交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|女性を口説きたいなら時間を区切るのがコツ

女性を口説きたいなら時間を区切るのがコツ

初めて出会う素敵な女性を目の前にしたら、ほとんどの男性が、その女性とこのチャンスを逃したくないと思うことでしょう。
せめて連絡先の交換、上手くいって次のデートの約束までこぎつけられたら上出来ですよね。
ここで数々の恋愛、多くの女性と接している方なら、今、この時に欲張ってしまうと上手くいかないことが多いということをよく知っていると思います。
だからといってあっさり引き下がるには惜しすぎるシチュエーション、つい饒舌になってしまうのが男の性というものでしょう。
たくさん話して、女性を楽しませて連絡先を聞いたのに、次に繋がらない。
もしかしたら饒舌な男性はそういうことが多いかも知れませんが、それではせっかくのトークも水の泡、そんなことにはならないようにしたいものです。

拒絶する女性

そこで発想を変えて、女性側の心理から上手な口説き方を考えてみましょう。
多くの女性は、初めて会う男性に対して厚く、高い、心のガード、警戒心を持っています。
愛想のいい女性だからといって油断してはいけません。
社交性があるから、人当たりが良いからといってもガードはちゃんと持っています。

例えば女子会、女子トークだと同じ店で延々と、一晩中でもできるくらい、女性は話すこと自体は大好きです。
この場合は心のガードがとても低い状態なので、疲れることなく、楽しくたくさん話すことができるのです。
お付き合いが始まる前くらいの段階にある男女も、そうですよね。
一方で、初めて会う男性と長時間話していると、それがそれなりに楽しいトークだとしても、女性はガードしながら話を聞き、話に応じているのですから、当然ながらとても疲れます。
話をしていて疲れる男性と、もう一度会いたい、デートしたいと思うでしょうか。
答えはもちろん、ノーです。

では、どうすれば良いかというと、男性側からタイムリミットを設けるのです。
一昔前のドラマや映画だと、男性がバーで「1杯だけ、付き合ってよ」ってありますよね、アレです。
「このあと用事があるから30分だけ」
「明日仕事で早いから1時間だけ」
こんな風に最初に言ってあげると女性のガードは少し下がります。
30分だけならいいか、という気持ちもありますし、このあと無理にお酒を勧められるようなことも、部屋やホテルに誘われる心配もないのです。

そしてこの状態から、女性の興味を引き出しつつ、聞き役になるのです。
もっと言えば、女性から話を聞き出して、興味のありそうな話題を振って、また聞く。
男性側が提供する情報は「中途半端なところで終わる」のが理想です。
ワインの話、美味しいレストランの話、2週間後にあるイベントの話、全てを語ってはいけません。
そんなことをすれば時間はあっという間になくなりますし、男性の話だけで終わります。
そして、時間が来たら盛り上がってきたタイミングで「じゃあ、そろそろ」と切り上げましょう。
本当に時間通り、切り上げる、これがポイントです。
ここまでが上手くハマっていれば、女性の心理は「もうちょっと話したい、聞きたいな」となっているはずです。
さらに副次的な効果として「私にあんまり興味なかったのかな」という不安や、「モテや仕事で忙しいのかな」という想像が働きます。
ここで「また会いたいんだけど、連絡先交換しない?」と言えばまず、たやすく交換できるはずです。
なぜなら女性にとって、もうちょっと話したいという気持ちに「共感」してくれ、私に興味がないのかもという「不安を解消」してくれる男性だからです。
その上あちこちに必要とされる忙しく人気者の男性ともなれば「ぜひ……!」という心理でしょう。
さらにトークの中から彼女の興味を拾うことができていれば「再来週辺り空いてる時間あったら、さっき話した立ち飲み、行ってみない?」こんな風に次のデートの約束にも繋げられるでしょう。

こちらを見る女性

ここまで上手くいくには当然、短い時間で女性の興味を引き出すトークスキルはある程度、必要です。
例えば褒めたり、笑わせたり、相手のサインを見逃さないスキルです。
しかし、短い時間でお相手の自然な表情や反応を引き出し、こちらの話に興味を持ってもらうためには女性が持つ、心のガードを下げることがトークスキル以上に必須なのです。
ドア越しの会話をどんなに続けても成功率は低いですから、まずドアを開けてもらう必要があるということです。

ドアを開けてさえくれたら口説き落とせるまで長く話していてもいいのでは、と思われるかもしれません。
しかし、開けたドアは閉めることも女性次第です。
女性が「疲れてきたな」と感じ始めればマイナスの想像が働きます。
こうやって他の女も口説いてるのかなとか、今夜何とかしようと思ってないよねとか、そういうマイナスの想像で扉は閉まっていきます。
下り坂に差し掛かってから連絡先を聞いたり、次の約束を取り付けたりしにくいのは、誰の目から見ても明らかですよね。

モテる男性ほど一見ドライとも思える態度で女性に接することがあります。
しかし女性から見ればそれが疲れず、男らしく、心地よく、ハマってしまうことも少なくありません。
交際クラブ・デートクラブの男性会員の皆様も、素敵な女性に出会ったら、ぜひ、さらりと粋な口説き方を試してみてください。

入会仮申込み・お問合せ