるのです。
違いは脳がその受けた情報を受け止めて判断しているか、スルーしているかで、ほとんどの場合、目や耳から入ってくる情報量は常に膨大なため、脳が必要のなさそうな情報をスルーするようにできているのです。
一方で共感力の高い人は、脳が受け止めて反応することのできる情報量が多く、同じ景色が目に入っていても他の人より感じ方が豊かなのです。
そうなるためには日常的に意識してそしてそれこそが「アンテナの感度が高い」ということに他なりません。

にこやかな男性

そして第四に、自分と他人との共通点を見いだすことが得意です。
人間同士は、ただ同調や同意をしていても仲良くなれる訳ではありません。
人それぞれ好みがあり、考え方が違いますから、形だけ同調や同意をするのは無理が生じます。
共感力とは、共感しているポーズではなく、共通点を見つけ出して心から同調することができる力です。
自分とお相手とは違う、ということを正しく受け入れることができる、と言い換えることも出来るでしょう。
こうした能力は、無意識でもそうなるように、初めのうちは意識して繰り返すことで身につきます。
例えばナンパ師のトーク術には、最初のやり取りで3つ以上の相手の情報を聞き出す、といったものがあります。
これは意識して他人への興味、好奇心を形にする方法で、もちろん自然な会話の中で行うことが前提です。
また、自分の情報をお相手に提供することを差し置いても、お相手をよく観察する、よく聴く、ということは意識して行うべきでしょう。

このように、まずは意識できることから始めて、自分自身の持つアンテナの感度を高めていくのが共感力を身につけるのに有効なのです。
ほぼ1人に1台、情報端末を持ち、多くの情報量と途切れることのないコミュニケーションが日常になっている現代において、より正しく、より高いコミュニケーションを持っていることは必須になりつつあります。
また、それと同時に人間対人間、直接向き合う大切さが見直されてもいるのです。
そういった背景もあって、ずっと昔から大切にされてきた「共感力」が改めて注目され、理論立てて紹介されるようになっているのではないでしょうか。

一朝一夕には身につけられないかも知れませんが、一度身についてしまえば、男女問わず、恋愛でもビジネスでも有効なスキルになるのは間違いないでしょう。
どうしても難しい場合は、身近にいる共感力に長けた方を真似するところからでも始められます。
モテる大人のコミュニケーション必修科目として、共感力を学んでおいて絶対に損はありませんよ。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP