交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|わがままな女性をどうやって口説いたらいいのか?その方法

わがままな女性をどうやって口説いたらいいのか?その方法

今回は交際クラブ・デートクラブに入会しているわがままな女性の口説き方について解説をしていきたいと思います。

男性のこと好きだからわがままに見える行動で甘えてくるタイプ

プレゼントを見てがっかりする女性

わがままな性格の女性と言っても、様々なタイプがいて、一つ目は男性のことが好きだから、本人は甘えているつもりだけど、男性から見て、それがわがままな態度に見えるというタイプです。これは男性に好意を持っているからこそ、わがままになっていますので、このパターンは説明する必要もなく、パパ活女子の行動があからさまなので、男性に好意を持っていくことがはっきりとわかると思います。例えばデートがそろそろ終わってしまうという時に、「えー?もう終わりなんですか?まだ一緒にいたいなー・・・」というようなわがままを言ってきたりします。この手のわがままというのは交際した後とか、宿泊施設で一泊した後に言ってくることが多いです。このような行為は一見可愛いと思うようなわがままなのですが、適当に交わすような態度を続けていると、突然、女性が寂しくなって、あなたのもとから離れていってしまう原因を作ってしまうことにもなりかねないので、女性の方が「まだ家に帰りたくないなー」ということを言ってきたら「え?それは私にかまってほしいと言っているのかい?綺麗な女の子だと思ったけど、性格は可愛いんだね?」みたいなことを言った後に抱きしめながらキスをすれば、もうそのまま、二人で体を休めることができるような場所に行くようなムードになると思います。この場合の女性がわがままを言った時に、正解の返答は女性が言って欲しい言葉を言った後にしっかり女性のことを大事だと思っているということを行動で示してあげることですから、キスであったり、抱きしめてあげるということが大切になってくるのです。

昔から蝶よ花よと育てられてきてわがままになってしまったタイプ

買い物する女性

二つ目はちやほやされて、わがままに育ったタイプの女性ですが、これは美人なタイプの女性に多いです。可愛いからこそ、周りの男性達にちやほやされて育ってきた女性の典型的なパターンです。この手の女性は自分がわがままという自覚すらありませんので、パパ活デートの食事代を男性が払ったとしても、そのことに対して「ありがとう」という気持ちすらなく”そんなことは当たり前”というようなマインドです。送り迎えにするのも男性の役目というような様式を持っているんですね。このタイプの女性に一番やってはいけないことは、正論をぶつけるということです。この手のタイプの女性の常識というのは、世間一般からかなりずれていますので、知り合って間もない相手がどれだけ正しいことを言っていたとしても、基本的に聞いてくれません。ですから、このタイプの女性が独自になっているおかしな常識に、いくら正論をぶつけても馬の耳に念仏、糠に釘ですので、こちらが一歩、大人になってあげる必要があります。例えば「今カフェにいるんだけど、迎えに来てほしいんですけど?」というようなことをいきなり言われた場合は真剣に受け答えをしないで、変化球で対応することが大切。例えば「ん?・・・突然君が子供になったようなわがままを言うから、びっくりしたよ、何かあったのかい?」というような感じで、大人が、小さな子供のいたずらをからかいながらも心配するような返事をした後に、相手が「え?子供じゃないし・・・やっぱりなんでもないの」という風に拗ねてしまったら、「冗談だよ、迎えに行ってあげるから、どこに行けばいいんだい?」というような感じで、からかってはいるのですが、最終的には、女性の言うことを聞いてあげるということが大切になります。女性のわがままを聞いてあげないわけではなく、「わかった、わかった!それじゃあ、迎えに行くよ!」という感じで、最初から女性の言うことを聞くわけでもなく、いい意味で、上から目線の対応をしていくことが大切です。

とにかく男性を利用しようとしている魔性の女

三つ目は、とにかく男性を利用するためにわがままになっているタイプですが、このパターンというのは、いわゆる魔性の女性と言われるタイプです。職業的にはキャバ嬢に多くて意図的に自分の都合のいい存在を作るという目論見を持って男性と接しています。例えば2回目3回目のデートの誘いをしたら、「今から迎えに来てほしい」とか「買い物に付き合ってほしい」とか、そういうことを言ってくるわけです。基本的に自分の要求を受け入れてくれないと、男性の要求も受け入れてくれませんので、しっかりと自分の立場をわからせる必要があります。ですので、常に悔しい、と思うような気持ちを女性に味あわせるという行動が必要です。そして女性が欲しいと思っているものがあと少しで手に入れることができるということを続けることによって「もう少しだったのに!」と悔しがりながらも、あなたに依存してくるようになるでしょう。 

入会仮申込み・お問合せ

 TOP