交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|全然女性にモテなかった私が誤解していた女性が求める優しさの定義

全然女性にモテなかった私が誤解していた女性が求める優しさの定義

女性はよく「どんなタイプの男性が好きですか?」というようなインタビューがあると「優しい男性が好き」という風に答えますよね。全然モテなかった過去の私はその言葉を正直にそのまま捉えて「優しい男にならなければ!」と無駄な努力をしていました。その結果、全然モテませんでした。今回はそんな私がどのように、女性が本当に求めている優しさについて理解したのかを紹介します。今では、交際クラブ・デートクラブを利用している1ランク上の男性達と肩を並べられたと自負しております。

優しい男の定義が私と女性との間でズレていた

スーツ姿の男性

まず私が「優しい男になろう!」と努力した結果、全然モテなくて「なんだ、全然意味がないじゃないか、女性が言っていることは嘘だったんだ!それじゃあ逆のことをやってみよう」ということで、今度は悪ぶったのですが、これもまた全然モテませんでした。今から考えると、優しい男性というのはモテることは確かだけど、女性の感情にジャストフィットする優しさでなければいけないということに気づくのに、ずいぶん時間がかかりました。つまり私が思っている男の優しさは女性にとってみると不必要なやさしさだったので、かなり女性から嫌がられました。

モテない優しさを発揮していた私のやったこととは

モテなかった私が優しさだと勘違いしていたこと、というのは、女性の言うことを何でも聞いていたということです。要するにイエスマンですが、過去の私はこれを優しさだと勘違いしていました。ただ、これは女性からすると、優しさではなくて嫌われたくないから、異性に媚びを売っているように見えるようで全然魅力的に感じることはないということです。そんな私とは逆に交際クラブ・デートクラブに登録しているジェントルマン達は弱い男ではなくて強い男でしっかりとした自分を持っていて、今までの実績から来る心の余裕や自信がオーラとなって体の外に溢れ出しているから、女性からモテるそうなのです。私が上流階級の男性会員のように振る舞うことはできませんが、テクニック的なことは改善することができます。要は女性に媚びているようなイエスマンになってはいけないということですから、女性から洋服選びなどの気の進まないような場所にデートに誘われてもOKすることなく、「その場所はちょっと・・・女性が洋服を選んでいる間は私にとっては1分が1時間のように感じるから、他に行きたいところはある?」というように、なぜそこに行きたくないのかを説明することが大事だそうです。過去のイエスマンの時の私は自分が行きたくないデート場所でもしょうがないと思って女性の望んだ通りに行っていましたが、案の定、全然楽しくありませんでした。全然楽しくないので、表情も声のトーンも雰囲気も「全然面白くないな・・・」という波動が出ていたのでしょう、女性はそういう感情に気づくのが得意ですので”せっかくのデートだったのに、なんか嫌になっちゃった”と私に対しての好感度がものすごく急降下してしまうのです。そのことに気づかない私は”こんなに楽しくないデートを我慢して付き合ってあげたんだから、少しは女性の好感度が上昇しているだろう”と楽観的に考えてデート終わりに「この後、泊まりに行かない?」ということを言いましたが、もちろん断られました。女性にモテる具体的な優しさとは?上記のように、とにかく私は優しさというものを勘違いして捉えていたので、全く女性にモテることはありませんでした。

女性にはわかりやすい優しさが必要

見つめあう男性と女性

交際クラブ・デートクラブに会員登録しているモテる男性会員はどうすれば、男性の優しさを女性が認識できるのかということをよく分かっていますので、パパ活女子と楽しく交際することができています。そんな彼らから学んだ極意とはすぐ気づくような優しさを女性に見せてあげるということです。どういうことなのかと言うと、一流の男性はレディーファーストを徹底しているので、デートの待ち合わせ場所からレストランに歩いている時に女性を守るように、車道の方を自然に歩きます。他にも女性が軽い荷物だけを持っている時はそのまま持たせて荷物が重くなってきたとしたら、荷物を持ってあげるとか、デート中はトイレに行く回数を早くするとか、注文の時は店員さんを呼んであげるとか、ドアがあったら、先に開けてあげるとかです。私は最初、このようなテクニックは「こんなあからさまなことをして不自然に見えないんですか?」と斜めに構えていましたが、レディーファーストを徹底している男性はこの動作が自然にできるのです。それに女性というのは、このような、わかりやすい優しさが心にぐっとくるようですから、一流の男性を参考にして私も今、これを自然にできるように修行中です。

女性がヒールを履いてデートに来たら最大限の警戒が必要

私は女性がヒールを履いてデートの待ち合わせ場所に現れた時は”なんでデートにヒールなんて歩きにくいのを履いてくるんだろう?女性はヒールで歩くことに慣れているのかな?”と、特に気にもせず、女性を連れ回していました。これがまたモテない原因だったようで、パパ活女子をメロメロにしているような男性会員は、女性と一緒に歩いている時には「靴は大丈夫かい?」と優しく気遣うそうです。私は最初意味が分からなくて「だったら、ヒールなんて履いて来なきゃいいじゃないか」と思ったものですが、女性はあくまでもファッションとして男性に見てもらおうと思って、ヒールを履いているのであって、別にヒールで歩くのが平気なわけではないそうです。ワンランク上の男性はそのことが分かっているので、女性が「大丈夫ですよ」と答えるのを分かっていながら、気配りを隠すことがないのです。男性から「大丈夫かい?」ということを言われたら、女性の方は”この人は私のことをちゃんと気遣ってくれる優しい男性なんだと喜んでくれて、好感度が急上昇するのです。交際クラブ・デートクラブに登録中の男性は、ぜひ本記事を参考にして、女性に優しく接してあげてください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP