交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|現代は恋愛をしなくなった?今の世代の恋愛スタイルとは

現代は恋愛をしなくなった?今の世代の恋愛スタイルとは

最近では「彼女は別に・・・」という世代も多くなり車離れ、お酒離れ、煙草離れや付き合い離れなど「贅沢離れ」の人が珍しく無くなりました。
無理に格好をつけなくとも珍しくなくなり素で生きることが普通になっているのでしょう。
交際クラブ・デートクラブの皆さまはいかがでしょうか。

離れて立つ男女

確かに最近の軽自動車はよくできていますし、スポーツカーで違反と危険のリスクを背負ったスポーツカーなど、元々がおかしかったのかもしれません。
また楽しくもない会社の付き合いでの飲み会や付き合いなど、無理して出なくていいのであれば出る必要はないのでしょう。

同様に何のメリットも感じられないデートやコンパで男性が奢る、多めに払うというのも納得がいかずとも当然でしょう。

ならば一体どこにお金を使うのでしょうか?

「消費」をしているのであれば問題はないと思います。
例えば「ゲーム」でも最近はSNSと連動してコミュニケーションをとりながら競争心を煽り消費させる「課金タイプ」が主流のアプリでもいいですし、
PS4やSwitchなど家庭用も通信が当たり前になっています。人を招いてとなれば大型TVやAV機器への消費もあるでしょうし、コミュニケーションアイテムとしても優秀です。
昔のレンタルビデオの鑑賞と変わらないでしょう。

「アニメ」や「アイドル」にも消費は付き物というかその消費は特にコスト大のようでコレクターズアイテムのフィギュアやアイテム類、CDやブルーレイも同じ作品を数枚購入するようになりました。
これも過去での「コレクション」に相当します。コインや絵画、骨董品は高価ですし価値が高いのも「アニメ」や「アイドル」も同様に価値あるマーケットは現在充分にあります。

「オタク」趣味も「消費」があれば何も問題はないのですよね。
問題は「コミュニケーション」が不足することなのです、他人より優れたアイテムを持っていなくてもいい、理解も求めないタイプ。

「アイドル」や「二次元」でも「消費」をすれば自慢をしたいもの、「対象」に対しての「愛」は購入によって成り立つのであればいいです。
現在の周りの女性に興味がないから「奢る」という「消費」に値しないと思っているだけなのですよね。
ちゃんと「好き」という機能がある訳ですし、そんな「相手はいない」というのも昔からアイドルやムービースターがいて変わっていません。

現在の大人や文句を言う人たちは「自分たちの価値」が伝わらないことへのジレンマで文句を言っているだけ。
若かりし頃に親や先生たちに文句を言われながらもアイドルやバンド、アニメや漫画のキャラにハマった時期を忘れているのでしょう。
もしくはうらやましく妬んでいるかもしれませんね。

理想を言えば大人は大人らしく必要とされる時に備え、見守ってあげて必要なときに手を差し伸べてあげる余裕、
女性や恋愛を望むタイプは「どんなタイプ」が人気があるかや「女子力」と同様に考えたり教えてもらうというのも一興かも知れません。

今アニメでは、どんな作品やキャラクターが人気なのか?を聴きたいので食事やお茶をするのであれば「奢ってもらう」と言うのも変な話です。
「オタク男子」や「腐女子」にも磨けば光るタイプはたくさんいますしいつかは現実に目を向けますから。

実際のところ、こういった「自分の世界」にこもっているように見える世代は実はコミュニケーションを多くとっていて、それぞれの趣味の世界で交友や恋愛も存在していたりします。

実際「重度の引きこもり」以外のタイプはしっかり恋愛もしていますし、いつまでも結婚しない人は少ないです。
目立っているのはある一定の年齢からハマったタイプで現実から目を反らしているタイプなんですよね。

若いときは存分にお金を無駄に使い趣味にハマるべきと思います。
過去に、就職を控えた若いアルバイトの子から「アメ車に乗りたい」と相談され「今しか乗れないから絶対乗ったほうがいい」、「その楽しさを知れば年取っても結婚してもその楽しさを維持したいから仕事もずっと頑張るから」と応えたところ、「そんな事言う大人は初めてです、みんなやめとけしか言いませんよ」と言われたことがありました。

結婚をすれば確かに住まいや家族など一人ではないため生活コストはあがりますが、奥様が働けなくなったりで収入は生活コストへ流れるため、自由に使えるお金はなくなります。

乾杯

ほぼ同世代で最後の結婚をした友人はバイクやお酒にバンドと趣味を謳歌しているタイプでしたが、結婚した途端に新居を新築で買い、バイクを全て手放しました。
飲みに出ることもなく、服も同じものを着まわしているようです。
別段珍しいことではありませんが、当人も奥様も職場結婚で2人とも医療関係のため実は周りより随分と収入は高いのです。
先を見越しての貯蓄や返済を早めての節約なのでしょう。

ただ極端過ぎないかなと思うんですよね、自分たちのその節約のストレスが子供にいかないか心配だったりします。

自分たちが我慢して相手を喜ばそうというのはいい事でしょうが、自分たちも格好をつけて楽しく生きて欲しいです。
趣味を持って、旅行もして、外食もして愉しむ、そういう家族っていつまでも仲が良く歳をとっても若い気がしますね。

独身のうちはケチらず大いに消費して欲張りましょう、そのための「工夫」と「努力」は調べればいくらでも見つかると思います。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP