交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|日本にも浸透してきた?オープンマリッジと自由恋愛

日本にも浸透してきた?オープンマリッジと自由恋愛

結婚とは、一生そのパートナーと人生を共にすること!だから結婚するときは「この人と一生一緒にいたい」と考えた結果、婚姻関係を結びますよね?

これから先もパートナーだけを愛する!この気持ちは揺るがないはずです。そう心に誓うでしょう。
他の人に心が動くことはない・・そう信じていたけど、他に好きな人が出来るケースも珍しくないですよね?これがどちらか片方だけなら、「離婚してやる」とか「別れさせてやる」と相手を憎む気持ちでいっぱいになるでしょう。

でも最近では、結婚後の夫婦関係に大きな変化がみられるようになってきました。その背景とはどんなものなのか、交際クラブ・デートクラブに登録中の方もぜひ参考にしてみてください。

オープンマリッジってなに?

三角関係

夫婦関係にある男性と女性が、夫婦関係以外のパートナーの存在をお互いに認めること。

少し分かりにくいですが、お互いが他の相手と肉体関係を結んでも良いという考えなのです。夫婦関係は継続しながら、別の相手と快楽を楽しむ・・。そんな大人な関係です。

日本で多いセックスレスが大きな要因

でもお互いが好き合っていれば、他のパートナーが必要になることなんてないですよね?オープンマリッジが浸透してきた理由には、夫婦間のセックスレスが大きく関係しています。

日本人は外国人のように性に対してオープンな性格の人は少ないでしょう。それ故に、夫婦間でのセックスの回数も、結婚して月日が流れると、月に1、2回とかもの凄く少ない回数に激減してしまうのです。大概は、子供ができたことをきっかけに、セックスレスになっていきやすいようです。
好きな気持ちに変わりはないけど・・。異性としての魅力を感じなくなったという男性側の意見もあれば、子供にばかり目が向いて夫を受け入れる余裕もない女性の意見なども関係しているようです。

別れないけど公認のパートナーは欲しい

夫婦間での肉体関係の重要性は、人それぞれでしょう。そもそもセックスをするのは、究極の愛情表現ですよね?その愛情表現の必要性に対して、お互いの温度差が生じやすくなるようです。
身体以外の部分では、夫婦として一緒にいることに不満はない。身体抜きにすれば、良い夫婦関係は維持出来ると考えているのでしょうか。


頭では分かっていても、結局は自分を女として男として見てくれる、お互いの喜びを最大限に感じられる相手は欲しいと心の底では思うのです。
この時、セックスレスなのに、どちらか一方が浮気をしていると知れば「他の相手に走ったのは、自分を愛していないからだ」と思いますよね?こうなると当然「離婚してやる」という流れになる夫婦もいますが、離婚にはもの凄い体力と気力が必要なんですよね。

ならば別れなくてもいいように、家庭を壊さないためにもお互いそれぞれに別のパートナーがいれば全ては丸く収まる!そんな気持ちになりますね。そのパートナーを求めて既婚者であっても合コンや交際クラブ・デートクラブ、出会い系を利用している人は数多くいます。

周囲の視線

「あのご夫婦、お互いに不倫しているのかしら?」傍からみると、別のパートナーと一緒にいる姿を見られたら、誰でも「浮気?不倫?」と疑われる可能性は高そうです。まだ日本では、オープンマリッジに対する肯定的な意見は少ないので、心無い言葉を浴びせられることもあるでしょう。覚悟がないと、冷たい言葉や視線にストレスを抱えることになるかもしれません。

子供の存在

彼は私のもの

当人同士がお互いの自由を尊重しあえているなら別のパートナーがいてもいいけど、それは子供のいない夫婦だけじゃない?と思われがちですよね。現実には、子供の年齢も関係してくるでしょう。子供がまだ幼かったり、思春期の子供がいたりすると、「自分の両親には別に好きな人がいる」ということを知ってしまうと不安を抱かせることになります。そのため、親は子供に不安を抱かせたくないという理由から自然と気持ちにブレーキがかかるでしょう。

でも子供が大きくなれば、それなりに理解も得られ自由恋愛を楽しんでいる夫婦は多いのかもしれませんね。昨今、話題になっている「熟年離婚」を避けるためにも、お互いの意思を尊重しているなんてケースもありそうです。

自由恋愛を公にできるか

一対一で恋愛するのではなく、複数の人との関係を楽しむ。浮気と言われるのは、相手に他の相手の存在を隠しているからですね。「私がいるのに、何で別の人と・・」

でも自由恋愛では例えば「今3人の人と付き合っています」と堂々と言ってもいい状況です。一人だけに縛られるなんてごめんだ。その時好きだと感じたら、何も一人に絞らずに皆と付き合ってもいいじゃん。という見解なのでしょう。

これもまた、なかなかハードルが高そうな恋愛なので奥ゆかしさのある日本人には、まだまだ受け入れられる人は少なそうですね。


オープンマリッジと自由恋愛!これから日本でもじわじわと浸透してきそうですが、万人に受け入れられるにはまだまだ時間が必要な感じがしますね。

でも一度きりの人生ですし、自由に楽しく暮らしていきたい!誰かを悲しませることがなければ、様々な愛の形があってもいいですよね。いつかは交際クラブ・デートクラブといった方法も公に認められる日がくるかもしれませんね。

入会仮申込み・お問合せ