交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|ビジネス恋愛あるある、お得意先の女性に一目惚れした場合の対応

ビジネス恋愛あるある、お得意先の女性に一目惚れした場合の対応

男女の恋愛感情において、一目ぼれという感覚はごく自然なことがらですね。
きっかけは様々で、合コンや飲み会など恋人を探している目的で出会う男女におこるシチュエーションもあれば、職場や取引先などビジネスシーンでしか出会わない男女がひかれあってしまうケースもあります。
遊びやプライベートならまだしも、仕事やビジネスシーンにおいてそこで同じフィールド上に立つ者同士で恋愛感情をもつころは不適切だと考える方もいるかもしれません。
そのような感情をもっていたことがばれた時や、すでに交際など具体的に関係が発展してしまっていたりすると、場合によっては会社や上司から、仕事に集中できていないと受け取られる可能性だってあるかもしれません。
暗黙の了解ですが同じ業界内でビジネスシーンにおいては恋愛などの私情を挟んでほしくないという意見が多いのは事実です。
しかし男女ともにひとりの人間として考えると、例えビジネスシーンにおいても恋愛感情をある特定の異性にむけることだってごく自然なことなのです。
職場関係や取引先の方など、仕事上でまわりの人達に極力迷惑がかからないようにひっそりとオフィスラブや社外恋愛関係をうまく発展させたいと願っている社会人の皆さんが、一目ぼれしてしまった相手方にどのようにアプローチを仕掛けるのが適切なのでしょうか?今回はそういったシチュエーション時に学びたい対応方法について考えてみたいと思います。交際クラブ・デートクラブに登録している男性もぜひ参考にしてみてください。

まずは軽く名刺交換

握手するビジネスマン

ビジネスシーンにおけるマナーとして、はじめましての際はやはり名刺交換をするべきでしょう。
名刺交換の利点としては、仕事の名目上で連絡先を交換できるということです。
実際名刺に記載されている連絡先は会社でつかっているPCメールや、職場での支給品として使用している携帯電話であったりするので、プライベートな連絡先交換はまだ先の話ですが・・・
他にも利点はあり、例えばその方の名前や会社上でのポジションなど、パーソナルな部分もある程度垣間見えるということが考えられます。
もしあなたが会社でそこそこの役職を担っていたなら、気になる女性に対してこの人は重役を任されている人なんだとしれっと自慢できることにもなります。
もちろん相手方の女性からすると受け取り方次第なのですが・・・
それでも相手からの見かたは名刺交換前に比べると少し変わってくるはずです。
会社経緯での連絡先であっても、仕事がらみの相談や何気ない質問など徐々にコミュニケーションをとる準備はこれでできるという状況になりますね。交際クラブ・デートクラブに登録している男性なら、名刺交換は日常茶飯事だと思うので、既に実践しているかもしれませんね。

業務上でいいので会う機会を増やす努力をする

はじめてのご挨拶から名刺交換をすませたあとは、今度は頻繁に意中の女性と会う回数を増やせるよう努めてみましょう。
最初はそっけない●●さん扱いだったあなたの存在が、次第に相手女性の中でも大きくなっていくかもしれません。
仕事上で会うわけですから、何かしらの口実は作っていかなければいけませんね。
例えばあなたが好きになったひとが得意先の職場に勤めている方で、基本的に出勤中はオフィスやお店などに常駐しているとします。
あなたは納品の仕事がてら、関係ない部署でも構わないので少しだけ挨拶でもしにいってみるといいでしょう。
目的や用事がなくても、ちょっと顔を出しに来たという程度で充分です。
とにかく彼女がいる場所に自分が赴ける理由づけをなんとか作って行動してみてください。
いつも顔出しして挨拶にくる気さくな●●会社の●●さん、という風にさわやかな良い印象を与えることができるかもしれませんよ。

顔なじみになってきたらいよいよお誘いしてみる

バラを渡す男性

何度か仕事上でもいいので顔を合わせる機会も設けて、気さくに話しかけられるような間柄になれたら、いよいよ次のステップへとつないでいきましょう。
仕事のことでなくプライベートな部分を引き出すような会話をもちかけてみます。
この際、意中の彼女に対して恋愛に関する情報をできるだけ事前に聞き出せると良いです。
今回はうまくいくケースを考慮して、現時点では意中の彼女には恋人がいないものと仮定しますね。
まずはプライベートでお互いの時間を共有し、もっとお近づきになるネタを考えなくてはいけません。
例えば取引先の他の方にも数人協力いただき、自分の会社の同僚なども誘ってプライベートの飲み会やランチ会など親睦を深められるようなイベントを開催しましょう。
そこでもあなたの評価が問われることがあります。
イベント開催に関してあなたは主催者、つまりは開催にいたってスムーズに段取りの手配ができるかどうかも彼女に観られているわけです。
もしそのイベントが楽しい時間になり、2回目以降の開催も期待されるような良い会合となった場合、すべて段取りを手配したあなたの手柄となるわけです。
頼りがいのある男性としての一面を垣間見せることができ、彼女にもアピールできるというわけです。
プライベートな会合を重ねることができれば、個人の連絡先などを交換できる機会もぐんと増えるわけですから、さらに意中の女性との親睦を深めるチャンスが到来します。
道のりは長く険しいかもしれませんが、誠実に真摯な行動や振る舞いと心掛けて、徐々に相手の心をひらかせていくことが成功の秘訣となるかもしれません。
今回紹介した方法は、ほんの一例にすぎませんが、交際クラブ・デートクラブに登録している男性はぜひ参考にしていただければと思います。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP