交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|交際している男性に「うざい」と思われる彼女の強要とは

交際している男性に「うざい」と思われる彼女の強要とは

交際クラブなどを通して出会った意中の男性と交際することになったら、誰もが嬉しい気持ちになりますよね。

ところが、その嬉しい気持ちが裏目に出ることがあるんです。

好きという気持ちが強すぎるがゆえに彼に色々と強要してしまうことがあります。

そこで今回は彼に「うざい」と思われる女性の強要について紹介します。

交際クラブ・デートクラブの女性会員さまはぜひ、参考にしてみてくださいね。

「毎日連絡欲しい」と連絡するのを日課にする

バツ印を手で表現する男性

女性であれば交際している男性とは毎日のように連絡を取り合いたいと思っているのではないでしょうか?

男性よりも女性の方が好きな人と常に繋がっていたいという人が多く、「毎日の連絡」を強要することがあるんです。

男性は用事があるときにしか連絡をしないという人が多いので、交際している女性に毎日のように連絡を強要されるのは苦痛でしかありません。また、交際クラブや・デートクラブに登録している男性は忙しい方ばかりです。毎日の連絡の強要は止めた方がいいでしょう。

「週に3回は最低でもデートして」と会う頻度を指定される

こちらも連絡と一緒のような感じで、会う頻度を指定されるという強要ですね。

交際したばかりの頃はいつでも会いたいという気持ちになるかもしれませんが、毎日のようにデートをするという行動こそが危険なんです。

何故かと言いますと、人間は飽きてしまう生き物だからです。

どんなに好きな人同士が交際をしたとしても、毎日のように会ってデートをしていたのであれば、どちらかが必ず飽きてきます。

それでは、交際が長続きしないでしょう。

交際を長続きさせるコツは会いすぎないということなんです。

週に3,4回も会ってデートをするのを強制されると、交際している男性も窮屈な気持ちになってしまいますからね。

「週に何回会う」というのを決めないで、お互いにタイミングが合ったときに会ってデートをするくらいが程よい距離感になりますよ。

「友達とばかり遊ばないで」と人付き合いを限定される

彼のことが好きという気持ちが強くなってしまうと、束縛に近いような行動に出ることがあります。

よくあるのが、彼の人付き合いを限定するという行動ですね。

「友達とばかり遊ばないで」と伝えてしまうことで、彼を私物化している女性はいます。

いくら交際している者同士とはいえ、お互いの交友関係というのがありますし、そこまで干渉する権利はないでしょう。

二人だけのデートの時間も大事ですが、友達との時間や1人の時間も大事ということを忘れてはいけません。

お互いに二人のデートの時間と友達との時間、1人の時間を大切に過ごすことで、程よい距離感を保つことができるでしょう。

「交際100日を祝おう」とやたらと記念日を祝う

恋愛に依存する女性にありがちなのが、「交際100日を祝おう」などの記念日をやたらと祝うという行動ですね。

男性からすれば「そんなに記念日って大事なの?」と思ってしまいます。

記念日が多くなればなるほど、ありがたみが薄れてしまいますし、交際している男性も疲れるだけでしょう。

かなりの負担になるので、やたらと記念日を祝うのは避けた方がいいですよ。

「返信を速くして」と即レスを強要

面倒くさがる男性

いまの時代はLINEで連絡を取るというカップルがほとんどではないでしょうか?

このLINEという機能はとても便利なんですが、面倒な部分もありますよね。

既読という機能です。

LINEでやり取りをしていると、相手が自分の文章を読んだかどうかが分かってしまうので、どうしても返信を速くして欲しいという無理難題を押しつけることがあるんです。

いくら交際している者同士とはいえ、すぐに返信をするのは難しいでしょう。

交際している男性を急かすほど、あなたから離れていくので、気をつけましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

人間にはそれぞれの価値観や考え方があります。

自分本位になって、価値観や考えを強要しても長続きしないので、
交際クラブ・デートクラブの女性会員さまは気をつけましょうね。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP