交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|恋人との旅行で喧嘩せずに楽しむ方法

恋人との旅行で喧嘩せずに楽しむ方法

大好きな人と旅行。どうせなら楽しい時間を持続して共有したいところですね。しかしちょっとしたすれ違いにより、ムードが最悪なものにもなりかねません。
喧嘩せずに旅行を楽しむためのコツを、ご紹介したいと思います。
交際クラブ・デートクラブをご利用の方も、参考になさってください。

他人だということをより意識しておく

きれいな風景

恋人同士ではありますが二人は他人です。そこをしっかり理解しておかないと、あまりにも遠慮ない要求を繰り返すと、相手に嫌われてしまうかもしれません。
もしかしたら、これが原因で別れるかもしれない、結婚にまで至らないかもしれない、という可能性を考えて、相手に対して自分ができることは何かを考えましょう。多少の危機感を得ることで、相手に気を使うという気持ちが生まれますので、旅行中に険悪なムードに陥ることもありません。「してもらって当たり前」「恋人なんだから」といった自己中心的な行動は関係を亀裂させることに繋がります。

興味がない分野であれば別行動を取っても良い

旅行中はずっと一緒にいなければならないというわけではないので、相手が興味がないことについては、「〇分後にこの場所に待ち合わせ」と別々に行動を取ってもいいのです。むしろ一人になれる時間を作ることで、緊張の糸も解けます。見たいもの、行きたい場所が異なった場合、どちらか一方的に合わせず、各自で楽しみましょう。しかし何時間も離れるようであれば、せっかく二人で旅行に来た意味が薄くなってしまうので、適度な時間だけの別行動に留めておきましょう。

ありがとうの言葉を常に忘れない

何かしてもらったら必ず「ありがとう」と口に出して感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。恥ずかしいから言わない、黙っていても伝わるなどと思い込まず、掛けて貰って嬉しい言葉はできるだけ面と向かって言うようにしましょう。旅行中の喧嘩は些細なきっかけから発祥するものです。波風立たせたくないなら、労いの気持ちを常に持つよう心がけましょう。また、何でこっちはありがとうと伝えているのに、相手は何も言ってくれないのと求めすぎてしまっても、イライラする要因となります。見返りは求めないというスタンスで立ち振る舞った方が穏やかにいられるでしょう。

相手を待たせない

トイレに行ったきり何分も出てこない。メイク直しに相当な時間をかけた。というように、相手を待たせるのは避けましょう。「いつ戻ってくるんだろう」と気持ちを焦らせますし、一定の時間を過ぎた辺りからイライラはピークに達します。なるべく時短に、行動は素早く、待たせる時間は作らないように努めましょう。また、自分では短いと感じていても、相手にしてみれば地獄のように長いと捉えることはよくあります。常に自身を客観的に見れるように立ち回るのが良いですね。

適度な休憩時間を取る

旅行は楽しいものですが、同時に疲れやすいです。適度な休憩を挟まないと体力が持ちません。自分のスタミナと恋人のスタミナは必ずしも同じとは限りませんので、適度にお茶する時間を取り入れましょう。ベンチに座るだけでも良い休憩となります。疲労はイライラ感を高めやすく、お腹が空いていれば尚更でしょう。折角の旅行なので色んな場所に行きたいのは分かりますが、焦らず休憩を取りながら楽しむことも大切ですね。

高ぶった気持ちのまま、言い返したりしない

他者の気持ちに鈍感な方でも、自分の体調、気分を把握することは容易いでしょう。疲れている、休みたいと感じる中、鋭い一言を恋人に掛けられたら誰だってカッと来ますね。それが悪意のない一言でもです。ここで何か言い返せば、せっかくの旅行がたちまち最悪なものとして印象に残ってしまいます。今自分はイライラしているなと感じ取ったら、何か言い返すより口数を減らすのが望ましいです。本能のままに行動するのは避け、その後どうなるかよく考えて動くようにします。

まとめ

ドライブする男女

喧嘩をするということはそれだけ仲が良い、心を許していると受け取ることができます。しかし旅行中であれば、できる限り穏やかな気持ちで、観光地、グルメスポットを回りたいですね。相手のことを考えず、自分中心の行動を続けていては相手の機嫌を損ねてしまい、せっかくの旅行が台無しになってしまうことも考えられます。
少しの点に気をつけるだけで、旅行を二人とも楽しむことができます。交際クラブ・デートクラブの会員の皆様も、恋人と旅行の際には、ぜひ実践してみてください。

入会仮申込み・お問合せ