交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

TOPお役立ち恋愛情報コラム|なぜ美人はキャバクラではなくてデートクラブに入会するのか?

なぜ美人はキャバクラではなくてデートクラブに入会するのか?

今回は美人がキャバクラではなくて、交際クラブ・デートクラブに会員登録するようになったのはなぜか?ということについて、ご紹介していきたいと思います。

2000年代はキャバクラ全盛時代

夜の街

現在は二十歳になりたての美人な女性が、パパ活の世界に飛び込もうとあらゆる情報やネットワークを頼って交際クラブ・デートクラブを探しています。
しかし2008年頃までは、見た目が綺麗な女性が夜の世界へ足を踏み入れようと考えてキャバクラ嬢となるケースがほとんどでした。 その時代は、町にキャバクラスカウトマンが溢れていたため、彼らの紹介でキャバクラ嬢になる女性がたくさんいらっしゃいました。
しかしながら2010年以降では、キャバクラの高級店に勤めることができる見た目の綺麗な20代前半の女性達は、キャバクラの仕事には見向きもせずにパパ活の世界に足を踏み入れるケースが増えています。
そこで今回は、なぜ彼女たちがキャバクラ嬢に憧れることはなく、交際クラブ・デートクラブの道に進むのかということを考察していきたいと思います。

今から14年ぐらい前、大体2004年から2005年頃ですね。闇金や詐欺をしているお客が歌舞伎町の高級キャバクラで大金を落とすことが増えました。 一晩に数千万円も散財する客もいたそうです。 需要の増加に伴い、歌舞伎町の高級店は新人キャバ嬢に時給8000円や1万円と、今では一握りのキャバ嬢しかもらえないような高額な時給をつけて容姿の優れた女性をひたすらに集めていました。
その頃は現在と違って、都条例も厳しくなかったために、スカウトマンが常に町で美人を捕まえてお店に紹介をしていました。 そのせいか、店にはレベルの高い女性たちが常に溢れていました。 しかし、闇金や詐欺の時代が終わり、追い打ちをかけるように都条例の強化でキャバクラスカウトマンが町から消えたことで、店は顧客を一挙に失ってしまいました。 その頃から徐々に、キャバクラに陰りが見え始めてきます。

若い女性たちがどんどんデートクラブに入会している

現在の容姿端麗な女性達は、バイトでは日給1万円にしかならないですし、キャバクラで働いたとしても1日で2万円から3万円しか稼げない現実を前にして、より効率的に稼げるなら交際クラブ・デートクラブでパパ活をしていた方がいいという風に考えるようになりました。
美人の女性達がパパ活をすることになり、同じくらい綺麗な見た目の女性達もこんなにかわいい女性がパパ活をしているのなら、パパ活はキモくないしダサくないというふうに考え始めました。 それが一般の女性達にも広がって、まるで赤信号をみんなで渡るかのように一斉に交際クラブ・デートクラブに入会するようになりました。

2011年以降に一気にその傾向が強くなった

美女

個人的な感想ですが、2011年を境に、一気にその傾向が強くなった気がします。 現在の歌舞伎町の平均年齢は年を追うごとに上がり続けています。 昔に比べて明らかに若い女性達の参入率が減ったためと考えられます。 つい数年前には女子アナが愛人登録をしていたというニュースがありましたし、元タレントがパパ活をしているという噂も話題になりましたよね。 今では現役のアイドルやタレントも密かに愛人になっているということは当たり前になっています。

これからも若い女性たちがどんどんデートクラブに入会してくる

現在の交際クラブ・デートクラブはまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大傾向にありますので、ネット社会の発達もあり、多くの人の目に映ることになりました。 それだけ素敵な女性達とジェントルマンをマッチングさせて、お互いの希望を叶えるという素晴らしい事をしているのですが、あまりにもデートクラブが大量に出てきたので、一部には嫌な気持ちになってしまうようなロークラスの交際クラブも存在するのは確かです。 きちんと交際クラブのホームページを見るとか、口コミを見て評判を確認するようにしましょう。
会員登録する時は、身分証明書の提示も必要になってきますので、プライバシーポリシーがしっかりしているところに入会するということも本当に大切なことです。 

入会仮申込み・お問合せ

 TOP