交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|香りはオトナの嗜み

香りはオトナの嗜み

「寝るとき身にまとうのは、シャネルの5番を数滴」とは往年の大スター、マリリン・モンローの言葉ですが、皆さんは香りのオシャレをどれほど気にしているでしょうか。
女性はほとんどの方がひとつはお気に入りを持っていると思いますが、男女問わず、オトナとしては香りのオシャレを押さえておきたいものです。交際クラブ・デートクラブに登録している人でまだ使っていない人はぜひ参考にしてください。

香水について悪い印象を持っている方の多くは、つけ過ぎの方に出会った経験からでしょう。
電車の中で、職場で、数メートル先にいても香りというより最早、その「匂い」に必要以上の存在感がある方というのは下品な印象さえ受けます。ましてそれがレストランやカフェなら正直迷惑というレベルでしょう。
また男性向けの化粧品に多い尖った香りは日本人の好みに合わないことも多く、特に夏場のエレベーター内などでは辟易します。

香水の種類

足を組む男性

香水はその香料の濃さの順に、パルファム、オードパルファム、オードトワレ、オーデコロンと分類されています。香水をつけることにあまり慣れていないなら、オードドワレ辺りから試してみるのがオススメです。
どんなものが良いかまだ分からないなら、お試しに持続時間が短いオーデコロンも良いのですが、商品展開が多いのはオードドワレからだと思っておいた方がいいです。せっかくつけてもコンビニエンスストア辺りで売っている安物、などと見破られてしまいかねません。

とはいえ、最近では洗濯洗剤からボディソープ、シャンプーなども香りの良いものが多くあって、それで充分と思われるかも知れません。
あまりきつくない香りなのでむしろそちらが好みという意見が多いのも確かです。石鹸の香り、というコスメを最近よく見かけるのもそのせいでしょう。

しかしそれらの香りにきちんと統一感を気にして持たせている方は残念ながら多くありません。
目には見えないものなのでいまいちよく分からないかも知れませんが、カラフルなシャツと柄物のジャケットに、花柄のパンツのコーディネートは余程のファッション上級者でないと難しいのです。
様々な香りをそのままにしている状態というのは、実はこういうコーディネートと同じ。髪の香りとボディソープの香り、柔軟剤の香りなど、いい香りでも何の統一感もなく混ざってしまっていては台無しです。ですから、ふんわりと香水を使うことで色々混ざった匂いに主役を作る、包んで和らげる、というくらいの意識でちょうど良いのです。

隣に座ったら、近くに寄ったら、ふと良い香りがすると人の印象はかなり変わります。逆も然りで、素敵な人でも嫌な匂いがすると印象は悪くなります。
嗅覚は敏感な感覚ですが、慣れが早い一面があります。一方で記憶に残りやすい感覚でもあると言われています。ある男性のことを思い出す時、ラインやメールでデートのお誘いを受けた時、潜在的に良い香りを思い出すか、嫌な匂いを思い出すか、考えてみたら分かりやすいですよね。

香水の選び方

これから香水を付けてみようという、特に独身で彼女のいない男性には、女性向けかユニセックス向けのものをお薦めします。香りが尖っていないので、さりげなく付けていると好印象です。
ムスク系など男らしい香水の香りが似合う方というのはやはり限られていて(ビジネスで成功されている交際クラブ・デートクラブに登録している男性は似合うかもしれません)、付ける習慣がないと量も間違えやすいので、単純に、万人ウケする優しめの、いい香りが入りやすいのです。

パートナーがいる方は、お相手と一緒に選ぶことをお薦めします。その方が好みに合うか合わないかは確実に分かりますし、あらぬ疑いをかけられなくて済みます。

女性では柑橘系を好む方もいますが、爽やかさの反面、幼さが出てしまうのがこの香りです。夏のビーチなどでは活発で明るい印象を与えてくれますが、気になるお相手ともう少し距離を縮めたい時、友達以上を目指す時は少し甘めの香りにすると女性らしさが前に出てきます。
テレビでも人気の西川女史は、上半身と下半身、別の香りをつけるようにしているそうです。その使い方や組み合わせまでいくとかなりの「香りのオシャレ上級者」といえるでしょう。

一度に2種類を使うことは難しいですが、シーンによって少し変えることは出来ます。
少し汗ばむくらいの公園デートなどでは石鹸を感じさせるような清潔感ある香り、夜景のあるレストランやお酒の席ではぐっと大人っぽさの出るローズ系の香り、職場では上品なフローラル系の香りなど、自分自身を演出することはもちろん、良い香りをまとっていると気分も上がります。
オードパルファムでも持続時間は7~8時間ほどですから、職場と仕事後のデートで香りを着替えるオシャレは出来そうです。もし同じ職場の彼なら、何かは分からないけど職場とはまた雰囲気が違うね、と感じてくれるかもしれません。
 

まとめ

車から降りてくる男性

俗説的に、日本人は体臭がきつくないので香水は合わない、とも言われています。しかし量を抑えることや香りを選ぶことで体臭と関係なく楽しむことが出来るのが香りのオシャレです。
実はただ生活しているだけで誰もが何気なく感じている刺激が嗅覚なのです。それが元でいい気分にも嫌な気分にもなりますから、オトナとしてはちょっと気にしてみるのも良いのではないでしょうか。
気になるお相手からふと良い香りがしてキュンと来た、なんて経験、皆さんにはありませんか?
もし交際クラブ・デートクラブに登録している人の中に香水を使ったことがない人がいたら一度つかってみてはいかがでしょうか。

入会仮申込み・お問合せ