交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|ケンカへと発展しそうになった時に抑えておきたい4つのこと

ケンカへと発展しそうになった時に抑えておきたい4つのこと

交際クラブ・デートクラブで知り合った相手との関係が長引くにつれて、いつかはケンカへと発展しそうになる時が訪れることになるかと思います。

相手に対して怒りが込み上げてくる理由は様々あるかと思いますが、このような時ほど冷静に対処しないと、自分が望んでいない方向へと一気に突き進んでしまうことになるかもしれません。

これからケンカへと発展しそうになった時に抑えておきたい4つのことについて紹介していきますので、万が一の時の為にも、是非参考にしてみることをオススメしますよ。

過去のことを蒸し返してはいけない

言い合う男女

交際クラブ・デートクラブで出会った相手と意見が食い違ってしまいケンカへと発展しそうになったとしても、絶対に過去のことを蒸し返すような話だけはしてはいけません。

過去の失態を蒸し返されてしまった相手の方としても、昔の失態をいちいち覚えている相手に対して苛立ちを感じてしまうことになりますし、「こんなに根に持ちやすいタイプの人だったんだな……。」と思われてしまうことになるでしょう。

私は過去に交際クラブ・デートクラブで知り合った女性とレストランで食事をしている最中に価値観の違いからかケンカへと発展してしまったことがありましたが、その時に相手の女性からその時のことについてだけでなく過去の失態のことまで蒸し返されてしまい、ケンカが更にヒートアップしてしまったことがあります。

怒りが込み上げてきてケンカへと発展してしまったとしても、関係のない過去のことまで蒸し返すようなことだけはしてはいけないということを頭に入れておきましょう。

一方的に相手を責めないこと

怒りが抑えきれない時ほど、つい一方的に相手を罵りたくなるかと思いますが、関係が崩壊する可能性が高くなるだけだと思っておいた方が良いです。

例えば、女性が相手の男性に対して、「〇〇さんのそういう所が嫌いだし、もっと周りの意見に耳を傾けるべきじゃないかな?」というようなセリフを、相手の男性が言い返す暇もないくらい言えば、十分罵っていると言えるかと思います。

このように罵られるようなセリフを一方的に言われた方としても、面白く感じることはまずありませんし、その人の性格が穏やかな場合であれば、その場は笑って大人としての対応を見せてくれたとしても、このことがきっかけとなり、二度と連絡を取り合いたくないと思うことになるでしょう。

言い返してきてくれる相手であればまだ良いのですが、言い返してこない人ほど今後の関係に大きく影響してくることになるということを覚えておきましょう。

距離を置く

価値観の違いが起きたことにより、相手と考えが合わなくなった時は一旦距離を置いてみるという方法も試してみてはいかがでしょうか?

距離を置いてみることで、お互いに本当に必要とし合っているのかを改めて考えるきっかけを得ることになりますし、距離を置いている以上、大きなケンカへと発展する心配が無いのがこの方法の良い所となっています。

私は交際クラブ・デートクラブで知り合った女性のことが次第に気に入らなくなったことがあり、わざと距離を置いてみたことがありましたが、不要なケンカをしなくて済んだのはもちろんのことでしたし、その女性とは「やっぱり価値観が合わないな……。」と落ち着いた状況で判断を下せることができました。

今まで会う回数が多く、同情で付き合っているような感じになってきている人ほど、一度距離を置いてみれば本当に自分が望んでいることが分かるようになるかもしれませんよ。

泣かないこと

ブロークン・ハート

女性の場合に言えることとなっていますが、ケンカへと発展しそうになったとしても絶対に泣かないようにした方が良いです。

女性の涙を見せられた相手の男性としても、胸がズキズキと痛んでしまいそれ以上責めようとは思わなくなりますが、それだとケンカの原因が解決に至らないで終わることになってしまいますので、その場を凌ぐことはできても、今後の為になることは絶対にないと言えます。

私は今まで交際クラブ・デートクラブで知り合った女性の中で、数人の女性とケンカをした挙句涙を流させてしまったことがありますが、やはり煮え切らない状態でその場を後にすることになってしまいましたし、関係が改善へと向かうこともないまま、結局自然消滅してしまったことがありました。

相手の男性が強めの口調で言葉を言ってきた時ほど、恐怖のあまり思わず涙が零れ落ちてしまいそうになるかもしれませんが、解決へと図る為にも涙だけは絶対に見せてはいけないということを覚えておきましょう。

怒りに身を任せないことが大事

ここまでケンカへと発展しそうになった時に抑えておきたい4つのことについて紹介してきましたが、お互いに感情が高ぶっている時ほど、冷静な判断を下すことができず状況を悪くさせてしまうことになるだけですので、怒りに身を任せないことが何よりも大切だということを覚えておきましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP