交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|カルチャーショックを痛感!外国人カップルならではのあるあるネタ

カルチャーショックを痛感!外国人カップルならではのあるあるネタ

学校や職場、趣味の場など普段の生活において、あらゆるシチュエーションで外国人の方と触れ合う機会も以前に比べて多くなったと思いませんか?
国際社会という観点からも、日本国内に移住して生活されている諸外国の方々も近年ではたくさんいらっしゃいます。
日本のトレンドやカルチャーに感銘を受け、移り住みたいと興味や関心を抱いている方も多いので、これからますます国際化は進んでいくのではないでしょうか。交際クラブ・デートクラブでも男性、女性を問わず外国人が増えて来ております。
そんな中で、恋愛関係においてもまわりで外国人の方とお付き合いをしている、あるいは国際結婚をしたという方も少なくないのではないかと思います。
外国人同士でお付き合いするということを考えた際に、日本人同士の恋人とは違った関係性というのが見えてきますね。
様々な障害や壁を乗り越えたカップルだというイメージもありますし、国籍の違いは文化や言葉の違いも当然でてきます。
ましてや国際結婚となると、当人のみならず家族間での障害もたくさん出てくることでしょう。
そんな外国人カップルたちならではの苦悩やあるあるネタにはどんなことがあるのかリサーチして、今回まとめてみました。

お互いの言語や文化を学びあえる

女性を笑顔にする男性

違う国籍の男女同士ということで、言葉や文化の違いは当然ありうることです。
お互いの祖国のことをよく理解しあうためにも表現方法や、異文化をお互いに知り合うことで、より深い関係性を構築することができます。
日本人同士のカップルではなかなかこういった経験はできませんし、国際的な勉強もできてお得な感じもありますね。
仕事や趣味でグローバルに活躍したいと考えている人にとっては、自然と異文化交流によって語学やカルチャーを勉強できるので、人としてのステータスやスキルをみがけるというメリットは大きいかと思います。
反対に言葉や文化の違いにより、最初のうちは戸惑うことや気持ちがすれ違ってしまうことも多々あると思います。
関係性としてうまくいっている国際カップルはそういった壁を乗り越えてきているという風にも捉えられます。

ストレートな愛情表現を体感できる

日本人は欧米人に比べ、自分の気持ちをストレートに表現したり、しっかりとした言葉や態度で愛情表現をしたりすることが苦手な方が多いです。
特に男性はシャイな人が多く、「愛している」とか「好きだ」といったようなストレートな愛情表現が抵抗なくできるという方は少ないのではないでしょうか?それは、交際クラブ・デートクラブの男性も一緒です。
その反面、女性はそういった表現を好む方が多く、そのため諸外国人からのもうれつなアプローチに心を奪われてお付き合いを始めたという女性も少なくありません。
しかしこの表現の具合について、日本人と外国人とでは使い方の特徴にかなりの違いがあるようです。
例えば好意を寄せてくれている外国人があなたに対して好きだよと言ってくれたとしても、真剣に交際する恋人になってほしいという意味合いでの好きとは限らない場合があるそうです。
その真意を確認するために自分はあなたにとっては恋人だよね?と確認すると、外国人の相手からすると「少し重たい」と感じられる可能性もあるようです。
諸外国の方にとっては軽い感覚で日常的な会話の中にも好きとか愛しているという言葉を多用するお国柄の方もいるので、そこを勘違いしてしまう日本人は多いみたいですね。
日本人だと軽い気持ちでそういった表現を口にしたり、体現したりする方はあまり少ないので無理もないでしょう。

金銭感覚の違いに戸惑う

お金の使い方や考え方という観点からすると日本人と欧米人の感覚はかなり違うようです。
交際したり結婚したりする際にもこの金銭感覚的なずれに困惑しているカップルが多いようです。
慣れてしまえばどちらかのペースに合わせるなどで解決できる項目ではあるかと思いますが、馴染むまでの間は色々と気苦労をしたという文献も多々ありました。
日本人は基本的に貯蓄を好むようで、その考え方は世界的規模でみても特筆すべき考え方だそうです。
将来のことや不安を払拭するために貯金をしておくという考え方は日本人としては当たり前の考え方ですが、欧米の方は基本的なスタイルとしては先行投資という考え方がほとんど。
将来のことを気にするというよりは、今が充実できることを望む方が多いようですね。
貯金する文化もあまりなく、あればあるだけ贅沢にお金を使ってしまうというお国柄の方も少なくないので、金銭感覚のずれによりもめてしまう外国人カップルは多いと聞きます。
国際結婚も将来的に考えるのであれば、そういったルールもしっかり考えたうえでお付き合いをしていかないといけませんね。
日本に住むのか、社会保障が充実している外国で住むのか、その時の環境によってもことなりますが・・・。

まとめ

食事をする男性と女性

今回は外国人カップルに関するあるあるネタについてリサーチしてみました。
異文化交流や言語を学びあえたりとグローバルな慣性を養えるメリットがある反面、お互いの考え方の違いや金銭感覚など、生活面や将来にむけての準備に関してリスクマネージメントをしなければいけないというデメリットもあり、大変そうだなと改めて感じさせられました。交際クラブ・デートクラブで初めて外国人のかたとお付き合いする人もいると思います。本記事を読んでしっかりと予習をしておきましょう。

入会仮申込み・お問合せ