交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|リトライできる?そのタイミングとは

リトライできる?そのタイミングとは

1度、2度、食事やデートに誘ったけれどかわされてしまった、断られてしまった。
交際クラブ・デートクラブでいろいろな女性とお付き合いのある大人の男性だからこそ、時にはそうした苦い経験もあるでしょう。
もちろん必要以上にしつこくせず、そのお相手とはご縁がなかったと潔く退くのも正解です。

しかしそれでも、諦めたくないお相手というのはいるもの。
しかし、断られてすぐしつこく誘ったりしては、ほとんどの場合で修復不可能な状態にまで泥沼にはまってしまうものですよね。
そこで、一度断られたお相手にリトライしてもいいのか、出来るとしたらそのタイミングや方法はあるのか、ということについて考えてみたいと思います。

職場で会話

単なる遊び相手としてしつこいのは嫌われても仕方がないのですが、諦めたくないほど真面目な好意を持っているのなら嫌悪されることなくリトライが成功することだってあるのです。
少なくとも私の知っている2組のご夫婦は、一度はダメでも旦那さんの諦めないアプローチで幸せをつかんでいます。
ですから決してアプローチすること自体がダメという訳ではありませんし、誰でも誰かが自分に好意を持ってくれていることは嬉しいことではあるといっていいでしょう。

リトライのタイミングですが、大人の体感時間で言えばワンシーズン、3か月ほどは欲しいところです。
季節が変わると街の様子、気候などを含め、周囲の雰囲気も変わります。
女性の立場から見れば、友達が彼氏と別れたり、恋人がいなかった女友達に気になる人が出来たり、そういうことも変わってきます。
お仕事によっては忙しい時期が過ぎて少し余裕が出来る、その逆もあるでしょう。
こうした周囲の空気や環境が少し変わって、気分が変わるのもこのようなタイミングといえるのです。

そして忘れてはいけないのは、男性が思う以上に女性は食事などに誘われる機会が多い、ということです。
女友達からはもちろん、職場の上司や同僚、学生時代の友人など、男性と比較すると誘われる機会が多いのです。
そしてあなたが誘って断られてからの3か月も、他で誘われて、そのお相手によってまたはタイミングによってそれを受けたり断ったりしている訳です。

男性にしてみれば一度断られたのだからまた同じだろうと思えてしまいますが、3か月も前なら必ずしも同じではありません。
意外なほどあっさりと誘いを受けてくれることがあるのです。
こうしたことから、リトライのタイミングとしては3か月、ワンシーズンぐらい空けてみる、ということを試して頂きたいのです。

また、仕事が出来て真面目な男性ほど、断られたことに対して反省し、原因とその対策を考えて臨みますが、ほとんどの場合それは考え過ぎています。
考え過ぎてかえって力が入ってしまい、女性に警戒されてしまうので上手くいかないことが多々あります。

まず初めに誘って断られたからといって卑屈になる必要はありません。
変に自分の悪いところを考えて対策しようと力む必要もありません。
たまたま「今は」合わなかったんだなと思って、断られてからもごく普通に接すればよいのです。
変に恐縮して距離を置いてしまうと女性は短期間で飽きますし、自分の生活や人生にかかわりのない人、という烙印を押されてしまいます。
こうなってしまうとそれを覆すのはなかなか難しいのです。

それよりも「そうなんだ、うん分かったよー、またね」と軽く受け止めて、それ以降も態度を変えずにコミュニケーションを取っていけばいいのです。
女性が男性に比べて断ることに慣れているからといって、嫌いじゃない相手のお誘いを断るというのはそれなりに「悪いな」とは思っています。
男性側がわざわざ暗い態度を取ってその罪悪感を強調すれば、その女性はますます距離を置きます。
特に恋愛において「快い」と思えないこと、楽しくない状況に女性は寄り添っていたくないのです。
良い意味で「懲りないオトコ」の方がリトライした時に成功しやすいと言えるでしょう。

レストランで食事

お誘いをする時の色々なケースで言える事なのですが、身構えすぎるのは上手くいきません。
ほどほどに気楽に、でも、あなたとがいいんだよ、という伝え方がちょうどよいのです。
誘っている時点であなたがお相手に好意があることは伝わっています。
ですからあえて告白しかねない意気込みで迫ってしまうと、重く感じられ「一緒に食事したら付き合うことになるかもしれない」と警戒されてしまうのです。
美味しいもの食べよう、楽しく過ごそう、また食事に行こう、もう少し一緒にいたいね……と少しずつステップアップしていけばよく、その途中で断られたとしても「じゃ、またの機会にね」で良いのです。
お相手の気分を何かで損なったのでなければ、食事の誘いを断られたことで関係が進展することもない代わりに大きく後退することもありません。
関係が後退してしまうのはしつこい、タイミングが悪い、誘う以外の普段の付き合いが悪い、または誘い方が悪いのです。

心の中では真面目に、でも思っているより少し気楽に誘ってみてください。
それで断られたとしたら、その場はあまりしつこくしないで、適度に間隔を空けてリトライしてみてください。
あとは運と、タイミングですよ。

入会仮申込み・お問合せ