交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|敬語を使う男性の心理とは?

敬語を使う男性の心理とは?

交際クラブ・デートクラブで出会った男性との距離を縮める上で敬語で話すのかタメ口で話すのかは意外と重要なことです。

男性と距離を縮めたいのにいつまでも敬語を使われるという女性もいるのではないでしょうか。

男性の方が年上と分かっていても敬語を使ってくる男性はいるものです。

そこで今回はずっと敬語を使ってくる男性の心理について紹介します。

敬う気持ちがある

こちらを見つめる男性

相手を敬う気持ちがあるゆえに敬語を使い続けているというパターンです。

敬語とは文字通り敬う言葉です。

どんな相手にでも敬語を使ってしまう男性は女性と親しくなっても使い続けるということがあるのでしょう。

特に男性は女性の皆平等という社会ではなく、縦社会を生きています。

どんな相手にも敬意を表するということば染み付いている為、女性よりも敬語で話してしまう機会が多いのです。

好意があるかもしれませんし、無いかもしれません。

どちらにせよ好きな男性と距離を縮めたいのであれば、女性側から積極的にコミュニケーションをとる必要があるでしょう。

そうすることでフランクな口調になっていき、交際にまで発展するという可能性もあります。

育ってきた環境が厳しい

育ってきた環境が厳しいという場合も敬語を使い続けることがあります。

育ってきた環境が厳しいということは、親からも敬語のしつけを受けている可能性があります。その為、立場が下の人に対しても礼儀正しく敬語を使い続けるということがあるでしょう。

育ってきた環境というのは性格に大きく影響しますし、好きな男性が自由な環境で育ってきた場合は、敬語で話すのが苦手ということもあります。

また、家庭環境だけでなくスポーツ系の部活などに励んでいた男性も敬語になる傾向にあるでしょう。

警戒心が強い

警戒心が強い場合も敬語と使い続けるということがあります。

警戒心が強いと聞くと女性のイメージがあるかもしれませんが、意外と交際クラブ・デートクラブの男性にも当てはまることなのです。

敬語を使うとプライベートな質問をされにくくなりますし、距離を縮めにくくなるわけです。警戒心が強い男性はこのように敬語を使うことで、相手と一定の距離感を保とうとしています。

そして警戒心が強いがゆえに敬語を使われているということは、まだまだ女性との関係性が進んでいないともいえるわけです

女性からデートに誘うなどのアピールをするにしても、まずは男性の警戒心をなくすことが重要になるでしょう。

無理にアピールをしても逆効果になりますし、交際に発展することはありません。

少しずつ打ち解けて、信頼関係を築くしかないでしょう。

このような男性は自分から話そうとはしないので、女性側から自分のことを話していくことがアピールになります。

好意を抱いていない

好意を抱いていない場合も敬語を使い続けることになるでしょう。

この心理も敬語を使うことで、相手と一定の距離を保とうとしています。

警戒心が強い心理と違うのは、女性に対して好意を抱いていないということです。

あえて敬語を使うことで、「私はあなたに興味がないですよ」とアピールしているわけです。

好きな男性に敬語を使われるし、私に興味がなさそうという場合は、好意を抱いていない可能性が高く、デートに誘うなどのアピールをしても交際に発展することは難しいといえます。

ただし、あなたのことが好きで意識しすぎる故に敬語を使っているという可能性もあります。

誠実さをアピール

敬語を使い続けることで、誠実さをアピールするという心理を持っている男性もいるものです。

交際クラブ・デートクラブは特に、ステイタスの高い男性が多いので、いきなりタメ口で話すと馴れ馴れしいと思われるからです。

初対面においていきなりタメ口で話すよりも敬語で話す方がイメージがアップするわけです。

相手に自分のイメージをアップさせてデートや交際に発展させようと考えている男性もいることでしょう。

女性との関係性を深める為の一つの作戦ともいえます。

切り替えるタイミングを失った

会話する男女

意外と多いのが敬語からタメ口に切り替えるタイミングを失ったということです。

今まで敬語で話していたのが当たり前だったのに、いきなりタメ口に切り替えるのはどうなのか?という不安な気持ちが隠れています。

下手にタメ口に切り替えて変に思われるよりも気楽という心理もあります。

敬語で話していて、相手の女性が年下と分かったとしてもタメ口に切り替えるのは難しいものです。

好きな男性と仲良くなりたいのであれば、こちらからタメ口にするという方法もあります。

女性が敬語を使っていると男性も敬語で話してしまいがちになります。

仲良くなりたいのにいつまでも敬語だと距離感を縮めることができません。

男性が「この女性とは敬語で話さなくてもいいんだ」と思うように女性から仕掛けていきましょう。


いかがでしたか?

敬語を使い続ける男性の心理には様々なものがあります。

好きな男性と仲良くなりたいのであれば、なぜ敬語を使い続けるのかを把握することが必要でしょう。

入会仮申込み・お問合せ