交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|簡単に自信を身につけてモテるマインドになる方法

簡単に自信を身につけてモテるマインドになる方法

モテる男に必要なのは、女性から見て自信に溢れている男でいることです。
交際クラブ・デートクラブに登録されている紳士には心配ありませんが、世の男性たちには「そんな簡単に自信を持てと言われても、すぐに自信なんて持てないし、女性にモテてもいないのにイケてる雰囲気なんて出すことができるわけがない」と考えてしまう人もいるでしょう。

今まで自分で考えてみたり、テクニックや自己啓発の本を読んで行動してみてもどこかしっくりこなかったり、失敗してしまったりして「この本が間違っているのか俺のやり方が間違っているのかどっちなのだろう? ちゃんとやってると思っていたのに俺はなんてダメなやつなんだ」と落ち込んでしまったことはあるでしょうか?

自信のある男になるためには正しい順序でのステップアップが必要

海岸での男性

今まであなたが変わろうと努力していても、うまくいかなくて失敗してしまったり、努力する気がなくなりそうになるくらい追い詰められてしまった原因は、何もあなただけのせいではありません。

なぜなら、今の段階のあなたに対して、的確なアドバイスをすることができる人間というのが、滅多にいないということを理解する必要があります。

自信のある男に変化していくには「今の段階ではここをクリアしなければならないし、ここをクリアすることができたら、次はここにチャレンジしてみよう」と順番にステップアップしていく必要があるのですが、大抵他人にアドバイスを求めると「あまり深く考えないで当たって砕けろ!」と言葉的には非常にポジティブですが、全く見当はずれのアドバイスが帰ってくるはずです。

あなたが「本当にこんなことでいいのかな?」 と半信半疑でやってみて、うまくいく可能性は非常に少ないでしょう。

しかし、それはアドバイスをしてくれた人があなたが失敗するように悪意を持ってアドバイスしたわけではありません。

あなたも悪意がある人にアドバイスを求めないでしょうし、聞いている中で「この人は俺のこと嫌いなんだろうな」と悪意がないなら気づくはずです。

それよりも問題なのは、全くの善意から見当はずれのアドバイスをする人です。 あなたの相談を受けた優しい人は「なんとか自分も力になれるように相談に乗らなくては!」と熱い指導を行ってきますが、プロでもない限り大体のアドバイスは全く無意味です。

なぜなら、現状のあなたに合った的確なアドバイスをしないと、失敗による精神的ショックで挑戦する気がなくなってしまう恐れがあるからです。

これを避けるためには、あなたに合ったやり方をしていかなければなりません。 そのためにはステップアップしていくために正しいやり方を行う必要があります。

その具体的な方法とは、心理学を用いた論理的な思考の手順を使います。女性から見て自信のなさそうな男から、自信を溢れた魅力的な男に変化していきましょう。

ニューロロジカルレベルで自分を変えていこう

ニューロロジカルレベルとは、心理学で人間の変化を5段階に分けて定義づけるものです。 ニューロロジカルレベルは、下位概念と上位概念の二つに分かれていて、下位概念には下から順に環境レベル、行動レベル、能力レベルがあり、上位概念には信念・価値観レベル、アイデンティティレベルが定義されています。

例えば、愚痴や悪口でしか繋がれない人たちのグループにあなたがいたとしたら、あなたも自然と愚痴を言ったり悪口を言い続けて、まさにうだつの上がらないサラリーマンの出来上がりとなります。

このように、自分がどんな環境にいるかによって自分が行うアクションが決まっていき、その行動によって上の段階にある能力レベルが決まっていきます。

いつも仲間とそこにいない人物の悪口ばかり話していると、なかなか通常のコミュニケーションというのは取りづらくなってきますよね。

悪口は自然と喋れますが、悪口を使わない雑談みたいな、よく知らない人と仲良くなるための第一歩のコミュニケーションを使えないと、他人とのコミュニケーションに苦労します。

あるいは、いつも悪口の中で生活していることによって、自分が悪口と思っていない話し方でも、他人にとってはものすごい悪口に聞こえてしまうという現象が起きてしまいます。

あなたが毎日人の悪いところを探して「ほらみたことか! 普段は紳士ぶっているが本当のこいつはとんでもない悪党だ!」と人の悪口ばかり言っていたら、能力レベルとしては悪口やブラックジョークのスキルは向上するかもしれませんが、本当にあなたが望んでいることは、悪口が上手くなって人を嫌な気持ちにさせることでしょうか?

あなたはそういうことを望んでいないはずですが、自分の行う行動によってその行動のスキルが向上していき、自分の能力として決定されていきます。

そういう行動が習慣化することによって、上位概念である信念や価値観が決まっていきます。 悪口にまみれた人生経験しかないのならば、他人と普通に話すときも、相手にどこか斜めに構えたような接し方をしてしまい「なんだこいつ・・・嫌な奴だな」という印象を人に与えてしまいます。

そうやって自分も他人もネガティブな言葉や感情に溢れていると、最後の上位概念であるアイデンティティレベルもネガティブな物になっていきます。

アイデンティティレベルとは「自分はこういう存在だ」と自分のことをどう思うかを決定していく概念ですが、悪口ばかりの環境にいると「ムカつく奴にはムカつく言葉をかけて、顔を怒りと屈辱で真っ赤にしてやるぜ」とか「俺は本当に口の悪い男だ。 悪口の才能だけはあるな」と自分を固定化して身動きが取れなくなってしまいます。

この負の連鎖から逃れるために

海岸での男女

何が言いたいのかと言うと自信のある男になるためには、人からもらった助言程度ではどうにもならないということです。

自信のある男に自分を変えていくためには、ニューロロジカルレベルの土台である環境を変えないことには、一歩も自分を変えるために進んでいけないということです。

あなたが人からアドバイスをもらって自分を変えようと思っても、土台がしっかりしていないことにはアイデンティティレベルまで到達できないので、土台である環境を今よりもましなものにしないといけません。

モテるために環境を変えるには、モテている環境にいるグループに入っていく必要があります。 これを聞いて「えー? モテる男って嫌いなんだよな」と思うかもしれませんが、極端に言ってしまうと、あなたがモテるためにはモテない男に僻まれて陰口をたたかれるような存在にならなければなりません。

自分の周りにそんなモテる男はいない場合や、どうしてもチャラ男のグループに入りたくないという場合には、インターネットなどで自分の目標になる恋愛講師を見つけてみましょう。

このように環境を変えることによって、自信なんて勝手について行くので、勝手に女性にモテるようになります。

交際クラブ・デートクラブの会員のみなさまも、ご参考になさってください。

入会仮申込み・お問合せ