交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|夏の定番、ビーチで男女の出会い!気軽に女性を誘うポイント

夏の定番、ビーチで男女の出会い!気軽に女性を誘うポイント

夏に男女が出会いの場として盛り上がる場所といえば、やっぱりビーチが定番ですよね。
夏の暑さから心も開放的になっており、ビーチというロケーションもあいまって男女で気軽にコミュニケーションをとりやすくなるのではないかと思います。
普段街中で女性に声をかけたりナンパしている男性にとってはこの上ない、絶好のロケーションともいえます。
開放的になっているビーチでの女性にはアプローチがしやすく、ポイントをしぼってせめていけばナンパの成功率も上がりやすいと言われています。
そこで今回はそんな夏のビーチでの男女の出会いのきっかけとなる可能性から、女性へ気軽に声をかけるためのテクニックやポイントなどを調べてみましたのでいくつかご紹介してみたいと思います。
これから女性との出会いを求めてビーチに出かける予定がある男性たちは参考にしてみてくださいね。

まずは海水浴場選びから

夏のドライブ

全国各地で海水浴場はたくさんありますが、その中でも場所によって海水浴に訪れる客層が異なります。
遠浅だったり比較的に人が少なく穴場っぽいビーチだと小さなお子さんがいる家族連れなどのファミリー層が多いので、なかなか若い女性にめぐりあいにくいです。
反対に、話題のビーチや、飲食店や温泉スパなど近隣の施設が充実している場所や、ロケーションや景観がリゾートっぽいビーチ、また水質のきれいな海水浴場などは比較的若い女性が多く訪れやすいので、そういった場所をまずは選んで訪れるようにしましょう。
事前に女性たちの間で話題になっている場所などは、SNSやインターネットからも情報収集できたりしますので、下調べをしていくほうがナンパの成功率も当然ながらあがります。

女性と仲良くなるためのツールを準備

見た目や体型、ルックスなどに自信がある男性でしたら、体ひとつで勝負してみるというのもありかもしれませんが、ビーチでのナンパ成功例を色々と調べてみると、かっこいい男性よりも面白い男性や、女性をもてなし楽しませる行為をする男性のほうが成功している事例が多く見受けられます。
例えば、ただ単に声をかけて話しかけるだけでなく女性も一緒に楽しめるようなちょっとしたイベントをビーチ内でしかけていくような行為です。
一番多かったのがビーチバレーに誘って女性をナンパする方法です。
男性陣のほうで事前にビーチボールも用意しておき、一緒にバレーをして遊ぼうを誘います。
この際、女性のターゲットとして狙うのは、2~3人組の女性が理想的で、暇を持て余しているような状況になっていたら、よりナンパの成功率もあがるそうです。
こちらも2~3人組の男性でいくようにし、グループになって一緒にビーチバレーを楽しむことで仲良くなりやすくなります。

またビーチでのバーベキューに誘ってみるというのも定番ですね。
これも事前に道具や食材などは男性側であらかじめ用意しておいて、男だけじゃ寂しいから一緒に食べない?と気軽な感じで誘ってみると成功しやすいそうです。
事前の準備や予算的なもの、あるいは食べることに関しては開始する時間帯なども合わせてポイントになりますので、タイミングを逃さないように誘わなくてはいけません。
他にはタープやサンシェードなど、炎天下のビーチにおいて日よけ効果が望める道具を準備しておくのも一つの手です。
女性の多くは日焼けしたくない、でも海で遊びたいという方が多いです。
そのくせ荷物になるし、お金もかかるからということで、あまりそういった道具の準備に関しては用意できない傾向も多いため、日焼け止めを頑張って塗りながら炎天下でも日よけなしでひたすら耐えていたり、レジャーシートやタオルなどの軽装的な道具しか持ってきてないという女性がほとんどなので、日よけ対策ができる道具を用意しておけば、少し休んでいく?と結構喜ばれるそうなので、準備しておくとそれらを理由に気軽に声をかけやすくなりますので、おすすめです。

ナンパにおいて意識しておくことのポイント

夏の風景

男性から女性に対してビーチでのナンパをする際にはいくつか心掛けておくべきポイントがあります。
まずは下心をむき出しにしないようにすること。
当然といえば当然なのですが、遊び目的だったり体目当ての印象が全面に出てしまうとかなり女性からは警戒され、まず間違いなくナンパは成功しません。
もっとも大事なのは女性の警戒心を解くように接することです。
この人達だったら安心してついていけると確信できるような所作を必ずこころがけましょう。
ナンパは基本的にダメで元々ですから、断られること前提くらいの軽いスタンスで気軽にゆとりをもって声をかけてみる!くらいのラフな意気込みのほうがかえって女性からの印象もよく映るのではないかと思います。

入会仮申込み・お問合せ