交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|女性が本能的に「一度は誘いをお断りしておこう」と感じる口説き方

女性が本能的に「一度は誘いをお断りしておこう」と感じる口説き方

男性の皆さんは気になる女性を口説きたいときにどのような誘い文句を使っていますか?
女性は非常にデリケートな存在ですから、最初の切り出し方や第一印象などもとても重要で、その後の発展の有無を大きく左右することもあります。
女性から「誰にでも同じような振る舞いをしているのでは?」とカン違いされてしまっては、誘いを断られる理由にもなってしまいます。悪い印象を与えてしまっては男性側としても非常に不本意であるはずです。
女性の方も、相手の男性をいいなと思っていても、軽い女だと思われたくなかったり、防衛本能が働いたり、また、男性の本気度を確認するため敢えて避けるといった小難しい行動をしてくることも少なくありません。
特にあまり深く考えずに軽い気持ちで女性をお誘いした男性からすれば、女性のこういった態度にショックを受けるかもしれません。
そこで今回は、女性が「一度はとりあえず断っておいたほうが無難だな」と思いそうな男性からの誘い文句の法則やパターンを調べてみましたので、参考にして頂けたら幸いです。

二人きりでディナーもしくは飲みに誘う

夜の街路樹

気になる女性に対して、いきなり夜の二人きりのデートに誘うのはあまり賢明とは言えません。
初めて二人きりで遊ぶわけですから、女性もどのようなスタンスで臨むべきか迷ってしまいます。
また相手の男性に対して、あわよくば体の関係を狙っているのでは?という疑いすら持たれてしまう恐れもありますので、軽はずみに誘えば誘うほど相手からの印象は悪くなってしまいがちです。
真剣に仲を深めたいと思うのであれば、ノンアルコールは当然としてランチデートなど日中の明るい時間帯で、より女性目線で安全性を考慮した内容でお誘いをかけるようにしたほうが相手の女性も誘いに乗ってくれやすいです。
仕事やプライベートで昼間の時間が取りにくいという方でしたら、ディナーでもいいのですが、二人きりではなく複数人のグループで食事会を開き、そこに誘ってみるというほうが無難です。
意中の女性が仲の良い友達を一緒に誘ってあげると更に安心感をもってもらいやすいです。
女性側としても、お酒の勢いなどで心理的に体の関係に持ち込まれたくないという防衛心理も働きますし、例え女性側が好意を寄せている場合でも軽い女だと思われたくないという気持ちも働くため、安心できる状況をつくってあげるようにしましょう。そうすることで誘いの成功率があがるということを覚えておくといいのではと思います。

SNSの友達申請やLINEなどの連絡先交換のタイミング

上記でご紹介したように、ランチデートやグループでの飲み会へ意中の女性を誘い出すことができたら、そのタイミングで連絡先の交換をお願いしてみるとよいでしょう。
日程の調整や集まる場所の情報など連絡先を交換しておかないと相手にお知らせすることができません。
そういった理由ができたら連絡先を聞き出すことも自然な流れの中で行えるので、タイミングとしても絶好の機会となるわけです。
ランチデートやグループでの飲み会などの承諾を得ないまま、先に連絡先の交換を求めると最初は断られてしまう可能性も高いので、まずはその理由を作ることが最優先であると心得ましょう。
この際も相手の女性が無理なくコンタクトが取りやすい方を選択してもらうほうが望ましいかと思います。
もっと親密になることができれば、いずれは直接の連絡先交換にも応じてくれるはずなので、焦らずその機会を待ちましょう。
間違っても先行してしつこく聞き出そうとする行為だけは絶対に避けなくてはいけません。
最初は必ず相手への警戒心があるため、できるだけハードルをさげたお願いをしておいたほうが無難です。

デートなどに誘うため都合のよい日程を聞き出す行為

ふたりで乾杯

グループ交際や連絡先の交換もうまくいったとしたら、次の段階としてはいよいよ二人きりでディナーや飲み会など夜のデートに誘いたいところですよね。
この時点ではすでにお互いの気持ちもある程度打ち明けているでしょうし、気軽に連絡を取り合うことができる関係性であれば、自然な流れで夜デートにもお誘いしやすくなっているでしょう。
しかしここが女性の難しいところ・・・この時点でもまだ誘いに敢えて乗ってくれない可能性があります。
やはり防衛的な本能といいますか、まだ軽い女だと思われたくないということからあえて誘いを断ってくる女性もいます。
その際、相手の言う「この日は都合が悪い」は鵜呑みにしないことです。
これは相手を傷つけないように言う一種の断り文句であり、まだ早いといっているのと同じと捉えておきましょう。
その後追随するかのように他の候補日を問いただしても具体的な日程候補は女性も出さないと思いますので、その際は一旦引きましょう。
もし相手が誘い自体OKでしたら、自分からこの日ならOKという候補日を提示してくれるはずなので、それまでは焦らず無理に追わないようにしましょう。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?
交際クラブ・デートクラブではどうなの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。
交際クラブ・デートクラブは、男性と女性の最初の出会いをサポートするのがサービス内容となります。風俗と勘違いされている方には向きません。
こういった交際クラブ・デートクラブに登録されている女性の中には、上記に出てくるような警戒心の強い女性もいます。お互いのフィーリングをとても大切にしている普通の女性なんですね。そんな女性には、警戒心を持たれないよう慎重にかつ温かく接していきましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP