交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|ワンランク上の男性が女性に絶対使わないNGな言葉とは?

ワンランク上の男性が女性に絶対使わないNGな言葉とは?

交際クラブ・デートクラブに会員登録している1ランク上の男性は女性が些細な言葉に反応するということが分かっていますので、女性に対しては絶対に使わない言葉というものを頭にインプットさせています。ですので、今回は使ってしまったら、NGなキーワードを紹介していきます。

女性の気持ちに寄り添った質問をしよう

親指をあげる男性

やっぱり女性と話をしている時に会話に詰まる瞬間が訪れると思いますが、初対面の人とは何を話していいのかわからないと思います。そういう時に、どこが出身地なのかというようないろんな質問をしようと心がけるものですけれども、恋愛テクニックの中で”女性の最寄り駅を聞いてみよう”というようなものがあるらしいのですが、女性からすれば、ドン引きしてしまうのは間違いありません。もちろん、仲良くなったらいいですし、家が近かったりしたら話が盛り上がる材料になると思うのですけれども、よく考えると、このご時世で、最寄り駅を聞かれるということは、女性がものすごく警戒してしまうのです。東京の何区だとか、女性が自分で「この辺に住んでいます」という風に言うのであれば、全く問題ないですけれども、男性から最寄り駅は絶対に聞いたらいけません。もし聞くのであれば、もう少し仲良くなってからにしましょう。どうしても聞かなければいけなかった場合は「もしよかったらですけど・・・差し障りがあったら言わなくても、全然構わないんですけれども、最寄り駅はどこですか?」というふうにフォローの言葉を言うことによって、女性は「全然大丈夫ですよ。この辺りの駅に住んでいます」という場合があるんですけれども、何も言わずに駅どの辺にあるのという風に質問すると、すごくデリカシーがないように見えてしまいます。女性の気持ちというのは、女性にしかわからないですし、一般的に女性の方が力が弱いですから、実はすごく警戒しているんですよね。その女性の気持ちに寄り添わない質問をすると、男性が全然悪い意味で質問していなくても、すごくネガティブなイメージを与えてしまう場合がありますので、必ず女性の気持ちに寄り添ってあげた質問をするように心がけてください。なので、最寄り駅は絶対に自分から聞かないこと、そして聞く場合には話が盛り上がったりとか、あとは仲良くなってからですね。そして差し支えなければ嫌じゃなかったらみたいに枕詞をつけて女性からの不信感を取り払ってから聞くようにしてください。

どこから来たのかという漠然な質問はやめたほうがいい

頼りになる男性

最寄り駅と似ているかもしれませんが、「どこから来たの?」というような質問は漠然としすぎているので、女性が東京に住んでいるのであれば”何て答えたらいいんだろう?東京って言えばいいのかな?何区に住んでいるのかということは、いきなりすぎて相手に伝えるのはちょっと警戒しちゃうな・・・”というふうに女性を最初から、警戒モードにさせてしまいます。さらに、女性は頭を悩ませながら” 何区に住んでいるのかということは言えないけど、職場が新宿にあるから、新宿って言えばいいのかな?”という風に男性とその時点での関係を考えて、どの場所を発言すればいいのかということが分からなくなってしまいます。ですから、どこから来たのという質問は、すごく答えにくい質問なのです。どこから来たのと聞く場合には、職場はどの辺りなんですか、というふうに聞いたほうが、女性は答えやすいのです。どこからですか、というのは範囲が広すぎますし、正確な位置を答えるのは、女性が警戒してしまいますので、それを頭に入れてどこからという質問はなるべくしないようにして「職場はどの辺りなんですか?」という風に限定して質問した方が、女性は答えやすいです。

よく食べるねという言葉

女性に対して大食いだね、というようなことを連想させるような言葉というのはすごく女性が嫌う言葉なんですよね。確かに女性というのは食べることが好きというのは事実なのですが、楽しく食べたいということも思っているのです。それで楽しくご飯が食べられる相手に対しては、好印象を持ったりするので、女性の難しい乙女心でたくさん食べたいということは考えているのですが、痩せたい太りたくない、というような矛盾したマインドも抱えていますので、そこを「よく食べるね」という風に、男性が全然悪気のない発言をしたとしても、女性は、なんとか裏の意味を探ろうとしてしまいます。男性が全然裏の意味を持たせていなかったとしても”今の言葉って私が太っているってこと?”という風にゆがんだ連想をしてしまうのです。それに男性から見たら、自分が食い意地を張っているように決めつけられるんじゃないのか、そういうふうに思われたくない、というような気持ちを持っていますので、「せっかくのビュッフェなのに、お肉ばっかり取ってきたの?」というような”大食いだね”というようなキーワードを連想させるような言葉は言わない方がいいです。逆に言うとしたら「すごい楽しそうに食べるね!美味しそうに食べる子って好きなんだよね!」というように、ポジティブな言葉をかけてあげると関係が進展します。交際クラブ・デートクラブに登録中の男性は、発言に気をつけて1ランク上の男性を目指しましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP