交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|結局は自分と似た人を好きになってしまうのはなぜなのか?

結局は自分と似た人を好きになってしまうのはなぜなのか?

 みなさんは今好きな人や恋人はいますか?もしいるのならその人は自分と似ている人ですか?実はほとんどの人が自分と外見的にも性格的にも似ている人を選びやすいということが研究で分かっています。きっとみなさんの中にも心当たりがある方いらっしゃるのではないでしょうか?ではなぜ似た人を好きになってしまうのでしょう。逆に自分とは全然似ても似つかない人を好きになってしまった場合、その恋は果たしてうまくいくのでしょうか。また、交際クラブ・デートクラブで相手を指名する時にも似ている人を指名しているのでしょうか。今回の記事では自分と似た人を好きになる理由や、それを基にした恋人選びのコツをご紹介したいと思います。

目次
・自分と似ている人を好きになる理由とは?
・自分と釣り合っている人を好きになる?マッチング仮説とは
・恋愛テクニックへの応用
・まとめ

自分と似ている人を好きになる理由とは?

額を寄せ合う男女
 人が誰かと仲良くなる時、その決め手となるのは類似性と相補性だと言われています。類似性とは似ていること、そして相補性とは類似性とは逆に正反対だということです。人は自分と考え方や外見が似ている人、もしくは自分にはない考え方に気づかせてくれるような自分と正反対の性格の人に興味を抱くことが多く、そして特に恋愛の初期段階においては類似性がとても重要視されます。つまり自分と正反対の人をいきなり好きになることよりも、自分と似ている人のことを好きになることの方が圧倒的に多いということです。しかし付き合ってからしばらく経ち、関係が深まってきたときには逆に相補性が重要になってきます。自分にはないものを相手の中に見つけたり、お互いに持っていないものを補い合ったりすることで二人の関係はより深まっていきます。

自分と釣り合っている人を好きになる?マッチング仮説とは

 「自分と似ている人」と似ているのですが、このマッチング仮説のほうが総合的に相手の魅力を判断しています。例えば街中を歩いているカップルに注目してみましょう。片方は超美形でスタイルもいいけどもう片方は美形とは言えず身長も低いカップルってあまり見かけませんよね?最近では美女と野獣カップルというのも取り上げられ、メディアなどを通して私たちの目に届くこともありますが、実際に街中を見渡すとそのようなカップルはほとんどいません。マッチング仮説とは、私たち人間は身体的魅力が自分と釣り合う相手に魅力を感じるようになっている、という仮説です。例えばテレビで見かけるモデルさん、テレビで見ているうちは可愛いな、こんな人と付き合えたらいいなと思うかもしれませんが、もし実際に会うことができたらどう思うでしょうか。よほど自分の自己評価が高い人以外は、相手の身体的魅力の高さに無意識に引け目を感じて拒否してしまうでしょう。なので身体的魅力が釣り合っていない人同士ではマッチングが上手く成立しないのです。つまり、交際クラブ・デートクラブで相手を指名する時も、身体的魅力が釣り合っている人を選んでいることになります。しかし一つ言っておきたいのは、身体的魅力というのは容姿だけでなく、その人の自信だったり持っている能力によって少なからず増減するものだということです。だから自信がある人ほどもともとの身体的魅力より少しよく見えることになりますし、逆に自分に自信が無い人だとその人の身体的魅力は悪く見えてしまうことになります。私たちは容姿やその人の性格など総合的に判断して、自分と同じくらいのレベルだなと思う人に無意識に惹かれるようになっているのです。
 では明らかに自分より身体的魅力が高いと思われる人を好きになってしまったときはどうしたらいいのでしょうか。まずは好きになったと思っても1週間から1ヵ月ほど間をあけ、冷静に考える時間を持つことをおすすめします。憧れに近い感情やただ性的な魅力を感じていただけなら、この期間にその熱はさめていくでしょう。しかしそれでもまだ相手のことが好きだと思うのなら迷わずアタックすべきだと思います。何故なら、あなたが相手に惹かれているということは相手の中に自分と似た部分があり、その類似性をきっかけに相手も自分を好きになってくれるかもしれないからです。ただこれはあくまでも冷静な気持ちで好きだと思っていることが前提ですから、ただ可愛いから、イケメンだからという理由ならそこには類似性はありませんから、きっとうまくいきません。自分が冷静かどうかをよく判断しましょう。

恋愛テクニックへの応用

 さて先ほど「似ている人に好意を抱く」というようなお話をしましたが、これって恋愛テクニックへ応用できるのでは?と思いませんか?まさにその通りで、この心理現象を逆に利用して相手から好意をもってもらうテクニックがあります。それは心理学ではミラーリングと呼ばれるもので、相手の動作や話し方を真似るというテクニックです。もしあなたに気になる人がいるなら、その人と話すときは相手のしぐさを真似るように意識するだけで、相手が勝手に類似性を感じ取ってくれますから、好意を持ってもらいやすくなります。仲が深くなるまでは類似性をアピールしておき、ある程度仲が深まってきてから相補性をアピールすることで、効率よく相手に自分の存在をアピールすることができるでしょう。逆に交際クラブ・デートクラブを利用すれば、いきなりデートできるので圧倒的な相補性をアピールするのも一つの手段かもしれません。

まとめ

男女が人差し指をたててシーとしてる
 いかがでしたでしょうか。やはり似た者同士が付き合うということは心理学的にも根拠があったんですね。高望みはせず、自分の評価を冷静にしたうえで自分と釣り合う人を探すのが賢明だと言えるかもしれませんね。

入会仮申込み・お問合せ