交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|口説き上手は最後まで口説く

口説き上手は最後まで口説く

経験豊富な男性であればあるほど、口説きのパターンを多く経験していることと思います。交際クラブ・デートクラブに登録中の男性も数多く経験していることでしょう。
しかし、様々な口説きテクニックを知っている男性だからといって口説き上手とは限りません。
たとえ多くのテクニックを駆使しても、成果の上がる男性とそうでない男性に分かれることでしょう。
もっとはっきり言えば、仕事も口説きも結果があってこそ。
口説くのが上手い方が結果に繋がりやすいのは確かですが、それだけではダメなのです。

大リーガーのバッティング理論を持ってバッターボックスに入っても、チャンスをモノに出来なければ意味がないのと同じです。
結果を問わず女性を口説くこと自体をどんなにがんばっても、そのプロセスを褒めてくれる人は誰もいません。
結果を伴う口説き上手には、いくつかのポイントがあるのです。

相手を選ぶ

女性を口説く男性

第一に、口説き上手な男性はお相手を選びます。
好みの見た目とか、理想のプロポーションとか、そういうことではありません。
自分に口説き落とせるであろう女性、口説き落とせる可能性の高い女性かどうかを見極める、ということです。
最も分かりやすいケースでは、住む世界が同じか、近い女性が最適でしょう。
大学生なら大学生、日本人なら日本人、セレブならセレブを口説くのが最も打率を上げるコツなのです。

こうしたお相手を選ぶと、話題や立場から共感しやすい、という利点があります。
例えばスーパーのアルバイトをしている男性がセレブの女性を口説く、というのは漫画やドラマのようですが、お互い持っている「常識」や「時間の過ごし方」が違うため、難しいでしょう。
住む世界が違う、というお互いの自覚は、特にコンプレックスを感じる方にとって壁を感じやすいという面もあります。
もちろん女性によって、単に口説かれやすいタイプ、警戒心が高く、口説かれることに抵抗を感じるタイプもありますから、こうしたことを見極める必要があるでしょう。
口説き上手な男性は、より成功の可能性が高い、有効なお相手を選んで口説くから結果が良いのです。

無駄を省く

第二に、口説き上手はムダが少ない傾向があります。
ムダなお相手を選ばないということももちろんありますが、ムダな会話もあまりしません。
女性にとって単なる話し相手ならば女友達の方がいいに決まっています。
女性と話が弾むからといって口説き上手とは限らず、話し上手か、良くて聞き上手というところです。
口説き上手は、遠回しすぎす、あからさますぎす、ちゃんと口説きます。
モノにする、という明確な目標のために会話をするのであって、だらだらと余計な会話に時間を費やすようなことはしないのです。

タイミング

女性とシャンパンを飲む男性

では、普通の当たり障りない話題から口説きモードに入るにはどうすればいいのか。
この加減を調整するのは「タイミング」なのです。
言い方でちょうどいい口説き方に導くのはよほど言葉巧み、口説きの経験も豊富な男性でしょう。
通常は、会話でお相手の心のハードルを下げ、口説いてもいいタイミングを見極めて、お相手にちゃんと分かる言葉で口説くのがベストです。
意味のない会話がどんなに弾んでも、それでは口説けません。

最後まで口説き切る

また、若い男性に良く見られる傾向なのですが、遠回しすぎて女性がどうしていいか分からなくなることがあります。
真面目な恋愛においても、男性の遠回しなアプローチに待ちきれなくなって女性の方から助け船を出してようやく告白、などというパターンもありがちです。
男性にとっては断られることが怖くて遠回しにしているのかもしれませんが、女性にとっては「勘違いだったら恥ずかしい、イヤだな」という思いが働きます。
絶対に、勘違いしようのない、聞き返す必要のない口説き方が出来ないと、口説き上手とは言えません。
そして、口説き上手は最後までちゃんと口説き切ります。
お相手の女性に「察して、分かって」という態度を取りません。

よく言われるように、女性が最後の一線を越えるためには、女性自身が納得できる理由が必要なのです。
それこそが「この男性に誘われたから」なのです。
自分から行動するような軽いオンナじゃないけれど、素敵な男性が誘ってくれたから、せっかくだから、という理由がどうしても必要なのです。
先ほどの遠回しな口説き方と同じように、この最後の一押しもしない、できない男性が増えています。

恋愛経験や恋愛心理学を身につけている大人の男性の中で、何となく成功率が上がらないという場合はぜひ、振り返ってみて頂きたいと思います。
いい雰囲気になって、もう間違いない、と思っていたのにチャンスを逃すことが多いとしたら、最後の一押し、はっきりとしたお誘いの言葉が足りないのかも知れません。
多くの女性にとって傷つくのは怖いものですし、嫌いです。
しかしその一方で、男性の、優しい温もりが欲しいと思っていることは少なくありません。

一方で男性は自分の気持ちを強く押し出す代わりに、断られること、傷つくことに臆病になっていては結果につながりにくいのです。
自信を持ってちゃんと最後まで口説き切ってみれば、きっと目から鱗の結果が待っているはずですよ。交際クラブ・デートクラブに登録中の男性は、ぜひ最後まで口説き切ってみてください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP