交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|恋愛経験でよくある失敗談から学ぶべきポイント

恋愛経験でよくある失敗談から学ぶべきポイント

誰しも恋愛経験の上で失敗したなぁと感じる経験が一つや二つ、必ずあるかと思います。
ちょっとした言葉のかけ違いだったり、対応の仕方を誤ってしまった、あるいは選択肢を求められ間違った方を選んでしまって痛い目に・・・など様々な事例があります。
失敗した直後は他のことが何も手につかなくなるほど、ショックで最悪な気分になることもあるでしょう。
しかし失敗の経験というのは、今後の恋愛において成功へ導くための大事な手綱でもあります。

経験値の高い人はそれ以降の恋愛に失敗経験をうまく活かしながら、恋愛を成就させることも可能です。
反対に同じことを何度も繰り返し、私の恋愛は失敗ばかりと嘆いている方もいるかもしれません。
人間の考え方や気持ちってそう簡単には変わりませんからね・・・
たくさん失敗の経験を積めば必ず次はうまくいく!というわけではないということです。

その恋愛での失敗経験を活かすも殺すもあなた次第!
ということで、今回は恋愛経験上でよくある失敗談で皆さんが共感できるような事例や、その経験を活かすことができるポイントなどをリサーチしてみます。交際クラブ・デートクラブの会員の方も参考にしていただければと思います。

結婚=ゴールだと勘違い

ベンチで寄り添うカップル

交際期間がある程度長くなってくるとカップル同士で結婚の話題もちらほら出てくるのではないかと思います。
特に女性の場合、30歳までに結婚しておきたいとか、できるだけ若いうちに子供を産んでかわいいママになりたいなど、表面的なポジティブで前向きな部分のイメージだけで自分の理想を推し進めようとする方がいますが、結婚に関しては男性からすると家族を養っていかなくてはいけないというプレッシャーなどから、しっかりとした決断をしなければならないと考える傾向が強いため、「どうにかなるでしょ」感覚で女性からぐいぐい結婚願望を言われてくると段々と嫌気がしてきます。
交際から発展して晴れて結婚、ゴールイン!だと勘違いしている女性が多いですよね。
実際は結婚してからが長い夫婦生活の始まりであって、男性によっては人生の墓場だと表現する方もいるくらい、これまでの独り身と比べ自由度も個人的主観も通用しなくなるということを理解しておいてもらいたいと思います。
今まさに結婚を考えているカップルの方がいるとしたら、お互い冷静になって結婚後の生活や家族同士の付き合いなど、その後の展開もしっかり想像してみてください。
イメージの共有がしっかりできる間柄でないと、あとで後悔する結果を招く可能性もありますよ。

男女関係をはっきりさせることの善し悪し

通常、カップルといえばお互いに相手のことを恋人だと認識しているもの同士のことを指しますが、周りからみたら二人の関係が実際どういったものなのかは分かりませんよね?
男女が二人でいて雰囲気や距離感などが「それっぽい」と感じればお付き合いしているんだろうなと勝手に周りが判断しているわけです。
実際に蓋をあけてみると、正式にお付き合いはしていなくてただ一緒にいて落ち着くだけの男女の友人関係であったり、あるいは体だけの関係でもあるかもしれません。
他にも片方のみ好きな気持ちがあって、相手は別にそうは思ってないけど、たまたま暇だし遊びに付き合ってくれるだけの都合のいい関係なのかもしれません。
これらの男女の姿はどのケースを切り取ってみても、はたからみれば単にカップルとしか見えないと思います。
しかし、当の本人からすると曖昧で中途半端な関係が嫌だからと、相手に正式な交際を申し込んだり、現状の二人の関係をはっきりさせようとするケースがあります。
この行為がまさに二人にとっては明暗の分かれ目となります。
失敗談で挙げられる多くのネタでは、この追及行動により結果的には「暗」のほうへ転じてしまったということです。
相手の真意を知ってしまった、あるいは相手に改めて現状の不自然さを再認識させてしまったがために、それまで居心地のよかった関係が破たんしてしまったというパターンですね。
真意を確かめるにもそれなりの勇気がいると思いますが、どう転ぶかわからないという結果次第な点は、探る行為も善し悪しといったところでしょうか。
その後にこの経験を活かしたいのであれば、次に知り合った異性とはちゃんと初めから交際宣言をしてから二人の関係を同じベクトルで育んでいけると良いですね。

失敗はあくまで結果論

抱き合うカップル

恋愛経験で失敗したことをくよくよ嘆く方もいますが、そんな必要はないと思います。
そもそもなにが成功で失敗なのか、その定義を決めるのは自分自身だからです。
「失敗は成功の元」とよく言いますが、恋愛に限らず一度や二度の失敗がないと成功するのは難しいですからね。
恋愛は一人で行うものではなく、パートナーあってのものです。
上手くいかなくて当然!くらいの気持ちで臨む方が気持ちも楽に自然体で相手にも接することができるのではないでしょうか?

入会仮申込み・お問合せ