交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|これをやめれば即モテる!?モテない会話の共通点

これをやめれば即モテる!?モテない会話の共通点

女性にモテたいという男性の気持ちはいつの世も変わりません。あなたにモテキはありましたか?今後またモテキが到来して欲しいとは思いませんか?
ルックスは悪くないのになぜかモテない、収入はあるのにモテたことがない、そんな人生ではモテキなど夢のまた夢と思うのも当然です。実は、このような悩みを抱えている男性は全国に多数いるのです。

そこで今回は、モテない男性がしてしまっている会話法の共通点をご紹介します。この会話をやめるだけでモテるようになる可能性もあります。
交際クラブ・デートクラブの活動で心当たりのある方は、一度チェックしてみましょう。

自分ばかり話して、聞く姿勢がない

会話をする男女

自分ばかり話して相手の話を聞けない人はモテません。

なぜなら、あなたが話したいようにお相手の女性もあなたに話したいことがあるのです。それを遮り自分の話ばかりする男性に女性がストレスを感じないはずがありませんよね。会話とはキャッチボールです。

この会話法をやめるためには、会話に夢中になり過ぎないことが大切です。女性と交際するうえでは、話すことが大切なのではなくコミュニケーションを図ることが大切なのです。

そのためには、会話に夢中になるのではなく、女性との会話が弾んでいるのかどうかに意識を向けましょう。

自慢が多い

歳を重ねるとついつい自慢話が増えてしまいます。若い女性と話すときなどは自分を誇張して見せたくて余計にこのような心理が働いてしまいます。こういった自慢話の多い男性はモテません。

なぜなら女性は愛想笑いしているだけで、心の中では面倒だと感じているのが真実だからです。うわべの笑顔に騙されて女性の本心に気付けない男性がモテるはずがありません。

よく考えてみましょう。年上の男性から自慢話を聞かされて、つまらない態度を取れるはずがありませんよね。一生懸命盛り上げようとするのが普通です。ですが、本心では延々続く自慢話が苦痛なわけです。

自慢などせずとも自分の魅力は滲み出ます。それに気付いてくれる女性は必ずいますから、あえて自爆するような会話は避けましょう。

会話の多くが愚痴、説教、悪口などのネガティブなもの

会話の内容がネガティブな人は、女性どころか男性にだって嫌われます。それが頭でわかっている人は多いのですが、このようなタイプは一向に減りません。

社会で戦う男性に、心に溜めてある不満が多いのはわかります。ですが、一旦タガが外れてしまうととめどなく溢れてくるのがこの感情の怖いところです。

楽しむために会話するわけですから、ネガティブな話は敬遠されて当たり前なのです。デート中に仕事の愚痴を聞かされても、気分が沈むだけですからね。

ネガティブな発言が増えている人は、よっぽど意識をしないと直すことができません。強い気持ちでネガティブ発言を封印しましょう。

特殊な趣味の話が多い

いかにも「男の趣味」といった話をされても女性は困ります。しかも趣味の話なので自分は熱が入りますし、相手は冷めますし、で最悪の結果にしかなりません。

女性とコミュニケーションを図ることが目的の段階では、「男の趣味」は話のネタとして適していません。

例えば、車やバイクなどの機械オタク話や、釣りなどの女性にあまり縁の無い趣味の話がこれに該当します。プロレスなどの格闘技もそうですね。もちろん相手も同じ趣味である場合は例外です。

とにかく女性にモテたいのであれば、男性特有の趣味の会話はできるだけ避けましょう。

デリカシーの無い会話内容

「デリカシー」はモテる男性の必須条件です。デリカシーの無い発言が多い男性はやはりモテないでしょう。

女性はデリカシーでできているような生き物です。男性とは違うわけです。つまり女性と会話を楽しむならその辺をわきまえないと、一瞬で嫌われてしまうということです。

例えば場を和ますために強烈な下ネタを言う男性がいますが、言語道断、論外です。場を和ますにしてもオブラートに包んだ表現が必要です。同じ内容の話をしても、表現ひとつで結果は180度変わってきます。

女性と会話をする時はデリカシーのある内容と表現を心掛けましょう。

まとめ

考える女性

モテない男性の会話の共通点、ご理解いただけましたか?やはり会話ひとつとっても、モテる男性とモテない男性では全く内容が異なってくるものです。

自分の話しばかりする、自慢が多い、ネガティブ発言が多い、男性特有の趣味の話、デリカシーの無い発言、どれも女性には敬遠されるものばかりです。

ひとつずつで構いません。該当するものがあれば、セルフチェックをしながらこのような会話をしないように努めていきましょう。そして、女性にモテる男性に変化していきましょう。

入会仮申込み・お問合せ