交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|若者が恋愛をしたくないと思う理由とは?

若者が恋愛をしたくないと思う理由とは?

最近では草食系男子といった言葉に象徴されるように若者が恋愛をしたくなくなっているといわれています。
なぜ恋愛をしたくないのでしょうか。
そこで今回は若者が恋愛をしたくない理由について考えてみます。
交際クラブ・デートクラブに登録している方で、若い女性と会う機会のある方も是非参考にしてみましょう。

1人でいるのが楽

ひとりでいる男性

若者が恋愛をしたくない理由のひとつに1人が楽というのがあります。恋愛をするということは、少なからず相手に合わせる必要が出てきます。
連絡の頻度やデートの頻度、デートの行き先など、自分では行きたくないと思っていても交際相手が行きたがっている場合は合わせる必要が出てくるでしょう。
現代はただでさえ人間関係が薄くなっているといわれています。SNSでの繋がりはありますが、実際の人間関係はとても希薄といえるでしょう。そのような現代において他人に合わせるというのは苦痛でしかないのです。
デートもせず、交際相手も作らないという生活をすれば、1人の時間を存分に確保することができます。
恋愛よりも趣味や仕事が楽しいという男性も女性も増えています。
1人だとお金も時間も自由に使えるので、恋愛をしたくないという若者が増えているのでしょう。

喧嘩やトラブルが面倒

喧嘩やトラブルが面倒というのも若者が恋愛をしたくない理由のひとつとなっています。人間関係が希薄になったということと関係してるかもしれません。
人間関係というのは距離感が大事です。恋愛をするということは、男性と女性が深い関係性になるということです。
深い関係性になる前までは喧嘩やトラブルなんてなかったのに、交際したとたんに多くなったなんてこともあるでしょう。人間関係が深くなればなるほど、喧嘩やトラブルは起きてしまうものです。
デートを重ねてお互いに好きになり、交際に発展するわけですが、もともと他人であることに違いありません。性別も違うわけですから、喧嘩やトラブルが起きて当たり前といえるでしょう。
こういったマイナスのイメージがついていることから、恋愛をしたくないという若者が増えています。

傷つくのが怖い

傷つくのが怖いというのも若者が恋愛をしたくない理由のひとつとなっています。
交際クラブ・デートクラブなどを通して成り立つ男女の関係性は、上手くいかなくても傷つかない場合もあるかと思いますが、恋愛をするということは決して楽しいことばかりではありません。
デートを重ねていい感じになっても曖昧な関係が続いたり、交際に発展しても突然別れを告げられるなんてこともあります。このように恋愛をすることで傷つくことを恐れて、恋愛を最初からしない方がいいという考えになっているわけです。

恋愛以外に夢中になれるものがある

恋愛以外に夢中になれるものがあるというのも若者が恋愛をしたくない理由のひとつとなっています。こちらはネガティブな理由ではありませんが、深刻な問題ともいえるでしょう。
現代は様々なものに溢れかえっています。恋愛なんかしなくても楽しめる環境があるわけです。
恋愛の優先順位が低い男性や女性は恋愛をしようという気持ちになれないのでしょう。むしろ、異性とデートや交際をすることで趣味の時間が失われたりするのを恐れているかもしれません。
恋愛には確実な見返りがあるとはいえませんが、趣味などはストレス解消にもなります。
その為、趣味に時間やお金を使っている若者も多いのです。

お金や時間に余裕が無い

忙しそうな男性

お金や時間に余裕が無いというのも若者が恋愛をしたくない理由のひとつといえるでしょう。
恋愛をするには好きな異性とデートをする必要があります。
特に男性は「自分がデート代を出さなければいけない」と思っており、恋愛=お金もかかるものと考えているかもしれません。
交際が始まったとしてもプレゼントなどでお金を使うことがあるわけです。
恋愛はお金も時間も労力も使うもので、疲れてしまうと思っている若者も多いことでしょう。
恋愛よりも趣味や仕事に時間をかける方がいいのかもしれません。

結婚する気がない

結婚する気がないというのも若者が恋愛をしたくない理由のひとつとなっています。
学生くらいまでは恋愛=遊びということもあるかもしれません。しかし、ある程度の年齢になってくると恋愛=結婚ということを考えるようになります。
恋愛自体は嫌いじゃなくても結婚となるとしたくないという理由から恋愛をする意味を見出せない若者もいることでしょう。

入会仮申込み・お問合せ