交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|幾度とくる破局の危機!?別れやすいカップルの特徴

幾度とくる破局の危機!?別れやすいカップルの特徴

相手を配慮する気持ちが欠落している

別れやすいカップルの特徴として多く挙げられるのが、相手を配慮する気持ちが欠落している事です。
人間は初対面の人や、関わりが薄い人に対しては必要以上に配慮する傾向があります。自分がよく知らない人に対して配慮しない事は、デメリットしか生まない事を認識して不思議と配慮してしまうものです。交際クラブ・デートクラブで出会った当初も間違いなくお互いがお互いを配慮しあっています。

小さな子連れの親御さんがいたら話しかけてお菓子をあげたり、地下鉄で高齢者に席を譲るのもそうですね。配慮をされた相手方が不快に思う事は、例外を除いてほとんど皆無です。
これがカップルになってくるとどうでしょうか。最初のうちはお互いに嫌われたくない、好かれたいといった想いが先行して必要以上に配慮し合っていたかもしれません。
人間とは不思議なもので、慣れてくると「もういいだろう」となるため、意識して配慮をしないと平然と相手の嫌がる言動をとる可能性が出てくるのです。結果として相手に嫌悪感を抱かれ、一緒に居たくないと言われてしまう事になりかねません。
このような事態を避ける1番の得策は「ありがとう」です。ありがとうは魔法の言葉なのです。何か物を取ってもらった時に「ありがとう」、掃除をしてくれたら「ありがとう」などとにかくありがとうと言うだけで配慮している感じが伝わります。言葉の良い所は無料で且つ無限に相手に与える事ができ、受け取った相手が良い気持ちになれる所です。言葉は世界共通で、性別も年齢も問いません。そのため、相手を配慮できる言葉を学んでおく事は非常に重要な事と言えるでしょう。
仲の良い老夫婦を見ていても、さりげなくお互いを配慮している光景がみてとれます。配慮する事を自然にできるようになるのがまさに理想系といえるでしょう。

本心で向き合い、本音で話す事をしない

言い合うカップル

本気で相手と向き合う事、これは意外と難しい事です。少しでも相手を見下したり、相手の事を怖いと思うと本音で向き合う事も本音で話す事もまず不可能でしょう。自分の本心を押し殺して相手と一緒にいるほど、苦痛な事はありません。言いたい放題言ってわがままになりなさい、とまでは言いませんが苦痛に感じる相手とは長く交際が続かないものです。
ここで重要になってくる事は相手の事を尊重し、相手との今、そして将来を本気で熟考してみる事です。交際クラブ・デートクラブで最初にデートする場合は、まずは信頼関係を築き上げていき、その後、本音で話し合える仲になっていくのがセオリーです。
相手の事を尊重する事は意外と難しく、逆にあら探しをする事は簡単です。仕事でもスポーツでもなんでもそうですができない理由を探すのは本当に簡単で、ポンポンと理由が出てくるでしょう。逆にできない時にできる理由を探すのは中々難しく、ポンポンと理由が出て来ないものです。この原理と同じで相手のあら探しをやめ、良い所や伸び代のある部分を見つけ出します。いいなと思った部分は素直に認めた上で敬意を払うようにしましょう。勿論、この時に相手の良い所を直接相手に伝えるのもアリです。自分の良い所を相手に指摘されて不快感を示す人はいないでしょう。
本音で話す事も、実は気づいていないだけで多く見受けられます。余計な事を言って相手を怒らせたり、関係がこじれるくらいなら本音で話さないで良い事だけ言っていればいいやと、このようなスタンスでいると結果として良い方向に向かわない事が多いのです。本音でない言葉がすべて相手に伝わるので、長く一緒にいるとふとした瞬間に辻褄が合わない事が必ずでてきます。
本音で話さない事で1番辛くなるのは、自分自身です。本音で話して本気で向き合う事を重ね、お互いにとって1番自然な状態で一緒に居られるようになるのであればそれに越した事はないのです。

ギャップ、サプライズといった事がなくすべてが予想通りに

サプライズする男性

ギャップ萌えといった言葉が一時期流行っていましたよね。怖い外見をしているけど、実は怖がりで甘いものが大好きだったり。はたまた可愛らしい外見だけと武道を嗜んでおり、男らしい中身だったりとギャップの種類は様々です。このようなギャップは「面白い」と思われる事が多く、心理的に興味をそそられるものです。交際クラブ・デートクラブでも、こういったギャップがあれば、それだけで会話のきっかけになりスムーズにデートを進めることができます。
また、サプライズなんかも同様に心理的に「嬉しい驚き」を与える事ができるため相手に幸福感を与える最善の策です。例えばクリスマスプレゼントで100円の安いペンを渡すとしましょう。包装も簡易的で、値札も「税込108円」と書いてあります。これを受け取った相手は「大事な日になんでこんなものを?どうかしている!」と感慨するでしょう。この時テンションは著しく下がっている状態ですが、下がるところまで下がったらあとは上げるだけです。ペンのプレゼントがダミーである旨の説明をし、相手が前から欲しがっていたカルティエのネックレスをプレゼントしたらどうでしょう。相手の気持ちは最高潮で、テンションも極限まであがるでしょう。このように自分の予想していなかった事が起きると本当に嬉しくなりますし、自分の事を考えてここまで手の込んだサプライズをしてくれた事に感激し、ますます相手の事を想う気持ちが強くなる事は間違いありません。
すべてが自分の思い通りに、想像通りに行くと「つまらないな」と思ってしまうのが人間の性です。ちょっとしたもので構いませんので、ギャップ・サプライズを取り入れてみるのも良いでしょう。

入会仮申込み・お問合せ