交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|恋愛偏差値低めの男性が勘違いしがちなこと5つ

恋愛偏差値低めの男性が勘違いしがちなこと5つ

恋愛偏差値が低い人は、やっぱり恋愛経験が少ない分、少し幻想を抱きすぎてしまっている部分や勘違いしてしまっている部分が多いといいます。
そのため、恋愛偏差値低めの男性と付き合うと、彼の勘違いからとんでもないトラブルに発展することも多々あります。
勘違いや思い込みは、時にお相手に大きく迷惑をかけることになります。
恋愛経験が少なそうな人だけど、そんな彼が気になってる…
今まで一度も彼女がいなかった人と付き合うことになった…
そんな人は、一度、相手の男性が勘違いしているかもしれないことについて整理してみましょう。

女性はすっぴんでも綺麗

家でくつろぐ男女

まず、恋愛経験がほとんどない男性は、女性のすっぴんという概念はあまりありません。
確かに女性は化粧をして、化粧を落とせば素顔になるということは、頭ではわかっているでしょう。
しかし実際にその目で女性のすっぴん姿をしっかり見なければ、女性のすっぴんとはこういうものと男性は理解できない場合が多いのです。
そのため、初めて彼女のすっぴんというものを目の当たりにして、その変貌っぷりに仰天してしまう男性は少なくありません。
あまりにもすっぴんと化粧をした顔にギャップがある人は、恋愛偏差値低めの男性と付き合ったときは、なるべく少しずつすっぴんに近い顔を見せて彼を「慣らして」いった方が良いかもしれません。
いきなり女性のすっぴんを見るという「洗礼」を浴びて、そのショックによってちょっとしたトラウマを彼は作ってしまう可能性があります。

女性はいつもおしとやか

男性は、女性はいつもおしとやかで上品ということを強く思い込みすぎているところがあります。
確かに、おしとやかで上品な振る舞いが癖づいている女性もたくさんいるでしょう。
しかしどんな女性でも、オンのときとオフのときとでは振る舞いが若干変わってくるものです。
当然、オンのときはいつもより2割増しくらいで上品に行動しようとします。ですがそればかりでは疲れますから、彼氏や友達の前ではもう少しくだけた感じで楽にしていたいものですよね。
しかし女性経験の少ない男性は、そのオンの姿が相手のすべてだと感じてしまいがちになります。
すると当然、彼女が家で少しだらしない感じにしている姿を見て、ショックを受けるようなことも出てくるでしょう。そのせいで「こんな人だと思って付き合ったわけではない」と喧嘩になってしまうことも多いです。
お互いに自然体で接することのできる関係を作れるのが、やはり理想的ですよね。

付き合ったらいつでも一緒にいられる

恋愛偏差値低めの男性は、付き合ったらいつでも一緒にいられると勘違いしてしまいがちなところがあります。
だからこそ彼女に対して独占欲を強めてしまうことが多くなります。「恋人だから当然」という気持ちが、少し行き過ぎた方向に働いてしまうというわけです。
そのせいで彼女を必要以上に束縛するようなことも、やはり出てくるでしょう。
特に恋愛経験の少ない人は、自分自身の恋愛感情をうまくコントロールできず、苦しむことが多いものです。
恋愛偏差値低めの男性と付き合ったときは、彼の「好きすぎる」行動に振り回されないように注意しましょう。

「壁ドン」や「顎クイ」は女性はみんな好き

男性は、女性はいわゆる「壁ドン」や「顎クイ」などのシチュエーションに弱いと勘違いしてしまっているところがあります。
確かに、そんな胸キュンシチュエーションを経験できたらとても恋愛は楽しそうですよね。
しかし壁ドンや顎クイなどが素敵なシチュエーションに思えるのは、やはり少女漫画やドラマの世界だからです。もっと分かりやすく言ってしまえば、男性側が芸能人のようにイケメンだからこそ成立するということです。
「壁ドンや顎クイはカッコいいと思うけど、実際にやられるのは正直引く……」
「壁ドンしてくる人の俺カッコいいだろ感がムリ」
といった意見は、実はよく見受けられます。
彼が無理して壁ドンしたり顎クイしてきたりしないように、うまく彼をコントロールするのも大事かもしれません。

彼女にとっては彼氏が一番イケメン

家でくつろぐ男女

恋愛偏差値低めの男性は、彼女にとっての一番のイケメンは自分だと思ってしまうところがあります。
もちろん彼氏=一番大切な人と思うのは当然のことです。しかし、好きな芸能人や個人的にカッコいいと思う人は、また別にいたりするものです。
正直、なかなか芸能人のようにカッコいい彼氏と付き合えることはありませんし、「彼氏は好きだけど、実は顔はタイプじゃない」という女性は結構います。
だからこそ彼の前で好きな芸能人の話をすると、それは彼にとってかなりショッキングな話題となる場合があります。
恋愛偏差値低めの男性と付き合ったときは、なるべく必要以上に彼を傷つけないように、好きな芸能人などの話は控えめにするなどの気遣いは必要かもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
恋愛偏差値低めの男性は、女性と深く接した経験が乏しいからこそ、どこか女性に夢見がちなところがあるため要注意です。
そのせいで思わぬことで喧嘩したり、誤解されたりするようなことはありがちです。
しかし、これは恋愛偏差値低めの男性に限った話ではありません。男性は誰でも理想の女性像というものがあります。交際クラブ・デートクラブの男性たちも同じです。お付き合いする男性の夢を壊さないよう、軽率な行動は控えた方が賢明かもしれませんね。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP