交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|これって脈あり?しぐさで分かる心の距離

これって脈あり?しぐさで分かる心の距離

 好きな人にアプローチをかけようと思う時、脈ありなのかそうでないのかってとても気になりますよね。恋愛上手な人ほど脈がないと感じたらすぐにアプローチをやめているのに対し、そうでない人は脈なしなのにアプローチを続けてしまう傾向があります。客観的にアプローチをしている人を見ている時には「あれ脈なしなのに気づいてないよ」とか冷静に思えるのですが、いざ自分のこととなると冷静に判断できていない人も多いです。もし脈なしなのにも関わらず自分がアプローチをかけ続けているとしたら・・・考えるだけでも怖くなってしまいますよね。今回の記事ではアプローチをかけたい相手に対して脈ありなのかそうでないのかを判断するコツをご紹介したいと思います。交際クラブ・デートクラブのデートでも使えるテクニックなのでぜひマスターしてください。

目次
〇体の向き
〇体の状態としぐさ
〇相手の話し方
〇まとめ

体の向き

見つめあう男女

 脈があるのかないのかを判断するのに一番わかりやすいのが体の向きです。人間には、好きな人や関心のある人には体を向けるという心理があります。これはブックエンド効果と呼ばれ、付き合っているカップルが隣り合って座っているとお互いに体を向け合い、ブックエンドのように見えることからそう呼ばれています。これからカフェなどで男女の組み合わせを見かけたときに是非その二人の体の向きに注目してみてください。片方だけ相手に体を向けているのなら片思い、二人とも全く相手に体を向けるそぶりがないのであればただの同僚かもしれません。私も一時期このことに注目して色々な人を観察していたことがあるのですが、ある男女の友人二人のうち女性の方だけ相手に体を向けているなと思っていたところ、しばらくしてまた見たときにはお互いが体を向け合うようになっていました。そしてそれから1か月と経たないうちに「俺たち付き合うことになったんだ」と報告されてしまったのです!「えー!びっくり!」なんて言っていた私ですが、本当に驚いたのはブックエンド効果が実際に起こっていたことです。そんなことがあってからは人を観察することがとても面白くなりましたし、実際に自分が女性と話すときにも相手の体の向きがどうなっているかに注目することで相手の気持ちをなんとなく想像することができるようになりました。もし相手の興味がまだ自分にあまり向いていないのであれば、こちらもそこまで露骨にアプローチすることはせず、体の向きはちょこっと相手に向けるだけ。少しずつ相手の体の向きが自分に向いてきたら積極的なアプローチを増やしていく。もちろん体の向きもより相手の方へ向けますし、相手との距離を近づけて話をするようにします。そうすると相手との距離はどんどん縮まっていきます。私は実際にこれで何度も女性へのアプローチを成功させてきました。そんな簡単にうまくいくの!?と思うかもしれませんが、このブックエンド効果というのは侮れません。かなりあてになる理屈だと断言します。

体の状態としぐさ

 体の向きと同様に体の状態、しぐさにも注目してみましょう。しっかり相手を観察していないと体の向きよりも判断が難しいですが、慣れるとすぐにわかるようになります。では心を開いている時人はどのようなしぐさをするのでしょうか。
 心を開いているとき、または相手に興味関心があるときに取るしぐさや体の状態はオープン・ポジションと呼ばれています。これは脚を組んだり、ぴったり閉じたりせずにゆったりと力を抜いている状態、こぶしを握らずに手のひらをみせている状態、テーブルに手をのせたり広げている状態のことを指します。相手がこの状態の時には心を開いている、もしくは自分に対して興味関心を持ってくれている状態だと言えます。そしてオープン・ポジションと逆の状態のことをクローズド・ポジションと呼びます。脚や腕を組んでいる、こぶしを握っている、そんな状態の時には相手はあなたのことを警戒している可能性が高いのです。
このふたつのポジションを理解して、オープン・ポジションを上手く使うことで相手の警戒心を解くアプローチをすることもできます。それはとても簡単なことで、自分がオープン・ポジションをとればいいわけです。もちろん自分がオープン・ポジションであるからといって必ず相手が心を開いてくれるわけではありませんが、こちらが先に心を開いている、リラックスしているという状態を示すことで、相手の警戒心を解く手助けとなります。交際クラブ・デートクラブでの初デートの際は、オープン・ポジションを使うように心がけましょう。

相手の話し方

 話し方にも心の状態は現れます。人は興味関心を向けている相手には「自分が」「私は」というような一人称を多用する傾向があるのです。これは『自分の事を知ってほしい!』という心の現れで、他の人と話している時と比べて一人称を使う回数が多いと感じるならばそれは脈ありのサインかもしれません。逆に一人称を使わない、自分のことを話そうとしない場合にはまだまだ心を開いていないということが考えられます。

まとめ

一緒に食事をする男女

 いかがでしたでしょうか。今日ご紹介したことを気を付けて相手を見たことはありましたか?もし、ないのでしたら是非次の機会からは相手に注目してみましょう。もしかしたら警戒心ばりばりの人に対して無茶なアプローチをしていたことに気づくかもしれません。もし相手の警戒心が解けていないと感じたなら、この記事に書いた方法で相手との距離を縮めるためのアプローチに切り替えてみましょう。交際クラブ・デートクラブを利用している人は、積極的に活用してください。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP