交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|今がチャンス!告白されたい女性のサインはコレ!

今がチャンス!告白されたい女性のサインはコレ!

近年、草食系男子と呼ばれる類の男性が増えてきているといわれています。その一方で女性は肉食の方が増えているとも言われています。草食系男子とは、自分から積極的にアプローチしない男性のことを指し、肉食系女子とはその逆でぐいぐいアプローチする女性を肉食系女子と呼んでいます。そのため、肉食系女子が男性に告白する、というケースも目立ってきています。
ただ、それでもこれはごく一部です。もちろん草食系男子が増えており、男性が自分からは告白しなくなっていきているのは事実です。ですが、肉食系女子だからといって自分から告白したいわけではないのです。肉食系であろうと、草食系であろうと、女性は今も“男性から告白されたい”という思いを抱いています。

女性のささやき

出会ってから、何度かデートを重ねて親密になってくると、女性も本気でお付き合いしたい、彼女になりたいと思うようになります。また、そこまでは本気で好きになっていなくても、告白されたら付き合ってもいいかな、と思う段階もあります。
ただ、自分からは告白できない、するほどではない段階なので、男性からの告白を待っています。当然、そのタイミングで男性が告白すれば、ほぼ間違いなくお付き合いはスタートすることでしょう。ただ、そのタイミングがわからないと、いつまでたっても告白せずにだらだらと中途半端な関係が続いてしまいます。
親密になってきていると思っているのに、男性がなかなか告白してこない、となると、女性は『もしかして私とは付き合いたくないのかも』とか『ただの遊び友達という感覚なのかな』と思ってしまいます。特に20代後半くらいになった女性は徐々に結婚も意識し始めますから、見込みのない男性からは思い切って離れていくケースもあります。特に、告白されたら付き合ってもいいかな、と思っている段階だと、気持ちも離れてしまうこともあるでしょう。

女性はお付き合いしてもいいかな、と思い始めた頃には、“告白されたいサイン”を出すことがあります。そのサインを見逃さなければ、高い確率でお付き合いできます。ただ、女性によっては、誰にでも似たようなサインを出すことがあり、誤解して告白してしまう男性もいます。
ですので、誰にでもやる行動と、そうではない“告白されたいサイン”をしっかりと見極める必要があります。

まず、勘違いしがちなサインにはボディタッチがあります。ボディタッチは好きな証拠、と言われますが、決してそうとは言い切れません。今の女性は気軽にボディタッチしてきます。確かに、嫌いな人、生理的に受け付けない人には絶対にボディタッチはしません。というか、デートもOKしないでしょうから、デートをOKしている段階でボディタッチを許した男性ではあるのです。
そのボディタッチにも部位によって異なります。もし肩をポンポン、と叩いたり、肩もみをしてきたり、腕をツンツン、背中をポンポンなんてボディタッチなら、まだまだ告白は尚早です。これは嫌いではない男性に対してはよくやるボディタッチだからです。また、顔などへのボディータッチなら、多少脈ありかも知れませんが、これも人によっては何気なくやってしまうこともあります。
いろいろな女性がいるので決定的とは言えませんが、“告白されたいサイン”の可能性が高いのが、腕を組んできたり、手を握ってきた時です。ただ、これも時と場合によっては勘違いになります。例えば、飲み会などで夜にお酒を飲んで酔った状態だと、あまり信用できません。ですが、これが昼間のデートで周囲からの視線がある時なら、おそらく“告白されたいサイン”でしょう。特に腕をからめて顔を埋めてきたり、手を握る場合に指をからめてきたら、告白したら成功するでしょう。

手を引っ張る女性

その他の“告白されたいサイン”は、デート中、常に笑顔でいる場合です。そんなことで?と思うかもしれませんが、好きな人と一緒にいることだけで女性はとても嬉しいもので、それだけで自然と笑顔になります。逆に、まだ親密になっていない状態では、どこか上の空だったり、いろいろと考え事をしたりすることも多いので、楽しい話をして盛り上がっている時は笑顔でも、そうでない時は笑顔が消えていたりします。
逆に、ずっと笑顔でいることが多かったのに、知らない間に笑顔が曇ってきていたりすると、告白のタイミングを逸してしまったかもしれません。

そして“告白されたいサイン”としては、デートの最中、もしくはデートの帰り、「今度のデートはあそこにいきたい」、「いつかここに行ってみようよ」と次回以降のデートを誘ってくる場合です。好きな男性なら、またデートをしたいと思うものです。逆に、そこまで親密になっていなければ、誘われればデートにも行ってもいいかな、程度ですから、自ら行きたい先を伝えることもしないでしょう。
おそらく、次のデートで告白すれば間違いないでしょうし、もうそのタイミングで告白してもいいでしょう。その話の勢いで「行こうよ。○○ちゃんと一緒だと楽しいし、嬉しいから。これからいろんなところに一緒に行こう。好きです。付き合って下さい」的な感じで言えばOKされる可能性が高いでしょう。

ただ、あくまでこれは可能性が高いというだけで100%“告白されたいサイン”とは言いきれません。ですが、ここを逃したら告白のタイミングはないですし、これ以上のサインはないでしょうから、タイミングとしては間違いないでしょう。交際クラブ・デートクラブの会員の皆さんも参考にしてみてください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP