交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|女性と自然に会話をするには?

女性と自然に会話をするには?

皆さんは、女性と会話をするときに、少し身構えてしまったり、何と言って話しかけようかと考えてしまったりする事はありませんか。

特に、その女性が気になっているもしくは、好きな女性であればなおの事ではないでしょうか。

しかし、女性に対してどこかよそよそしく話しかけていては、女性の目には頼りの無い男性に映ってしまうのです。

そのような事になってしまっては、意中の女性の目に留まるどころではありませんよね。

更に言えば、その女性が気になっていなくても、女性の噂という物は広まるのが早い物で、あっという間に頼りない男性だという事が広まってしまうのです。

そんな事では、この先苦労しそうですから、そのような態度は見せたくないものですよね。

さらに、自然に会話ができないと、女性もなんだか会話のテンポがズレてしまい、会話を楽しめなくなってしまいます。

そこで今回は、女性と自然に会話をする方法をご紹介します。

女性と男性がワインを飲んでるシーン

会話に対する考えを低い物にする

そもそも女性と会話すること自体ができない人は、交際クラブ・デートクラブなどを利用して女性慣れしておくことをおすすめします。

女性と会話をするというと、男性は女性を楽しませる会話をしなくてはいけないと考えていませんか。

そのような考えの男性に限って、会話をする際にぎこちない態度になってしまいがちなのですが、これにはある法則性と言うか理由があるようです。

と言うのも、会話で女性を楽しませたいが為に、何気ない天気の会話やニュースに関する会話と言った会話の切り出しに必要な物を喋っては、女性が退屈してしまうのではないかと考えてしまうのです。

しかし、今会話をしてくれている女性と言うのは、貴方と会話をしたいから、今受け答えをしてくれている場合が多いので、天気の話やどうでも良いニュースの話題なんかでも意外と会話が成立する物なのです。

だからと言って、やたらとインテリをアピールしたいが為に難しいニュースの話題を持ち出して女性が返答に困ってしまう様な話はNGです。特に交際クラブ・デートクラブを利用している人は、知識も豊富な人が多いので気をつけたいところです。

一般的に会話ができる様な話題なら問題ないようです。ですので、会話の出始めは特に何でもない事から話を始めても構わないという事なのです。

例えば、寒い日であれば「今日は寒いね。」といったような会話を振ってあげると会話は成立しますので、何も怖い事はありません。

会話が膨らむように会話を投げかける

前述したように、会話の出だしは特になければ何でも良いのです。

ですから、「今日は寒いね」でも「今日は暑いね」でも問題は無いと言えます。

しかし、この会話の出だしであれば「そうですねー」となってしまい、会話が続かなくなってしまう事が想定されます。

そこで、会話が続くという事を意識すると、頑張らなくても会話は続いていくのです。

例えば前述した「今日は寒いね」と言う会話に「体調崩したりしてない?」等の言葉を付け加えると、女性への気遣いも伝える事ができる為、体調を気にしてくれたと思わせる事ができます。

更には、語尾を疑問形で終わらせている事で、必ず女性からの返答が風邪気味だと言う答えか、元気だと言う返答かのどちらかに限定できますよね。

後は、その返答に対する会話を用意しておけば会話に詰まることなく会話を続けることができるのです。

例えば「今日は寒いね。風邪とか引いてない?」に対して「寒いですね。大丈夫ですよ。」と言うそっけない返答だったとしても、「最近は体調崩す人も多いから、気を付けてね。体調悪い時は無理しないように」等と言っておけば。「ありがとうございます。」という様に会話は続いていきます。

ここで終わりそうですが、ここで今朝の何気ない出来事なんかに話題を変えてやるとどうでしょうか。

基本的に、気の利いた女性ならば、こちらの体調も気にするような返答をしてくれますので、話題を変える事は無いかもしれません。交際クラブ・デートクラブには、気が利く女性が多く登録しているので、会話が続かない人にはおすすめです。

しかし、話題を変えるにしても相手が乗り気ではないような時(普段はノリノリで話すのに、今日は会話を切り上げたそうな時)には、しつこくし過ぎずに、空気を読んでこちらから会話を切り上げる気遣いも重要です。

女性と男性が会話しているシーン

質問攻めは厳禁

話題が無いから、相手の事を知りたいからと質問攻めにしていませんか。

これは、女性との会話が苦手な男性に多いのですが、質問攻めと言うのは女性に対して恐怖心を抱かせたり、実は距離を取らせてしまったりしてしまいがちです。

この場合には、自分の事を例にするなど、女性が答えてくれた事にリアクションをして、しっかりと話を広げる様にしましょう。

仮に自分に興味の無い分野であっても、女性には大切な事ですからわからないからと言って、話題を変えるのではなく正直に「あまり詳しくないから具体的に教えて」や「やったことないから楽しさが分からないけど、そんなに○○さんが好きなのだからきっと楽しいんでしょう。」みたいに、一度否定的に言ってでも説明を求める様な言い方と言うのは、女性が自分からその分野について話をしやすくする効果がありますので、おすすめの返し方です。

この様に、会話に対する返しをあらかじめいくつか用意しておくと、質問をしたことに対して会話を進めていくと、どんなに話下手の方でも、女性と普通に会話ができる様になるのです。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP