交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|交際クラブで男性が素早く理想の女性とデートするためには

交際クラブで男性が素早く理想の女性とデートするためには

今回は交際クラブ・デートクラブに登録している男性が素早く理想の女性を探してデートをする方法を紹介していきたいと思います。

気になった女性をスタッフに精査してもらう

花を包み込む手

いくら男性がデートのオファーをしたとしても女性の反応が悪いとタイムロスになってしまいますので、貴重な時間を浪費しないためにスタッフとのコミュニケーションが重要になってきます。ですので、担当の人に自分はこの女性がいいと思うということを伝えたら、スタッフが女性に連絡を取って、お互いのニーズが合致するかどうか、セッティングを行ってくれます。ほとんどの交際クラブ・デートクラブは初対面の初デートをするまでは相手と直接メッセージのやり取りをすることはできませんので、会う前に相手がどのような人であるのかということをプロフィール情報以外で知るためにはクラブ専属のコンシェルジュによるサポートが必要になってくるのですね。しかし、そういうことをいちいちするのは面倒くさいと思う人もいると思います。確かに面倒くさいことなのですが、それをしないとどうなるのかと言うと、自分の貴重な時間を使って初対面での初デートをしながら女性を評価していかなければいけません。確かに、他のサービスと比べるとデートをするのは簡単なのですが、やっぱりお互いの相性と言うか、好みというものがありますので、そのような情報を知るためにはスタッフとのコミュニケーションは大切になってきます。

まとめてオファーを申し込む

一人ずつオファーをしていくと非常に理想の女性を見つける期間が長くなってしまいます。男性に比べて女性というのは写真写りが良いので、いざ実際に初デートのために会ってみると、男性の内心としては”う~んプロフィール写真では、もうちょっと魅力的だと思ったんだけども・・・あれは奇跡の一枚だったんだな”ということがあるかもしれませんので、一人ずつ申し込むのはやめておきましょう。いくら綺麗な人ばかりをオファーしたとしても、本当に自分の好みと合致するのは特別モテる女性だけを集めたクラス以外では10人中、一人か二人くらいでしょうから、それを想定して動いた方が満足できるパパ活になると思います。いくら女性のルックスが気に入ったとしても、実際に食事デートでコミュニケーションを取ってみると気になるところがどんどん出てきたということがありますから、一人一人ではなく、束でオファーをしていくと、好みのタイプの女性に出会いやすくなるのです。はっきり言って、世の中に女性を沢山いるのですから、一人の女性にこだわっているよりも分散させて交際して行った方が、自分好みの女性と出会う可能性が広がるのです。

連絡先を交換したらその人とマメに接する

見つめあう二人

そうやって出会う女性の数を増やしていくと2・3人くらい特別気に入った人が出てくるでしょうから、その人に対しては、他の女性達と区別してマメに接するようにしていきましょう。まめに接するとはどういうことなのかと言うと、連絡先を交換したらLINEを1日3往復するぐらいの中になることが大切です。1日3回ぐらい往復することができないと、女性から見ると、マメにしているとは言い難いです。大事なことは往復することで女性からの返信をしっかり待つということが深い関係になる第一歩になっていきます。デートをする場合は三つぐらいの候補を出して、彼女に、必ず「どれがいいですか?」と選ばせることが大切です。それはメッセージのやり取りをしている間にデートの約束を取り付けることが重要で3往復というのは、意外と早く終わってしまうものですので、その間に確実に次のデートを確定させるようにしたほうがより仲が深まっていきやすくなります。LINEをするということは、お互いをよく知るということが連絡の内容になってきますので、やり取りの中でデートを決めるのが鉄板。

スタッフと報連相を行っていく

面倒くさいことなので、マッチングが成立した後は、スタッフと報連相を行っていく人は少ないかもしれません。ただ相手の女性との間接的なやり取りを行うシステムであるということは残っています。女性とデートをすることはできて、連絡先も交換したんだから、別にスタッフと相談することなどないと思うかもしれません。ただし女性というのは深い関係になっていない男性に自分の本心を喋ることはないので仲を深めていきたい女性が今、どんな気持ちなのかということは分からないままです。それを知るためには、ふたりを結びつけた存在であるクラブ専属のスタッフに聞いてみるのが一番でしょう。初デートをしたように、相手の女性が今何を考えているのか、自分のことをどう思っているのかということを当事者を迂回して第三者的に情報を持ってきてくれるのです。先ほどのLINEは1日3往復する必要があると言う説明と重なるのですが、これにもスタッフのサポートがあると今、女性がどのような気持ちなのかということがスタッフを中継して届くようになってきます。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP