交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|元恋人との復縁でやっちゃいけない注意点7つとは?

元恋人との復縁でやっちゃいけない注意点7つとは?

復縁は一度自分に対する評価やイメージが定着してしまっているので、普通に恋愛して交際に至るよりハードルが高くなることがあります。
向こうから別れを切り出された場合、かなりハードルが高いと思ったほうがよいです。
あなたから別れを切り出した場合は、それほどでもありませんが既に他の恋人がいたりする可能性もあるので、決して簡単だとは言えません。
中には復縁を諦めて、あらたなパートナーを探すために交際クラブ・デートクラブなどに登録した人もいるのではないでしょうか?
そんな、決して簡単ではない復縁を実現するにはどんなことが必要なのでしょうか?

【復縁するためにやってはいけないこと】

何度もしつこく連絡をする

バッテンする女性

連絡は何度もしつこく行ってはいけません。
電話をしても相手が出ない、メールやLINEを送っても返事がない…。
こういう場合、連絡がつくまで何度も連絡したほうがいいと思いがちです。
しかし、何度か連絡を入れて応答がない場合、脈がないということをまず悟りましょう。
それ以上しつこくすると、相手から嫌悪感を抱かれてしまうのは確かです。
しつこい連絡はストーカー行為の一種としてとらえられることもあり、トラブルの元です。
時間を置く、もしくは他の手段を使う方にシフトチェンジするようにしましょう。

泣く(感情的になる)

復縁を迫って、泣いたり怒ったり感情的になるのはやめましょう。
女性は特に感情的になってしまいがちです。
しかし、泣かれると相手の男性からして「めんどくさい」「自分が泣かせているように感じる」など、マイナスな感情を呼び出します。
また、男性が泣いて女性にすがるような行動はかなりマイナスイメージとなります。
そして怒って怒鳴ったりするのも絶対にやめましょう。
怒鳴ることは暴力の一種とも捉えられるため、復縁の可能性を遠ざけます。

また、これは「未練」があるということを相手にはっきり知らしめることになります。
追われるよりも追いかけたい気質を持っている人も多いですよね。
人間は自分が「夢中になれる人」を常に探し求めているのです。
そのため、執拗に昔の恋人から追いかけられると、余計に逃げたくなってしまうという心理が働きやすいです。

別れた理由をしつこく聞く

別れた理由や、今の恋人のことなどしつこく質問するのはやめましょう。
向こうから別れを切り出してきて破局した場合、自分の悪かったところや改善点などを深く知りたいですよね。
さらに相手に新しい恋人がいたり、好きな人がいたりすることもあります。
非常に気になるところではありますが、今はあなたが恋人ではありません。
あくまでも元恋人なので、今の状況は他人同士。
根掘り葉掘り聞く権利や、知る権利がないのです。

しつこく会いに行く

連絡が取れない場合や、直接会って話したいというときに、自宅や職場などに押しかけて会いに行くという方法をとる人もいます。
しかし、これはやってはいけない行動です。
押しかける、約束もなしに家に行くなどは「ストーカー行為」と感じられてしまうこともあります。
1度だけならともかく、何度もこうして一方的に会いに行くと迷惑行為となってしまう可能性もあるので控えましょう。
交際クラブ・デートクラブで出会った人とプライベートでも仲が良い関係に発展している場合は、絶対に会いに行くのはやめましょう。会いに行っても不利益しか生みません。

自分の非を認めない

破局に至ったということは、お互いに別れを決意したということです。
そこで一度決着がついているので、昔のことを蒸し返して相手を批判したり、自分の非を認めないような言動をするのは絶対にやめましょう。
これでは交際中と何の変化もなく、同じことの繰り返しです。
一度別れたのであれば、今は他人同士です。
お互いに適度な距離感と礼儀の意識を持ち、相手を批判したり自分を正当化するような議論に持ち込まないように注意しましょう。

都合のいい相手に成り下がる

復縁したい気持ちが強いと、相手の都合のいい相手になってしまうことが多いです。
特に、女性が復縁を希望しているケースだと、男性はその気持ちに付け込んで都合のいいときだけ抱くようになります。
お互いが対等な立ち位置でセフレになるというのならまだよいですが、男性が優位になると女性は損をします。
また、ふたりで会うことや体の関係を持つと同時に、金銭的な援助を求めてくることもあるでしょう。
決して相手の言いなりになることや、復縁を条件に金銭や肉体関係を持つことはしないでください。

相手のSNSを見ないこと

叫ぶ女性

近年、SNSを見るだけで特定の人の動向が分かる時代となりました。
知らなくてよいことも、知ってしまうわけです。
復縁したい相手のことは、当然いろいろ探りたいところ。
連絡できない、 冷却期間を置かなければならないなど、直接相手に会って話を聞けない状況だとSNSに頼りがちになります。
しかしそこには知りたくないような事実が載っている可能性もあります。
いつでもどこでも彼の状況を確認できるので、当然執着心も強くなります。
できればあまり見ないように心がけておいたほうがよいでしょう。

いかがでしたか?
復縁希望の方がやりがちだけど、実際はやってはいけない行動をあげてみました。
復縁は焦らず、ゆっくり自分の心や相手の心に向き合うことが解決への近道です。
しつこく相手に迫ったり、執着したりするのは逆効果ですので気を付けましょう。
交際クラブ・デートクラブに登録している女性は、過去をしっかり清算して新しい出会いに向けて前を向きましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP