交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|SNS中毒の女性と上手に付き合っていく方法とは?

SNS中毒の女性と上手に付き合っていく方法とは?

今や現代病と呼ばれているSNS中毒。
特に女性の方が陥りやすい中毒症ですが、いつもSNSをチェックしていないと気が済まないというもので、ひどい人の中には日常生活に支障が出てしまうほどのめり込んでしまう人もいます。
SNSをチェックできないことが気になって仕事が手につかなかったり、自分の手から携帯が離れてしまうととにかく不安になるとか、食事の時間、中にはトイレに入る時まで携帯を握りしめて行動しなければ気が済まないという人さえいます。
男性がゲーム依存症になるのと同じような感じなのかもしれませんが、SNSには相手が存在しますから、少し感覚が違うでしょう。
自分がSNSにあげた写真にいいねがついていると嬉しくなってしまい、次から次に投稿して気がつけばいつも携帯を覗き込んでいるという状況になっている人はいないでしょうか。
よく見てみるとあなたの周りにも多いのではないでしょうか。
もし自分の恋人や妻がSNS中毒になっていたとしたら、どんなふうに上手に付き合っていけば良いのでしょうか。
見ているとイライラしたり、注意したくなると言う男性も多いことと思いますが、どうしたら事を荒立てずにそんな女性達と一緒に過ごすことができるのでしょうか。
ではここから、SNS中毒の女性と上手に付き合っていく方法について具体的にご紹介したいと思います。
交際クラブ・デートクラブの会員の皆様も是非参考にしてみてください。

SNS中毒であることを自覚してもらう

スマホをいじる女性

SNS中毒になっている女性は、自分がSNS中毒だということを自覚していない場合がほとんどです。
自分はそんなに携帯ばかり見ていないし、たまにSNSをチェックしているだけでのめり込んでなどいないと考えるのです。
その割には、自分の身近でSNS中毒になっていそうな女性を見ると、あの人はSNSにのめり込んでいると客観的に見ることができます。
でも自分のこととなるとそんな客観的に捉えることはできません。
ですから、人からSNS中毒なのではないかと指摘されても、自分は違うと否定するのは当然です。
彼女たちに自分が中毒であるということを自覚してもらうためには、SNSチェックを行っている時にそのことを指摘するという方法です。
1日に1回や2回のチェックでは中毒とは言いませんが、1日に何十回、もしくは何分かに一回チェックしているのであればそれは中毒というか依存症のような状態になっているのでしょう。
その都度何回も何回も注意されれば、さすがに彼女たちも自分が中毒になっているのだろうかと考えるようになります。
指摘してもそれを聞かないのであればどうしようもありませんが、好きな人からまたチェックしてるよと言われれば反応するのは普通でしょう。
自分が無意識に携帯をチェックしているということがなんとなく分かれば、意識的にチェックの回数を減らすように彼女たちなりに改善することができるでしょう。

パートナーの気持ちを伝える

手をにぎる男女

SNS中毒であることを指摘するというのはとても難しいことです。
指摘されたことに気分を害す女性もいますし、中には逆ギレする女性もいます。
あなただっていつも携帯見てるじゃないとか、ただちょっと見てるだけなのに依存症みたいに言わないで、など怒らせてしまって喧嘩の発端になってしまうこともあるでしょう。
ですから一番良い方法としては、彼女がSNSに夢中になりすぎていることによってパートナーである自分がどんな気持ちがするかということを伝える方法です。
これは相手の行動を責めるのではなく、パートナーが自分の気持ちを述べるという方法なので、言われた側も責められていると感じることなく、申し訳なかったという気持ちになりやすいというメリットがあります。
彼女がSNSばかり気にしていると、自分は蚊帳の外に追いやられたような気がするとか、寂しい思いをしているとか、依存症になってしまっているように見えるので自分は心配しているとか、デートをしている時や二人でいる時にはSNSに夢中になるのではなく自分のことを見て欲しいと思っている、もっとたくさん会話したいと思っている、というような気持ちを穏やかに切実に伝えてみるのはどうでしょうか。
こんな風に言われて逆ギレする彼女はなかなかいないでしょう。
この言い方をしても怒ったり逆ギレする彼女であれば、性格的にも問題がありこれからも付き合っていることは難しいかもしれません。
自分の悪いところを受け入れず、改善する気がないということですから他に何かトラブルがあったとしても同じように反応して、パートナーの気持ちを考えないということだからです。
パートナーが自分の気持ちを伝えてそれをきちんと受け止める彼女であれば、SNS中毒も改善することができるでしょうし、パートナーである男性もそれを助けてあげることができるでしょう。

まとめ

ここまでで、SNS中毒の女性と上手に付き合っていく方法について二つの点をご紹介しました。
彼女がSNS中毒であることを自分で自覚してもらうと言うこと、もう一つはパートナーはどんな風に感じているかという気持ちを伝えてみるという方法です。
恋人に何かを指摘しなければならない時には穏やかに話すことが必要です。
話す内容がたいしたことではなくても言い方や言葉遣い、態度によって相手がそのことを受け入れやすいか受け入れにくいかが決まってしまうからです。
是非穏やかに話し合って、気持ちをわかってもらうようにしましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP