交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|モテトークのコツはできるだけ否定しないこと

モテトークのコツはできるだけ否定しないこと

話をしやすい異性、話しやすくて何でも話せてしまうお相手っていますよね。交際クラブ・デートクラブの会員の中にもこのような会員が何名もいます。
きっかけさえあれば恋愛関係に発展することもあるのが、そんな聞き上手な人だったりします。

自然と身に付いた聞き上手であればそれに越したことはないのですが、そういうスキルを改めて身に付けるのはなかなか難しいものです。
でも、いくつかのポイントを押さえて、気になる人との会話の時に心がけておけば、出会いの場面でもデートの会話でも、好印象を与える事が出来るようになります。

聞き上手のテクニック

女性と話す男性
まず比較的誰でも取り入れやすい聞き上手のテクニックはキャバクラの女の子に学ぶのがお勧めです。たとえアルバイトの女子大生であっても、お客様のハートを掴むためにテクニックは大切なんです。
代表的なのは「オウム返し」。
「仕事で〇〇があってさぁ、ホント大変だったよー」と言われたなら、「〇〇かぁ!それはホントに大変そうだねー」と返す。
特に難しいことは何もなく、相手の言ったことをそのまま返していますよね。文字にするとちょっと間が抜けた感じもしますが、上手く会話に取り入れると、自分の気持ちを分かってくれる人、という印象を与えます。
話題を広げようとがんばって、〇〇って何?それって大変なの?と質問ばかりになってしまっても初めのうちは興味があるのかなと感じてもらえます。ただ、全ての話題が自分にとって関心のある話題とは限りませんし、疑問形が続くと「この人とは話が合わないのかな」という印象を与えてしまいがちです。
特に交際クラブ・デートクラブを利用している男性会員は博識な人が多いので、あまり深追いすると質問だらけになるので、注意が必要です。
そこで相手の話を一方通行にしないための初歩的なテクニックとして、オウム返しが有効なのです。

話題を広げるワード

便利なワードとして「そういえば」があります。話題を広げたいならこの言葉。話題を変えたい時にも使います。
多くの方がつい使ってしまいがちですが「それより」や「っていうか」という言葉はお相手の話題をばっさり切り捨ててしまう逆説的な言い方ですから、基本的には会話の中に登場させない方がトーク上手に近付けます。
さらにお相手の話題から連想して「そういえばさ!」とトークを続けることが出来れば質問攻めにするよりずっと上手に話題を広げることができます。
些細な事ですが、普段からどちらを使っているかで人としての印象も違います。

頭ごなしに否定しない

以前何度か一緒に食事をして、この人とはないかな、という方がいました。
何だか話をしていても楽しくないし、盛り上がらない。むしろ時々イラッとさえしてしまうのです。
初めのうちはなぜだろうと思っていたのですが、耳を傾けていると、否定の言葉が多いことに気が付きました。
その方の考え方がオカシイ訳ではありませんし、ほとんどが共通の話題です。ですが、こちらが何か言うと「いや、それはさ」「と言うよりはさ」「そうかなぁ」など、こちらの考えや感想に対してまず否定的な言葉から入るのです。
大人ですから自身の意見を持っている事は大切ですし、お相手の事を知りたいと思っているので、違う意見や考え方があればむしろ教えて欲しいと思います。
でもそれと否定的な言い回しが多いのは別の話。恐らくそういう言い方が癖になっていて、お笑いコンビのツッコミのように悪気なくその言い回しを使っているのです。実際に屈託のない笑顔で、いやいや、そういうんじゃなくってさぁ、と楽しそうな表情でしたから本気で否定して言い負かしてやろうというつもりはなかったでしょう。
でも何をどう話しても終始この調子で、その方とは次第に疎遠になってしまいました。

肯定する

営業職のご経験がある方はご存知だと思いますが、交渉術のひとつyes-butという手法があります。言葉通り、相手の言い分をまず肯定しておいて逆説的にこちらの主張をすると相手に受け入れられやすい、という交渉術のひとつです。
例えば、今日はイタリアンじゃなくて鍋が食べたい!という意見を通したいなら、そうだね!あそこのイタリアン美味しいよね、お店の雰囲気もいいし。でも、今日は寒いし鍋にしない?といった具合に、受け入れておいてから主張するのです。
単に主張するだけでなく、誰かの悪口や噂話に対して「あ、分かる分かる!でも、アノ人、意外と親切だよ」のように使うと、言いたくない悪口にもブレーキをかけることができて、好感度が上がることだってあるでしょう。

例えばこのように、お相手の言葉を肯定する事はトークの中で重要な役目を果たします。
実際の会話で試してみると分かるのですが、否定的なワードを出来るだけ出さないように意識して会話するというのはそれなりに馴れが必要です。

まとめ

会話する男女
一説によると男性は相手の主張を攻撃と捉える心理的な傾向があるそうです。ですからつい、女性の意見に対して否定から入ってしまう方も少なくありません。一方で女性は男性に比べて承認欲求が強い傾向があります。自分の考えを認めてほしい、受け入れてほしいのに否定の言葉で言い返されてしまうと当然ながら気分が萎えてしまいます。
男性の場合はどちらかというと自尊心が強く、女性に否定されると傷ついたり反論したくなりやすいとも言われています。交際クラブ・デートクラブを利用している男性会員は世の中的には勝ち組の人が多いので、余程自分の意見が正しいという確信がなければ否定しない方が無難です。
些細な言い争いがあるご夫婦やカップルの方はお互いに思い当たることがあるのではないでしょうか。

この否定の言い回しの怖いところは、言っている本人も言われている方も気付かないうちに会話が冷めていくこと。結果、話が合わない、生理的に受け付けないという評価に繋がったりもするのです。
100パーセントは無理でも、言い換えや言い回しが出来るようになると異性の反応が格段に変わります。
肯定的な話し方は良好なコミュニケーションの基本。まずは身近な方との会話から試してみて、相手の反応が変わってきたら、モテトークへのレベルは格段に上がっているはずですよ。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP