交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|女性が好む!キュンとなる男性のベタな仕草!

女性が好む!キュンとなる男性のベタな仕草!

男性がする何気ない癖だったり、仕草だったり。
その動作を見て、気づかれないように、キュンキュンしている女性は沢山います。
狙ってやったら、あざとく見えたり、ワザとらしさが出てしまって、女性はキュンキュンしないのかもしれませんが、意識的に上手く出来たとしたら、モテ男への近道となってくれるはずです。
交際クラブ・デートクラブの皆さまも知っておいて損はありません。

あどけなさを出せれば最高?

こちらを見る男性

まずは王道ともいえる「ふいに見せる笑顔」です。
これは共感をいだく女子は多いのでないでしょうか。
笑顔といっても普段見せる笑顔とは少し違います。
人間、愛くるしい物にふれている時や、本当に好きなことをして楽しい時、心から喜べている時の笑顔は、普段と比べて格段に素敵なものになっているのです。
そんな瞬間を垣間見た時、女性はキュンキュンしています。

普段が比較的クールなイメージである男性であれば、破壊力は格段に上がります。
赤ちゃんを抱く時や、小動物などと触れ合っている際に見せる笑顔がタイミングとしてはばっちりのようです。
表情が「クシャ」っとなるほどの笑顔を見ると、見ている方も楽しくなったり、幸せな気分になったり、幸せな気持ちになることがあるかと思います。

やはり「笑う」ことの力は凄いということでしょう!

実際はこんな人はいないのでは?

次は、「車のバックの時にヘッドレストに手をかける仕草」です。
これは、テレビなどで紹介されているのを一度は目撃したことがあるでしょう。
あまりにも、「ベタ」すぎるこの仕草も、実際はされたらキュンとなる女性はいます。
横顔が見えるのもポイントとなっているようです。
しかし、現在の車はバックモニターが標準装備されている場合が非常に多く、直接後方を確認しながらバックする機会は少ないのが現実です。
仮にその機会があったとしても、その仕草を自然に行う男性が、どの程度いるのか検証したいくらいです。
ですが、一部であったとしても、女性のキュンキュンポイントである限り、身に着けておいて損は無いのでしょう。

ただし、手をかけることに意識が行き過ぎて、バックや駐車がスムーズにいかない場合は、そちらで幻滅ポイントとなりますのでご注意を!
やはり男性は運転とバックが上手な方が持てるという事実です。

カッコいい男性がスマートにするから・・・

お次は、女性からの支持が抜群なベタ動作です。
「おもむろに、ネクタイを緩める」です。
本当にベタだなと感じる方も多いことでしょう。
しかしこれは、実際にキュンキュンしている女性を何度も目撃しているので、支持率は秀逸です。

シチュエーションが大切で、ネクタイをしているからって常にするのでは効果は薄いのです。
仕事であったり、何かの後であったりと、女性が男性の疲労感を感じ取れるシチュエーションで無いと、最大の破壊力を発揮することは出来ません。
ポイントとしては、疲労感を出しつつ気怠そうに、かつ多少ワイルドに首元のネクタイを緩めることです。
指先の動きをセクシーに見せられるとより効果的でしょう。
素早くワイシャツの上のボタンを一つ、弾くように外せると更にダメージを与えられます!
忘れないで欲しいポイントは、そこで決して終わらないことです。
緩めた後に、再度向き合う、頑張る、そのような姿勢を女性に見せることで、キュンキュンポイントの完成となるのです。

視力が悪すぎると、かえって逆に・・

仕事繋がりの動作でもう一つ、キュンキュンポイントがあります。
それは「眼鏡をはずして、一度目を瞑り、その後疲れた目を抑える仕草」です。
これは意外にマニア向けかもしれません。
パソコンや、スマホの普及により、視力低下を防ぐために、目が悪くない男性でもブルーライトカットの伊達眼鏡をかける人が、増えています。
そんな男性が、一息つくように眼鏡をはずし、目頭を押さえる。その仕草を見ると、
「そんなに目が疲れるまで、頑張ってるんだ」と支えてあげたくなってしまう、優しさの塊のような女性はキュンキュンしてしまうのです。

普段から眼鏡をかけている男性が、眼鏡を外すと、女性で言えば「スッピン」のようなものです。イメージと違う思わぬスッピンにドキっとしてしまう訳です。
ですが、視力が本当に悪く、眼鏡の度数が強くて、レンズを通してみると目の大きさが変わってしまうほどの眼鏡をかけている男性は、該当しないようです。
スッピンを通り越して、別人になる人がたまにいますよね。

まとめ

ふたりの女性

いかがでしょうか。
あまりにもベタすぎて、意識してやろうと思うことすら、恥ずかしいと感じてしまう男性もいるはずです。
しかし、女性は意外と「ベタ」なものが好きだったりするものです。
大きな花束も、いざ貰えば大半の女性は舞い上がるほど喜びます。

女性は、普段とのギャップにキュンキュンしてしまうものだと、改めて気が付けたのではないでしょうか。
上記のことを意識して、やってみるも良し。
女性ってこんな細かい部分まで見たりしているんだ、と片隅に覚えておくだけでも効果的だと思います。
わざとらしさだけには、注意してくださいね。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP