交際クラブ・デートクラブのお役立ち恋愛情報コラム。青山プラチナ倶楽部はセレブな男性向け会員制高級デート倶楽部です。

交際クラブ・デートクラブ 青山プラチナ倶楽部HOMEお役立ち恋愛情報コラム|ニュースは他人事じゃない!? 未成年には要注意!

ニュースは他人事じゃない!? 未成年には要注意!

TVなどメディアを騒がせる芸能人の性的な過ちによるニュース。
つい最近でも、長年安定した人気を誇る男性アイドルグループのメンバーが話題となりました。
内容は未成年を相手とした「強制わいせつ事件」。これだけの騒ぎになると仕事はおろか私生活もどうなっていくのか、予想もつきません。
過去にも同じような事件で、安定して仕事をしていたにもかかわらず姿を消した芸能人は数多くいます。
そんなに稼いでいるのに未成年を相手にするなんて危ない橋を"出来心"や"お酒の勢い"で渡ってしまうものでしょうか?

数々の事件には善悪の比率はあるにせよ、相手側も必ず"大人"が付いているわけです。
全てが"ハニートラップ"ではないにせよ、公になっていく過程の中では大人たちのやりとりがメインとなっていくことは確かです。

一般的な人より立場や収入があったり、守るべき家庭がある人には他人ごとではありません。
未成年を相手としてこのような"事件"になった場合、どうなっていくのでしょう?
実際の例をあげて紹介していきます。

ハニートラップでなくとも最終的にそうなってしまう

若い女性

芸能人の事件だけではなく、逮捕となるような未成年の女性を相手とした事件となるには、大人たちのやりとりがあることは承知でしょう。

"ハニートラップ"であった場合は、最初から狙われていた。ということになります。
泥酔して派手に遊んでいたり、過去に同じようなことを犯していながらバレていなかった場合に「ハメられる」というパターンです。
手を出すであろう状況においたり、過去の女性を利用して事件にあげていったりという具合です。

警察は善良な市民の味方ですが、同時に悪いことを考える人たちにとってもありがたい存在です。
例えば、ニュースになる前に「訴えるぞ!」と言って金銭を請求すると、"恐喝罪"となって捕まります。
ですが先に警察へ訴えると被害者の立場なので、示談金や被害弁済金など和解のために相手から金銭の話をしてくれる訳です。

実際にあった話では・・・

私の知り合いでも実際に"事件"になった男性がいました。
その男性はケータイサイトを利用して女性と出会いました。出会ったあとで16歳で未成年とわかっていながらお小遣いを渡して援助交際をしたということでした。
女性との交際は数回あったとのことで、当人同士で揉めるようなことは一切なかったそうです。

その後、こちらからは連絡をすることはなかったのですが、ある時相手から「会って欲しい」というメールが届き約束の場所へ向かったそうです。
そこには女性が待っていましたが、話を始めたところで数人の男性が現れて逮捕されたという経緯だそうです。

相手側は、その未成年の女性がいわゆる"親バレ"した状況だったようで、会うようにメールしたのは女性の親だったようです。
関係のあった男性全てが同じく事件となり逮捕されたのか?たまたまバレたのがその男性だったのかはわかりません。

逮捕となったので、警察署の中で拘留となります。多額のお金が必要となりますが、弁護士をお願いします。
"同意の上"であったため"強制わいせつ罪"ではなくこの場合は、"青少年保護条例違反"です。条例違反の逮捕例の多くは親などの訴えによって事件となることが多いようです。

その場で言えずに親と相談した上で訴える状況と、この話のように親の意志のもと訴えられる状況などいろいろあるようですが・・・。
相手が未成年者であった場合は"同意があるから"というのは通用しません。

どうなってしまうのか?

街中の風景

未成年相手であっても和解できれば、起訴を取り下げてもらい"不起訴処分"となることも可能なようですがかなり難しいようです。
実際に知り合いの男性もかなり難航し、和解成立しましたが1ヵ月ほどは拘留されていました。

和解成立させるためには、かなりのお金が必要だったようで、弁護士と相手側に支払った金額は数百万・・・レクサスの新車代くらいかかったらしいです。
さらに仕事はクビ、国に従事するお堅い仕事だったのでニュースになった時点で決定、お金はあきらめても、これからどう生活していくか?の心配のほうが大きかったようです。

いかがでしょうか?
出来心と相手からの誘いがあり、同意があったとしても、こういうことになってしまいます。
未成年だけが問題ではありませんが、女性問題がこじれるととんでもないことになってしまうという話ですね。

弁護士の話では未成年が相手となる事件の場合は、保護者相手のため示談金の額が大きくないとまず成立しないようです。
気軽なサイトやアプリの出会いは便利ですが、安易に誰でも利用できるためこういう危険は人ごとではありません。

円満な割り切りの遊びだったと思っても、あとから何かを言われて警察に訴えられた場合は成人女性としても「暴行罪」の成立などがありえます。
個人同士の出会いなので、スリや美人局があっても本人同士の問題で片付けられてしまいます。

相手の身分も確認して保証した上で紹介してくれるような交際クラブやデートクラブは、多少高くても安心できるぶん理想的な遊びといえるでしょう。
高いから大丈夫ということはないでしょうから、信用できるシステムがあって信用できるお店選びも大切です。

出来心や下心の勢いで人生が台無しになってしまうことがないように、遊びも安心できる場所で健全な出会いを楽しんでいきましょう。

入会仮申込み・お問合せ

 TOP